日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
看護のお仕事評判
3.58
このページを共有する

看護師のキャリアアップ転職の方法について

看護師のキャリアアップ転職の方法について

看護師のキャリアアップ転職を考える上で、転職方法は2つあり、どちらが自分のキャリアアップかを考え、決めなければいけません。

  • プロフェッショナルを目指す転職=知識を深める
  • ジェネラリストを目指す転職=幅を広げる

プロフェッショナルを目指す場合は、現在の診療科と同じ診療科や、同じクラスの病院を選ぶ必要があり、ジェネラリストを目指す場合は、幅広い知識が必要なため、経験がない診療科などに転職する必要があることや、管理職を目指す必要があります。

まず、あなたにとって、どちらの看護師としてのプロを目指すかを考えてみてくください。

 

1.プロフェッショナルの看護師を目指す場合

プロフェッショナルの看護師を目指す場合

看護師としてのプロフェッショナルとは、色々な定義がありますが、以下のような看護師がプロフェッショナルと言えるのではないでしょうか。

  • 特定の看護分野の知識が深いこと
  • 専門領域に関する知識と技術
  • 専門領域における看護師たちへの見本モデル
  • 専門領域における看護の質への貢献

看護師としてプロフェッショナルを目指す場合は、今までと同じ診療科でかつ、教育制度が整っている病院が好ましいといえます。 また、一緒に働く看護師もプロフェッショナルが在籍する病院の方が好ましいでしょう。

  • 専門看護師が在籍している病院
  • 認定看護師が在籍している病院
  • 資格支援制度がととのっている病院
  • 教育制度が整っている病院

上記のような病院を選ぶことで、看護師のプロフェッショナルとして極めることができます。 もちろん、その他資格の取得もおすすめですが、プロフェッショナルになるためには、現場で発揮できる資格でなければ、意味がないと考えておきましょう。 現状、看護師として1つ上のランクにキャリアアップするためには、専門・認定資格を取得していることが好ましく、給与面では待遇はあまり変わりませんが、看護師としての存在意義が違ってきます。 専門・認定看護師ともに、資格取得に年数がかかり、費用も受講費用と生活費を含めて300万ほどかかることが一般的です。 そのため、専門看護師や認定看護師を多く育成している病院、つまり、資格支援制度が整っている病院への転職が近道となります。 また、保健師や助産師を目指すのもスペシャリストの看護師といえます。  

 

2.ジェネラリストの看護師を目指す場合

ジェネラリストの看護師を目指す場合

看護師のジェネラリストとは、以下のように定義します。

  • 看護師としての幅広い知識と看護技術を持っていること
  • どの患者でも自身の看護を提供できること

ジェネラリストの看護師を目指す場合は、スペシャリストとは違い、幅広い看護技術と知識が必要になるため、多くの診療科がある病院に転職を目指すことが好ましいです。

  • クリニカルラダーが整っている病院
  • 設備が整っている病院であること
  • 移動がある病院であること

以上のことが挙げれます。 プロフェッショナルの看護師と同様に、専門・認定看護師が在籍している病院の方が、深い知識を習得した看護師と一緒に働けるわけですから、ジェネラリストとして成長はスムーズといえます。

また、海外に留学して、日本の看護以外の看護を学ぶことも、ジェネラリストの看護師を目指す上では、1つの方法と言えるでしょう。  

 

3.最終的にはプロフェッショナルを目指すべき?

最終的にはプロフェッショナルを目指すべき?

看護師は資格職なため、資格を持っていないと仕事ができません。その点から、一般の社会人とは少し違います。 そのため、現在ジェネラリストの看護師を目指していたとしても、最終的に自分自身が深めたい専門分野を見つけることで、プロフェッショナルを目指すべきだといえます。 ジェネラリストを選ぶ看護師の多くは、

  • ライススタイルの変化によって、専門分野を極めれない方
  • 広く看護師知識を取得し、管理職を目指す方
  • 看護師としてバリバリ仕事をしたくない方

上記のいずれかに該当します。女性が多い看護師の場合、結婚・妊娠・出産などのライフスタイルの変化によって、スペシャリストを断念している方も多いことが実情です。

ただ、子供がいながら認定看護師を取得している看護師もいる点や、管理職になった看護師もやはり認定看護師などの資格を取得する場合が多く見受けられます。 そのため、自分が目指せるときにスペシャリストの看護師としてキャリアアップを考えてみてください。  

 

4.看護師のキャリアプランはライフプラン

女性が多い看護師は、キャリアプランを考えると同時に、ライフプランを考えるべきです。 そのため、看護師としての仕事だけではなく、人生をどうしていきたいのかを考えると、キャリアアップ転職はスムーズに行きます。  

 

看護師のキャリア・ライフプランについて

看護師としてのキャリア・ライフプランを考える場合は以下のことを、年表にしながら考えていくとスムーズです。

  • 結婚:いつごろ結婚するのか
  • 出産:子供は欲しいのか
  • 子育て:家族の協力は得られるのか
  • 仕事:5年、10年後はどうなっていたいのか
  • 転職:キャリアアップ転職で実現できるのか

女性としても看護師としても、すべてを行いたいと思われる方は、より具体的に考えておくことで、将来のイメージが行いやすくなり、スムーズなキャリアアップが可能となります。  

 

5.看護師のキャリアアップ転職はプロに相談しよう

看護師のキャリアアップ転職はプロに相談

看護師のキャリアアップ転職は、転職のプロに相談することから始めましょう。 なぜならば、転職希望の診療科があったとしても、キャリアアップ転職を行う病院は大きな病院がほとんどになるため、自分の希望の配属にならないケースがあります。

 

自分の配属の希望を通しながらキャリアアップにつなげよう

また、転職した直後は希望の配属先で合っても、移動が繁盛にあるケースがあります。そのため、転職会社を利用することで、キャリアアップが出来る病院のピックアップと、内部の調査や情報を集めるべきです。 現在の方が良かったとならないように、リサーチは自分自身と、転職会社を利用して行いましょう。  

 

転職会社にキャリアアップ転職の為に確認する事項

  • 専門・認定看護師の人数や有無
  • 資格支援制度の有無
  • 病院内の教育制度について
  • 業務量や有休について

もちろん人間関係や年収・給与なども確認事項に入りますが、監視としてのキャリア形成を考える上で重要な部分になります。 転職会社のエージェントを利用し、「実際に認定看護師になった方は何人いるのか?」などの質問するもの1つです。 病院の探りにくい情報を、転職会社を利用して集めておきましょう。  

看護師求人サイト62社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事