日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
看護のお仕事評判
3.58
このページを共有する

子持ち看護師(ママナース)の転職ポイント

子持ち看護師(ママナース)の転職ポイント

看護師は、女性の多い職場です。共働きが増え、主夫や男性の育児休暇もとれる時代となりましたが、育児は母親中心なのが現状です。

子供の成長に合わせて、仕事にあてられる時間が変わってきます。働き方を変えていくことが必要です。

そこで、子持ち看護師の転職ポイントを記載していきます。

 

1.子持ち看護師におすすめの働き方

子持ち看護師におすすめの働き方

家族形態や、子供がどのくらいの年齢で、母親がどの程度の家事や育児を担い、どの程度の給与を目標とするかにより変わってきます。

 

(1)日勤常勤 

子供がどの年齢であっても、規則的な時間帯のため、一番働きやすく、おすすめです。基本土日祝日がお休みです。転職時に日勤常勤での勤務が可能か確認すれば、日勤以外の勤務形態がある職場でも勤務可能です。

クリニックや病院、施設等幅広く募集しています。また正職員や非常勤のどちらの募集もあります。

 

外来、クリニック、健診センターや献血センター、保育園、施設、デイサービスがおすすめ

職場を選ぶ際は、残業の少ない職場を選びましょう。病院の外来やクリニック、健診センターや献血センター、保育園の看護師、施設やデイサービスがあります。

 

(2)非常勤日勤、短時間勤務

非常勤では、時間の融通がきく場合が多いです。自分のライフスタイルに合わせた時間を調整できる職場を選びましょう。事前に正職員に変更可能な職場かどうか確認しておくと、子供の成長に合わせて正職員へ移行することができます。

正職員としては、短時間勤務があります。子供が3歳に至るまで、労働時間を6時間までとできる制度です。その制度は継続勤務年数が1年以上などの条件があるため、職場に確認しましょう。

 

特定健診の指導や市役所勤務がおすすめ

職場としては、“日勤常勤”で記載した他に、特定健診の指導、任期付きであれば市役所での母子保健の仕事もあります。

 

(3)夜勤ありの正社員看護師

シングルマザーや母親が家計を支えていく場合、夜勤ありの正職員看護師という選択肢があります。非常勤の夜勤だと手当てがつかず、正職員でも看護師の常日勤の収入では将来を考えると不安が残ります。

この勤務には条件があります。周囲に子供を夜預かってくれる人がいる、または家で子供がひとりで過ごせる年齢である、職場に24時間託児所と病児保育が設けられている、のいずれかが必要です。夜子供を託児所に預け、呼び出し時に対応できない場合、病児保育は必須です。

夜勤は人数が少なく、勤務を途中で抜けることは厳しいためです。夜勤での時間外が少なく、夜勤の回数を相談できるところを選びましょう。

 

回復期やリハビリテーション病院、療養型病院がおすすめ

業務の日々の変化が少ない点で、回復期やリハビリテーション病院、療養型病院がおすすめです。

また、夜勤の回数が極端に少なくても良いのであれば、病院やクリニックの外来看護師として勤務し、病院の救急当番の夜勤をすることも可能です。

 

(4)在宅ワーク

働く時間がどうしてもとれない、けど看護師の資格を活かした仕事は続けていたい、という方には、単発の特定検診指導、または看護師ライターという仕事があります。

 

特定検診指導または看護師ライター業

特定検診指導は、企業から依頼をうけた対象者の面接または電話での指導を行います。面接の場合は自宅から直接訪問、電話での指導は自宅から可能です。

看護師ライターとは、自身の看護師経験を記事にし、記事を買い取ってもらう職業です。どちらも、自分で仕事量を決められるため、副業としても行うことができます。

 

2.子持ち看護師が働きやすい職場の特徴

子持ち看護師が働きやすい職場の特徴

子持ちの看護師の働きやすい職場の特徴について説明していきます。

 

(1)上司や同僚が、子供がいることに対して理解があること

時間外にならない業務配分、託児所からの急な呼び出し、保育園や学校行事の休み希望等があるため、上司や同僚の理解が必要です。出産経験があり、子持ち看護師が多い方が理解が得やすい傾向にあります。

その中で、シフトの調整や夜勤に入る場合は回数や曜日の設定を検討します。

 

(2)時間外(残業)が少ないこと

保育園のお迎えや子供のご飯、家事の時間配分があるため、時間外のない職場が理想的です。

時間外になってしまっていても、遅出勤務等のシフトがあり、他者に依頼できる環境が良いでしょう。

 

(3)託児所があること

就学前の子供の場合、保育園や幼稚園に入っていない場合は、必要です。

子供が月齢的に満足いくところかどうか、実際の利用人数や保育士数、散歩や行事の回数の確認をしましょう。

 

(4)職場の給与体制が整っていること

世帯主であれば家賃または持ち家手当て、寒冷地手当はもちろん、扶養家族に対して、扶養手当や保育料一部負担等を確認しておきましょう。

非常勤日勤の場合は、扶養内であれば勤務時間との調整をしましょう。

 

3.子持ち看護師の求人の探し方

子持ち看護師の求人の探し方

看護師の求人をしている情報誌は多々あります。

しかし、ハローワーク等の求人欄が羅列してあるだけの情報誌や新聞の広告はあまりお勧めしません。現時点で働く看護師がどのような生活状況であるか、給料、勤務時間の融通がきくか等の詳細がわからないからです。

看護師の転職サイトでは、子持ち看護師の転職についての特集や、残業の有無、託児所等の看護師の家族に対する福利厚生などをおさえて記載しています。

また、実際の職員のインタビューが記載されているところもありますので、参考にしてみてください。

 

まとめ

看護師は、女性の多い職場のため、ライフワークバランスを大切にするべき職業です。職場としても、他職種に比べ配慮あるところが多いです。

一方で、過酷多忙で責任ある職種でもあるため、事前の情報収集が必要です。生活の状況に合わせて、自分に合った職場が見つかることを願っています。

最後までご確認いただき、ありがとうございました。

執筆者:メイサ

看護師求人サイト62社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事