日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
看護のお仕事評判
3.58
このページを共有する

リハビリテーション病院での看護師の役割から求人の探し方まで

リハビリテーション病院看護師の役割から求人の探し方まで

超高齢化社会によるリハビリテーション病院の需要が増え、看護師をはじめとするリハビリテーションチームに期待が高まっています。専門性が高い分野であり、また他職種との連携も多い為、様々な刺激を受ける機会や学びがありスキルアップにもつながります。

私は、リハビリテーション病院にて長年勤務してきましたが、患者を支えられたらと思いながら関わっていく中で、辛く苦しいリハビリを頑張る患者の姿にこちらの方が何度も励まされたました。それと同時に目標に達する事が出来た時には、まるで家族の事のように嬉しく感じた事を思い出します。

このページでは、リハビリテーション病院で働く看護師の役割、必要なスキルから求人の探し方まで詳しくお伝えしていきます。

 

1.リハビリテーション病院とは?看護師の役割

リハビリテーション病院とは?

リハビリテーション病院で働く看護師の役割を知る前にリハビリテーションが必要な患者を取り巻く環境について考えてみましょう。

 

(1)リハビリテーションとは

対象患者の多くは、脳血管疾患、心疾患、整形外科疾患などを発症し、急性期病院での治療を経て、生命の危機的な状況を脱した後、廃用症候群などを予防し、早期退院、転院する事を目標に急性期リハビリテーションを行います。

病状が安定し、可能であれば自宅退院となりますが、何らかの障害や機能低下がみられる場合には、生活の再構築の為にその後、専門性に特化した回復期リハビリテーションへ移行し、自宅復帰、社会復帰を目指します。

ポイント!

回復期リハビリテーションでは、ADL(日常生活動作)の自立とQOL(Quality of Life=生活の質)向上を目標とした、リハビリテーションチーム(医師、看護師、PT、OT、STなど)が全人的なアプローチをしていきます。チーム医療の中心は、患者です。

その中で、看護師の役割とは、何か考えてみましょう。

 

(2)回復期リハビリテーション病院における看護師の役割とは

前述したように、リハビリテーションが必要となる患者は、脳血管疾患や整形外科疾患などの後遺症により麻痺や言語障害など、機能障害が残りADLの低下、障害受容など、多くの課題を抱えている事が多いのです。

また、生活の再構築の為に、今まで当たり前のように行っていた食事、排泄、更衣、清潔動作、移動などの日常生活動作が、スムーズに行えなくなる為、病棟生活でのひとつひとつの行動がリハビリテーションとなります。

看護師は、日常生活援助だけでなく、患者にとって、一番身近な存在として、そばに寄り添い障害受容を支えるなどリハビリチームの一員としてカンファレンスによる情報共有やADLの評価など他職種との連携が大きな役割となります。

 

2.看護師に必要なスキルとは

看護師に必要なスキルとは

それでは、リハビリテーション病院での看護師の役割を知った上で、必要なスキルについて考えてみましょう。リハビリテーション病院は、急性期を脱し、回復期である為、急変対応や医療処置が少なく、特別なスキルは必要としません。

その為、ブランクがある看護師や、長年他の分野で活躍してきた看護師にも転職先として人気があります。特性としては、リハビリテーションの目的で患者の日常生活援助を支えていく為、体力勝負でもあります。

 

他業種との連携のためコミュニケーション能力が必要

また、障害受容の過程を辿りながら、日々リハビリテーションに励む患者やその家族を精神的に支える役割や、チーム医療であるが故に他職種との連携が必要である為、コミュニケーション能力が必要とされます。

 

3.リハビリテーション病院で働く看護師のやりがい

看護師のやりがい

次に、リハビリテーション病院で働く看護師のやりがいについて考えてみましょう。

入院当初、麻痺などの障害があり、ADLの低下が顕著であった患者が『今まで当たり前にできていたことができない』という現実に、

  • 時に悩み苦しみながらもリハビリテーションに励む姿を見た時
  • 少しずつできる事が増え、リハビリテーションチームがひとつの目標に向かっている時

リハビリテーションの長い期間を患者や家族の一番身近な存在として関わることができる事は、看護師として大きなやりがいとなります。

 

スキルアップ資格を目指すこともやりがいとなる

他職種との連携もあり、リハビリテーションについて専門的な知識が習得できる機会も多くあり、更にスキルアップを目指して『脳卒中リハビリテーション看護認定看護師』や『心臓リハビリテーション指導士』などの資格取得を目指すなど、成長できる機会が多くあります。

 

4.働く看護師のデメリットとは?

働く看護師のデメリットとは?

次に、リハビリテーション病院で働く看護師のデメリットとは何でしょうか。

前述したように、リハビリテーションという専門性が高い分野である為、急変対応や医療処置が多くはありません。

その為、他の分野に比べると一般的な看護、医療技術の習得はあまり期待できません

リハビリテーション病院では、そのような職員の不安を少しでも解消する為、リハビリテーション看護の分野だけでなく、急変対応についての勉強会などを行い、急変時に迅速に対応できるよう研修の機会を設けている所もあります。

また、移乗動作や入浴介助など日常生活援助が多い為、体力勝負の仕事でもあります。

 

5.リハビリテーション病院の看護師の給料や年収

リハビリテーション病院の看護師の給料や年収

回復期リハビリテーション病院で働く看護師の給料は、急性期などの、急変対応や医療処置が少ない割に、高水準の給料であることが多く、人気の理由となっています。

超高齢化社会の今、脳血管疾患などによる後遺症などの患者も増えており、リハビリテーションにより在宅復帰を目指す傾向にある為、今後もリハビリテーション病院の需要が高まる傾向にあります。

一人一人の患者と深く関わり、看護師としてやりがいも感じられ、プライベートの充実を図る事も可能です。

 

他科と比べると残業が少ないため残業代は見込めない

他科に比べると残業が少ない傾向にあり、残業代は見込めない事が多いでしょう。

病院によっては、早出業務、遅出業務などの不規則勤務を導入しており、手当てがつく場合があります。

御参考までに筆者自身を例にすると、国立のリハビリテーション病院勤務一年目で夜勤8回分(三交代)で、手取り月30万程でした。その後転職し、都内のリハビリテーション病院に勤務した際には、経験年数7年目で、夜勤1回(二交代)で、手取り月29万円程でした。

 

6.看護師がリハビリテーション病院の求人を探すには

看護師がリハビリテーション病院の求人を探す

リハビリテーション病院の求人を探す為には、まずは看護師求人会社に登録する事が希望に沿った就職、転職につながる一歩となる為、お勧めいたします。

何故ならば、看護師の求人会社は、看護の求人のみならず、病院の評判から、内部の人しか知らない人間関係(口コミ)など様々な情報を集めるプロだからです。

例えば、興味のある病院があるのであれば、仲介してもらう事も可能ですし、細かい希望(例、日勤のみ、高収入、休暇多いなど)を伝えて、希望に一番近い求人を紹介してもらう事も可能です。

転職を考えているけれど、仕事が忙しく探している余裕が無いという場合でも、一回登録をすれば、定期的に希望に沿った求人を紹介してもらえる為、手間がかかりません。

また、求人会社によっては、病院の見学や面接にも付き添い、アドバイスをもらえたり、親身に相談に乗ってくれます。

 

求人を選ぶ際の注意点

比較的残業も少なく、給与も高水準、看護師としてのやりがいも見いだせ、プライベートも充実できるなどメリットも多いですが、もちろん専門性に特化しているが故に、デメリットもあります。

メリットばかりに目を向け、安易に考えて転職となると、『イメージと違う』『こんなはずじゃなかった』と後悔につながる事もあります。

まずは、『リハビリテーション看護について興味がある事』が大切です。

また病院により、残業量や収入にも差がある事を念頭に置きながら、希望の沿った求人を選んでいきましょう。

 

まとめ

患者と長い期間密な関わりをできるのも、リハビリテーション看護のやりがいの一つです。新たな分野への挑戦は、勇気がいりますが、その一歩を踏み出すことが成長へとつながります。

あなたもリハビリテーション看護に興味があるのであれば、是非挑戦してみませんか?

執筆者:まりも

看護師求人サイト62社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事