日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

薬剤師の転職

薬剤師の転職

薬剤師が転職を考えたときのお役立ち情報を掲載しているブログです。転職を考えている薬剤師の方であれば是非確認してください。気になる疑問を解決し、より良い転職活動に臨みましょう。

  • 2017.07.25
    2017.07.25

    工場で働く管理薬剤師の仕事内容・平均年収・求人の探し方について

    工場で働く管理薬剤師の仕事内容・平均年収・求人の探し方について

    薬剤師として3年以上実務経験を積んだ後、キャリアアップとして管理薬剤師への転職を考えられる方も多いのではないのでしょうか。

     
    管理薬剤師になると、薬剤師の時よりもさらに働ける職場や、応募できる求人の幅が広がることは間違いありません。中には、予想していなかった職場で管理薬剤師が活躍している場合もあるのです。
     
    今回は、そんな管理薬剤師が活躍する意外な職場の中から、工場で働く管理薬剤師にスポットを当ててご紹介いたします。 現在、管理薬剤師として働いていて転職をお考えの方や、これから管理薬剤師へキャリアアップ転職をお考えの方などは、ぜひ転職先の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。
  • 2017.07.25
    2017.07.25

    薬剤師転職サイト祝い金ランキング!最大50万円?60万円!?

    薬剤師転職サイト祝い金ランキング!最大50万円?60万円!?

    薬剤師求人サイトを利用している薬剤師の方であれば、お気づきかもしれませんが、その求人会社を通じて、転職成功をした場合は転職祝い金(支援金・準備金)などの項目でお金を貰うことが可能です。

    ただ、転職祝い金を貰えるサイトはごくわずかです。今回は祝い金を貰えるだではなく、薬剤師の方からいただいた口コミを元にランキングしています。(祝い金の額ではありません。

  • 2017.07.25
    2017.07.25

    薬剤師転職履歴書の書き方ポイントと自己PR文例集

    薬剤師転職履歴書の書き方ポイントと自己PR文例集

    薬剤師の転職を行う場合に履歴書は必要不可欠になります。

    求人倍率が高ければ高いほど、履歴書の重要性は上がっていきます。

    久しぶりに履歴書を書いた方や書き方が分からない方へ、薬剤師転職履歴書の書き方のポイントを説明しています。

  • 2017.07.24
    2017.07.24

    薬剤師転職時「内定通知書類」確認事項・保留・断り方・入社準備のすべて

    薬剤師転職時「内定通知書類」確認事項・保留・断り方・入社準備のすべて

    薬剤師として転職を行い、内定を口頭で宣言された後に受け取る「内定通知書類」における、トラブルを防ぐための重要確認事項のチェック項目と保留するマナー、内定を断るマナー、内定を受諾し入社準備に至るまで、説明しているページです。 内定通知を貰ったら、まずは確認しましょう。

  • 2017.07.24
    2017.07.24

    薬剤師の転職面接時に好印象を与える逆質問例と避けたい質問例

    薬剤師の転職面接時に好印象を与える逆質問例と避けたい質問例

    薬剤師の転職面接の際にも、逆質問が与える影響はとても大きいです。どんな病院や企業の面接でも、面接の最後には「何かご質問はありますか。」と必ずと言っていいほど質問されます。

    そして、この答えこそが面接の最後に自分をアピールするためのチャンスであり、内定を勝ち取る最後のチャンスです。そのため、必ず何かしらの質問はするという事を肝に銘じましょう。

    本番を迎えた際に、最後まで自分をアピールできるように面接前に確認していくことをおすすめします。

  • 2017.07.24
    2017.07.24

    調剤薬局ランキング!転職にオススメな大手調剤薬局とは?

    調剤薬局ランキング!転職にオススメな大手調剤薬局とは?

    今回は、保育士が初めての転職で失敗しないために知っておきたいことをご紹介します。保育士で転職をお考えの方は、参考にしてみてください。

  • 2017.07.24
    2017.07.24

    公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

    公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

    薬剤師が公務員として働く職場は、公立病院の他にも各都道府県の薬務課であったり、保健所や研究施設、上下水道局などがあります。薬剤師は衛生についてや化学について学んでいるため、様々な配属先がありますし、環境部局と衛生部局とに大別されます。

    このページでは公務員薬剤師を目指す方、転職を希望する方に確認してほしい内容をすべて掲載しているページです。

  • 2017.07.24
    2017.07.24

    薬剤師1年目で転職5つの注意点!新人薬剤師の1人に2人は辞めたい?

    薬剤師1年目で転職5つの注意点!新人薬剤師の1人に2人は辞めたい?

    薬剤師1年目は仕事内容や職場の人間関係、上下関係、新しく学ばなければならないこと、新しいことに慣れることなど悩みが多く発生してしまいます。

    早く仕事を覚えたい、環境や職場に慣れたいという思いから、がむしゃらに走りすぎてしまうのです。職場にも少し慣れた頃に、燃え尽きてしまい仕事を辞めたいと考える人が多くなります。

    その1年目・新人薬剤師の2人に1人は転職をしたいと考えるといいます。転職したいと思う理由は、思い描いているような仕事ではなかった、仕事に面白みを感じない、職場の人間関係が複雑で苦痛などの理由から転職を考える人が多いです。

    先輩薬剤師からすると、1年目を乗り越えれば仕事も楽しくなってくるのにと思うようなことですが、社会人経験のない新人にとっては、大きな悩みとなってしまうのです。 このページでは新人薬剤師が転職を思い立った、転職しようと考えている場合の注意点を掲載していきます。

  • 2017.07.24
    2017.07.24

    規制緩和により敷地内薬局の開局が可能に!医療機関と薬局の独立性は今後

    規制緩和により敷地内薬局の開局が可能に!医療機関と薬局の独立性は今後

    厚生労働省は今まで医療機関と同じ建物や敷地に薬局を併設することを禁止していましたが、2016年10月1日よりこの規制が緩和されました。いわゆる、敷地内薬局(門内薬局)の開局が認められたということです。これに伴い、大学病院や公立病院を中心に敷地内薬局を設置する動きが活発化しています。

    今まで規制がかけられていたのは、医療機関と薬局の独立性を保つためです。薬局を開設する際、処方箋を持った医療機関を受診した患者が薬局に行くためには、1度公道を通ることが望ましいとされていました。

    そのため厚生労働省は、医療機関と薬局の間にフェンスや塀などの仕切りを付けるように指導していたのです。

  • 2017.07.24
    2017.07.24

    40代後半薬剤師転職前にチェックする6つの項目(45歳~49歳)

    40代後半薬剤師転職前にチェックする6つの項目(45歳~49歳)

    40代後半(40歳~44歳)で薬剤師転職を思い立った場合に確認すべき6つのチェック項目を記載しています。

    男性薬剤師の場合、キャリアアップ転職は厳しくなってきますし、女性薬剤師の場合はパート・アルバイトや派遣なども視野に入れるかもしれません。

    現状と転職ノウハウを把握しながら、40代後半の転職を有利に進めましょう。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る