日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
ラコット(Lacotto)評判
3.29
このページを共有する

飲食店アルバイト求人を選ぶ2つの注意点

飲食店アルバイト求人を選ぶ2つの注意点

このページでは、飲食店でのアルバイトを考えている方に向けて飲食店でアルバイトをする前に知っておくべき注意点と、アルバイトの求人募集要項のチェックポイントを紹介します。

下記のポイントを押さえ、納得のいく仕事を見つけましょう。

飲食店のアルバイト求人の注意点

アルバイト中の女性

飲食店での仕事は、アルバイトの定番中の定番といえる人気職種です。

特にお客様から注文を受けて料理を運ぶホールスタッフとして働く人が多いのですが、接客業であるうえに、人が口にする食べ物や飲み物を扱うので、細心の注意が必要です。

飲食店のホールスタッフ求人に応募する前に、働く上での注意点を今一度確認しておきましょう。

 

先輩や店長から怒られる事は覚悟しておこう

まず、飲食店では上司や先輩から仕事内容について、一通りの指導を受けたあといきなり接客に回されます。

右も左もわからないままにホールスタッフとして働かなければいけないので、失敗することも多いので、先輩や店長から怒られるケースが多いことを覚悟しておきましょう。

 

常に周りに注意を配りながら働く必要がある

しかし、お店のスタッフに怒られるだけなら、まだマシです。お客様に失礼が会った場合は、クレーム問題に発展することもあります。

落ち着いて、周りに注意を配りながら働くことが大切です。

 

オーダーミスに気をつけよう

初心者のミスで最も多いのが、オーダーミスです。

最近は注文を受けながら、端末に注文を入力する店舗も増えてきましたが、端末機器の操作ミスや聞き間違いも多いので、必ず復唱をして確認する習慣を付けましょう。

 

新人のうちは無理は避けよう

料理をトレーで運ぶ作業も、慣れないうちは大変です。ベテランになると、たくさんのお皿を一度に運べるようになります。

しかし、新人のうちは決して無理をして、多くの品目を運ぼうとしないことです。

配膳に失敗すると、せっかくの料理がムダになりますし、最悪の場合はお客様の衣服を汚して弁償問題になることもあります。

 

面接時の見極めが肝心

このように、初心者のうちはミスがつきものですから、応募時の面接で、お店の雰囲気や面接担当官との相性などをしっかりと見極めましょう。

そして、失敗しても働き続けられるかどうかをよく考えてから、仕事に応募することを受けることをおすすめします。

 

ホールスタッフの仕事について

そして、ホールスタッフの仕事は、料理を運ぶだけではありません。レジ打ち掃除ゴミ捨てなどホールに関わるさまざまな仕事を担当します。

もちろんトイレ掃除もあります。飲食店では衛生が何よりも問題になりますから、トイレ掃除は厳しくチェックされます。

お酒を出すお店で働くなら、お客様が酔っ払って吐いてしまった場合、おう吐物の処理をしなければならないこともあります。

また、ホール係が皿洗いをすることも多いので、仕事は山ほどあるのです。

一見すると華やかですが実は、一日中立ちっぱなしのハードな仕事であることを覚悟しておきましょう。

飲食店のアルバイト求人募集要項のチェックポイント

紹介する女性

飲食店のアルバイトに応募するときは、事前に求人募集要項をしっかりとチェックしましょう。

求人募集要項とは、採用企業がアルバイトを募集するときの条件や待遇などを記載した採用広告のことです。職種、仕事内容、応募資格、給与、休日、勤務時間、勤務地などが記載されています。

 

複数の求人を見比べよう

複数の求人を見比べて、求人応募要項の内容が、ほかの同業他社と比べて妥当であるかどうかを判断することが大切です。

悪質な会社では、求人募集要項の労働条件などを誤解しやすいような表現で記載したり、実際とは違う条件を記載したりすることもあります。

 

気を付けておきたいこと

求人募集要項を、しっかりと見きわめる知識がないと、働いてから後悔することも多いのです。

紛らわしい記載でよくあるのが、完全週休2日制と週休2日制です。完全週休2日制とは毎週、2日間の休みがあることをいいます。しかし週休2日制の場合は、1か月に1週だけ週に2日休めるという意味で使われることが多いので要注意です。

また、時給が高いと喜んで応募したら交通費が支給されないこともあります。求人募集要項はスペースが限られているので、労働条件などすべての事項が記載されているわけではありません。

最低限の事柄しか表記されないのが一般的ですから、わからないことがあれば募集企業に質問をして疑問を解決してから応募しましょう。

 

応募までの大まかな手順

求人募集要項を見ながらどの会社に応募するのかを決める際の、おおまかな手順発次のようものです。

まず、自宅の近くなど、希望の勤務地から飲食店の募集を探します。

次に給与ついて確認しましょう。一口に給与といっても時給、月給、週休、日給、月収、年俸など、さまざまな表記があります。

アルバイトでは時給で支払われるのが一般的ですが、長期バイトの場合は月給として支払われることもあります。大切なお金のことですから、しっかりとチェックしてください。

 

応募前にお店の情報をしっかり確認しておこう

また、髪型や服装などに規定がある、経験者優遇、調理師の資格など、採用条件もお店によって異なります。採用条件もしっかりと確認しましょう。

求人募集要項と実情に違いがないかを調べたい場合は、そのお店でアルバイトをしたことのある経験者に聞くのがもっとも確実です。

先輩や知り合いに働いたことのある人がいれば、その人から聞くのがベストです。そのような知り合いがいない場合は、インターネットの口コミ情報を見るそのお店のホームページにあるスタッフブログを見るなどして情報を収集しましょう。

これらの情報がないお店の場合は、自分の目で判断するしかありません。

飲食店の中にはブラック企業もあります。少しでも求人募集要項に疑問がある場合は、特に慎重に行動してください。

アルバイト・パート求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事