日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
ラコット(Lacotto)評判
3.09
このページを共有する

代表的な高収入のアルバイトとその注意点

代表的な高収入のアルバイトとその注意点

転職期間中のつなぎとして、アルバイトをしようと考えている人も多いのではないでしょうか?そういう人にとって高収入のアルバイトには非常に魅力を感じますね。しかし、高収入の仕事に楽なものはありません。給与が高いなりの理由がきちんとあります。

今回は代表的な高収入アルバイトを3つピックアップし、はじめる前に気をつけておきたいことについてご紹介しておきます。

高収入のアルバイトと言えば?

お金を持つ女性

求人サイトなどで「高収入」というチェックがついているのは、時給にして1200円以上の仕事です。日給だと1万円を超えるような仕事もあり、日払いや週払いを行っていることも多いので、手っ取り早く稼ぎたいという人には嬉しいお仕事です。

では、一般的に高収入のアルバイトと言えばどのようなものがあるのでしょうか?今回は、資格や経験が問われない、誰でもチャレンジできる次の3つのアルバイトに注目してみます。

  • PR・イベントキャンペーン
  • 引っ越し
  • 警備

「PR・イベントキャンペーン」バイトの注意点

叫ぶ女性

店頭や街頭で、商品やサービスのPRを行う仕事です。該当でチラシやティッシュを配るサンプリングは、簡単ですぐにでもチャレンジできる仕事ですね。

一方、スーパーでの試食・試飲や、量販店でのスマートフォンやインターネットサービスのPRなど、商品知識が必要となる仕事もあります
これらは研修が行われることがほとんどですがその分お給料が高いことがポイント。経験を積めば時給2000円を目指すこともできます。

この仕事の特徴として、ほとんどの仕事が1日のみの単発勤務であることが挙げられます。

 

仕事現場の環境がわからない

基本的に仕事場へは1人、もしくは一緒に仕事をする2~3人のメンバーと一緒に行くことになり、勤務先は毎回バラバラ。会社の人は場合現場には来ないので、例えば勤務地が店舗なら、自分で店長や売り場責任者にあいさつをしたり、仕事の流れや休憩場所の確認を行ったりする必要があります。場合によっては、お店の方があまり協力的ではないこともあります。そういう意味では、精神的にも疲れる仕事であると言えるでしょう。

 

なかなか結果が出ない

この仕事は、自分の仕事ぶりが目に見えてわかります。例えばサンプリングならどの程度受け取ってもらえたか、店頭イベントスタッフなら商品がどの程度売れたのか、一目瞭然です。会社からはこの結果を期待されているわけですから、プレッシャーを感じることも多いでしょう。

皆さんも、このようなスタッフが働く現場にお客さんとして遭遇したことがあるかと思います。該当で配られているチラシなど、そう簡単には受け取ってもらえませんよね。

なかなか結果が出ないので、しんどい思いをしている人も多い仕事です。

 

時給の幅が広い

先に紹介したとおり、イベントスタッフの仕事内容は多種多様。そして、仕事の難易度によって給料がかなり変わってきます。「時給900円~1800円」と募集を行っている会社なら、未経験ならおそらく時給900円の仕事を依頼されることになるでしょう。

その会社が扱っている仕事の種類や時給など、事前にしっかり確認してから応募するのがベターでしょう。

派遣会社の場合、よく調べてから応募しよう

イベントスタッフの仕事を取り扱っているのは、派遣会社が多いです。この場合、求人の募集要項だけではなく派遣会社についても調べてから応募するようにしましょう。

日雇いバイトをメインで扱っている会社ほどスタッフ管理がずさんで、給料の未払いや支払いの遅延などのトラブルが発生しています。こういった会社は避けましょう。

 

「引っ越し」アルバイトの注意点

疲れている女性

引っ越し作業を手伝うアルバイトです。家具や家電の梱包、運び出し、運搬、搬入、設置などを担当します。特別な知識や経験は必要なく、やる気があって、体力に自信がある方なら誰にでも務まる仕事です。男性がメインで働いているイメージがあるかもしれませんが、最近では女性向けの引っ越しサービスも人気があり、女性スタッフもたくさん活躍しています。

時給にすると1000円~1500円、日給1万円程度で募集していることが多いです。そしてほとんどの場合が1日がかりの勤務となり、だいたい2~4件の家の引っ越しを担当します。

 

お客さまの大切な家具を取り扱う仕事

お客さまの大切な家具を運び、新しい家にお届けする仕事。「家具を落として壊してしまった…」、「新居の壁に傷をつけてしまった…」などのミスは許されません。万が一このようなミスをしてしまえば、間違いなくクレームになるでしょう。

もちろん体力仕事であるため身体もきついですが、常に緊張し、神経を使う仕事でもあると言えます。だからこその高収入なのですね。

 

チームワークが大切

言うまでもなく、引っ越し作業は1人ではできません。複数人のチームになって現場に向かい、大きなものは協力して運んだり、小さなものもバケツリレー方式で運んだりと、チームプレーが求められる仕事です。チームワークを大切に出来ない人には、なかなか務まりません。コミュニケーション力も求められるでしょう。

 

勤務時間が明確ではない場合もある

ほとんどの場合が1日がかりの仕事でありますが、勤務時間が明確に決まっている会社と、そうでない会社があるので気をつけましょう。担当した仕事が終わり次第解散という場合もあれば、早く終われば別の現場を手伝いに行くという場合があります。時給制なら良いのですが、日給制だと勤務時間が延びてしまうと損になることもあります。

勤務時間の考え方と給与の計算方法については、募集要項で必ずチェックしておきましょう。

 

「警備」アルバイトの注意点

ヘルプを掲げる女性

警備の仕事には、スーパーなどの施設内で施錠チェックやモニター管理を行う警備、コンサート・イベント会場での警備、工事現場などでの交通警備など、色々な種類の仕事があります。

仕事のメリットとしては、施設内での仕事は空調も完備された環境で働くことができたり、イベント会場での仕事ではコンサートの裏側が見られたりと、仕事の内容によってさまざまです。

何となく難しい仕事をイメージされるかもしれませんが、実はどの仕事にも共通しているのが、決まったことを淡々と行う仕事であるという事。特に交通警備などでは、基本的に人とのコミュニケーションさえあまりないのが特徴です。

給料は日給制であることが多く、1万円を超えることがほとんどです。仕事によっては夜勤もあるので、もっと高い日給を得ることも可能です。

 

研修が必須

警備の仕事は、アルバイトであっても研修を受けなければならない決まりがあります。その時間は、4日間で約30時間。ですから、応募してすぐに働きたい!という人にはちょっと向かないかもしれません。

 

体力的にきつい現場も多い

施設内での警備の場合、大抵は空調が効いた場所で座っている時間も多いことでしょう。しかしそれ以外の現場では、基本的に立ちっぱなしになるのが警備の仕事。イベント会場の警備ではとんでもない人数のお客さんの誘導・警備が必要ですし、交通警備では夏は暑く、冬は寒い中道路の真ん中で仕事をすることになります。

また、ほとんどの場合はその場に立ちっぱなしで動き回ることがありません。忙しくしていると時間が過ぎるのも早く感じますが、立ちっぱなしの時間ほど苦痛に感じることも多いでしょう。体力的にはきつい現場が多いと考えておいてください。

 

研修期間中の給料がない場合もある

中には、4日間の研修期間中に給料が出ない会社もあります。あっても微々たる金額であることも。長く続けるつもりならそれでも納得できるかもしれませんが、あまりに金額が低かったり無給であったりする場合は、ちょっと考え直してみても良いかもしれません。

 

日給と休憩時間をよく確認しよう

特に夜勤の場合、休憩時間の取り方はアルバイト先によってまちまちです。場合によっては仮眠時間が非常に長く、日給を時給換算すると大変お得なアルバイト先もあります。もちろんその逆もあるので、日給の高さだけではなく実働時間も計算した上で会社を選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

高収入のアルバイト3つに注目してご紹介いたしました。アルバイトを選ぶ参考になったでしょうか?給料が高いのには、必ず理由があります。どの仕事も、決して楽だとは言えません。

しかし、手軽に始められてさくっと稼げるというのは何より魅力です。応募する前にしっかり会社を選び、上手に稼いでくださいね。

アルバイト・パート求人サイトおすすめ比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事