日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
type就活エージェント評判
3.10
このページを共有する

内定する新卒のエントリーシートの基本的な書き方についてポイント4つ

内定する新卒のエントリーシートの基本的な書き方についてポイント4つ

就活生の頭を悩ますひとつにエントリーシートの作成があります。エントリーシートは基本的に自分の能力をどう企業にいかしたいのか、どうしてこの企業に入社したいのかを伝えるために必要な書類であり、大半の企業はエントリーシートを導入しています。

良いエントリーシートを書くことができなければ面接にも繋がりません。つまり、エントリーシートが良いものであれば内定ももらいやすくなると言えるのです。

この記事では新卒の皆さんに内定間違えなしのエントリーシートを作成するための基本的な書き方やポイントなどをまとめてご紹介したいと思います。

1.エントリーシートについて

書類を書く女性達

エントリーシートは企業が応募者から面接したいと思う就活生を選考するための大切な書類です。エントリーシートを作成する前に、まずはエントリーシートがどういった書類であるのかを理解しておく必要があります。

  • 履歴書とエントリーシートの違いを理解する
  • エントリーシートの取得方法
  • エントリーシートで何を見られるのか
  • エントリーシートを求められるタイミングはさまざま

上記した3つのポイントについて詳しく説明してゆきます。

 

履歴書とエントリーシートの違いを理解する

企業への応募をする際に履歴書とエントリーシートそれぞれの提出を求められます。履歴書は自分の学歴や職歴・資格などをまとめるための公的な書類です。反対にエントリーシートは自分がどういった人間であるかという人柄を企業に紹介するための書類なのです。

 

履歴書とエントリーシートで勘違いしやすい間違いについて

就活生が履歴書とエントリーシートの作成で勘違いしてしまいがちな問題に、両方の書類の同じ質問に対して「まったく同じ文章を書いてしまう」「片方の書類の質問には簡略化して回答する」という点が挙げられます。履歴書もエントリーシートも目的が違うだけで重要性は変わりません

履歴書の書き方については別のページで詳しく説明をしているので是非参考にしてください。「新卒採用で内定を勝ち取るための理想的な志望動機とは?

 

エントリーシートの取得方法

ご存知の学生が大半かと思いますが、エントリーシートの取得方法はいくつかあります。

  • 企業ごとのHPからダウンロードする
  • 企業からメールで送付してもらう
  • 資料請求の書類と同封されている

エントリーシートの取得方法がわからない場合は、「わからないからすぐ電話をする」のではなく、最初に企業のHPの募集要項などのページを確認するようにしましょう。どうしても不明な場合は、企業へ直接問い合わせましょう。

 

エントリーシートで何を見られるのか

エントリーシートはどういった学生なのか、企業にとって必要な人材であるのかを確認するための書類であると申し上げました。履歴書とは違うエントリーシートでは、大きく分けて4つの視点からどのような学生であるのかを問われます。

  • 自分がどのような学生であるのか
  • どうして企業に応募したのか
  • 学生の考察力や提案力
  • 将来の自分のビジョン

それぞれの質問は自分自信をよく理解し、その企業で企業で働きたいという熱意や具体的なイメージを持っていないとまとまりのないエントリーシートになってしまうので注意が必要です。

 

エントリーシートを求められるタイミングはさまざま

一般的にはエントリーシートの提出のタイミングは企業ごとに設けられた期限内になりますが、それ以外にも求められるタイミングがさまざまあります。例えば「企業説明会の前」「企業説明会の会場」「企業説明会終了後」などよくあるパターンのひとつなのです。

そのため、いつでもエントリーシートは記入できるようにしておくことが必要だとも言えます。

 

2.エントリーシート書く前には準備が必要

机に向かう女性

いざエントリーシートを書こうと思っても、事前の準備が整っていないと失敗しやすく内定が遠のいてしまいます。特に事前準備で難しいことはありません。

  • 記入の前に適切なペンを用意する
  • 入念な自己分析を行う
  • 企業について詳細に調べる

押さえるべき事前準備のポイントは3つです。具体的な説明をしてゆきます。

 

記入の前に適切なペンを用意しておく

当たり前ではありますが、エントリーシートへ消すことができるボールペンの使用は不可です。インクの出方がムラなく、ダマなどができないボールペンを用意しましょう。このときに太さの異なるペンを3種類用意して使いわけができるようにすると良いです。

 

入念な自己分析を行う

エントリーシートでは必ず自己PRの欄が設けられています。自分がどのような人柄であるのか確認するためには「自分が今までどのような体験をしてきたのか」を振り返ると良いでしょう。ひとつひとつの体験から何を目的として・どんな方法で・失敗をしたのか・何を得たのか、など詳細に思い返すことで、自分の行動ごとの理由を見つけることができます。

 

企業について詳細に調べる

内定をもらえるエントリーシートを書くために重要なのが企業についてどれだけ把握しているのか、という点です。応募する企業がどのような業界で活躍している業種や職種であるのか、そこから考えられる将来性なども含めてじっくりと調べることが大事です。

企業を調べることで自分にとってこの企業で働きたいゆるぎない理由が見つかります。しっかり調べたうえで見つけた応募理由は自分だけの理由であり、他の就活生に劣らないものになるのです。

 

3.新卒のエントリーシートの書き方のポイント

ガッツポーズする女性

まず初めにエントリーシートの基本的な書き方のポイントをいくつか簡潔にまとめます。

  • 丁寧で見やすい字を書くこと
  • 誤字・脱字は問題外
  • 修正液や修正テープは使わない
  • です・ます調で書く
  • 言葉を簡略化しない
  • 文章は短く簡潔に書く

基本中の基本、と言ったポイントになりますが意識することで失敗を防ぐことになります。見やすくわかりやすいエントリーシートになるように心がけましょう。その他のポイントについても紹介してゆきます。

 

エントリーシートで伝えたいことは結論から書く

エントリーシートの書き方のポイントとして一番重要でもあるのが結論から先に書くことです。結論を先に書くことでこの文章で何が言いたいのかを把握しやすくなります。

step1始めに結論を書く
step2述べた結論に至る理由を書く
step3その理由を説明する具体的な例を書く

こうした形で文章をまとめると伝えたいことに説得力がでます

 

内容が長い時は見出しをつける

空白が目立つエントリーシートはいけませんが、内容が多く読みずらいことも問題です。通常300~400文字くらいが読みやすさやボリュームともに適切と言われていますが、中には800文字前後になってしまうという就活生もいるでしょう。どうしても文章が長い場合は見出しをつけて文章をまとめると読みやすくなります。

 

内容や表現は具体的に書く

エントリーシートは自分という人間を文章で説明して、相手に知ってもらうための書類です。そのため、内容や表現が曖昧だと伝わりずらい・把握してもらえないという問題が起こりやすいのです。文章を具体的に書くために意識することは2つになります。

  • 5W1Hを意識して説明できているか
  • 曖昧な言葉で説明しようとしていないか

物事を説明をする時には5W1Hは必須とされています。もう一つの曖昧な言葉というのは、「どんな」「どのような」を満たしていない文章のことです。例えば「コミュニケーションをとる」という説明だけではどんなコミュニケーション方法なのか具体的にわかりません。注意しましょう。

 

数字を使ってわかりやすさを出す

ひとつの例ではありますがエントリーシートにて「資格取得に力を入れました」という表現をする就活生が多くいます。それよりは「資格取得のため独学で勉強を重ね、結果として英検2級を取ることができました」というように表現すると良いです。自分が努力や挑戦をして得た結果については具体的な数字を使うと評価もしやすく、読み手もわかりやすくなります

 

長文は短く区切ること

文章を丁寧に書こうとすると、接続語などによって一文が長くなってしまうことがあります。たとえ丁寧な言葉であっても文章が長すぎると理解しにくく、伝えたいことが薄くなってしまうのです。

  • ~ですし
  • ~ので
  • ~ですが
  • ~て

このような順接を使って文章が長くなる場合は「です・ます。」「。」を利用して文を区切るようにしましょう。

 

4.エントリーシートの自己PRで注意すること

注意点を叫ぶ

エントリーシートの自己PRは、自分の持っている能力を企業にアピールし一緒に仕事をしてみたいと思ってもらうことが目的です。そのため、自分の経験や能力だけを詳細に書くのではなく、自分の得た経験や知識が企業にも活かせると捉えてもらえるように書くことを意識しましょう。

 

企業に入社したあとの意気込みを書く

自己分析や企業分析ができていれば応募した企業でどんな仕事をしたいのか具体的に書くことができるでしょう。そうした自分の意気込みや、将来像はエントリーシートに書くことが必要です。

この時に注意したいのは、自分の意気込みが企業が求めている人材から外れていないかという点です。自分の希望と企業の希望がかけ離れたものではないか確認して書くようにしてください。

 

挫折や失敗談はプラスな言い回しに変換する

エントリーシートは素直な気持ちで正直に書くものではありますが、挫折体験や失敗談をそのまま書いてはいけません。「失敗からどんなことを見出したのか」など、プラスに繋げる努力をしていることを述べましょう。

例としてマイナスな表現をプラスな表現に変換した言葉を紹介します。

マイナスな表現プラスな表現
優柔不断慎重な性格
消極的謙虚
頑固な性格まじめ・誠実な性格
飽きやすい好奇心旺盛
わがまま妥協が嫌い
大雑把くよくよしない

こうしたプラスの表現ができると考え方も自然とプラスになり、文章も活き活きとしたものが書けるようになるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここで紹介した基本書き方を押さえておけば良いエントリーシートは書けるでしょう。しかし、書き方をマスターしても、内容が薄くては内定も難しいものとなってしまいます。良いエントリーシートを作成するために一番重要なことは、事前準備なのです。自分の経験や企業の下調べができると、自分だけのオリジナルなエントリーシートが完成します。

ありがちな表現に埋もれない為にも、基本を押さえて色々な角度から具体的な表現ができるようにしてください。

就活(新卒)求人サイト28社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事