日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

薬剤師3年目で転職したい・辞めたい場合に確認する7つのこと

薬剤師3年目で転職したい・辞めたい場合に確認する7つのこと

どの業種でもそうですが、3年目を迎えた段階で転職を考える人は非常に多く、転職時期とも言えるでしょう。ここでは薬剤師3年目で転職したい・辞めたいと思った場合に確認してほしい7つをご紹介していきます。

1.3年目薬剤師の平均年収を知っておこう

お金を持つ女性

現在薬剤師の年齢層・職種全てを合わせて算出した場合の平均年収は、約533万円、月給にして37万円、年間ボーナスは約88万円という統計が出ています。ちなみに平均年齢は39.1才、平均勤続年数は7.6年。

では3年目薬剤師のみを見た場合には平均値はどうなっているのでしょうか。この数値は公務員薬剤師ということですが、民間でもこれを基準に給料を考えますから、大体同程度になると考えて良いでしょう。

当たり前ですが、一般の20代後半の平均年収が約330万円程度とされていることからすると、やはり薬剤師は比較的高収入と言えます。

2.悩みランキング薬剤師3年目ベスト5

泣く女性

「新人」でも「ベテラン」でもない3年目薬剤師。彼等にはどんな悩みがあるのでしょうか。ランキング形式でベスト5まで挙げてみましょう。

 

第5位:苦情

「お客からの苦情を受けるのも薬剤師の仕事かいーー!」

病院・薬局・ドラッグストアに共通して抱える悩みがこれで、調剤業務に間違いはなかったとしても、効果がなかったなどの理由で苦情を言ってくる患者や客はどこにでもいます。

あまりに理不尽なクレームが多く、それが原因で転職を考える薬剤師も珍しくありません。

 

第4位:人間関係

「どこでも嫌な人はいるって言うけど・・・これは・・・」

これは病院や調剤薬局に勤める薬剤師に多い悩みで、病院の場合、医師や看護師との関係が難しい、また調剤薬局の場合、一緒に働くのは1人か2人という狭い環境で、人間関係が悪くなると働くこと自体が難しくなると言われています。

 

第3位:やりがいが見出せない

「やる気?出したことありません」

これは特にルーティンワークが基本の調剤薬局や、薬剤師本来の仕事の少ないドラッグストアに務める薬剤師に多い悩みです。患者が持ってくる処方箋に従ってひたすら調剤し、手渡す、このルーティンワークに飽きてしまったという人や、商品陳列やレジなど薬剤師の本来の仕事以外の業務が多いドラッグストアではやりがいを感じられないという人がいます。

 

第2位:仕事へのプレッシャー

「プレッシャーに押しつぶされそう・・・」

これは薬剤師のみならず全ての医療関係者に言えることですが、直接的に人の命を預かるという仕事の性質上、決してミスは許されません。薬剤師の場合、調剤ミスによって患者の健康を害してしまったなら大きな損害賠償を支払うことになったり、免許剥奪となったりすることもありますし、勿論死亡事故になってしまえば刑事事件となり、懲役・免許剥奪だけでなく、一生重荷を背負って生きていかなければならなくなります

このため何があっても調剤ミスを起こしてはならないという非常なプレッシャーが毎日のストレスになっていると言う薬剤師が多いのです。

 

第1位:給料が低い・割に合わない

「ちくしょー何のための薬剤師だぁ!」

薬剤師に最も多い悩みがこれ。他の一般職業からすると高給取りと認識されている薬剤師ですが、実際には給料が薬剤師という職業に見合っていない、つまり低すぎて割に合わないと感じている薬剤師は少なくないのです。というのも、薬剤師になるためには6年制の薬学部や薬科大学を卒業しなければならず、これにはおよそ1200万円程度の学費とその他に教科書代や実習代がかかります

資格取得のためにかかった費用や努力を考えると、それなりの給与を貰わなければ割に合わないと感じるのは当然ですが、実際にはモトが取れるほどの給料は貰っていないと感じる薬剤師が多いのです。

特に3年目になるとそれなりの昇給も期待しますが、思ったより上がっていないと不満に感じている人が多いです。

3.薬剤師3年目で辞めたいと思った事例と対処法

目を擦る女性

薬剤師3年目と言えば、仕事にも慣れ自分のペースもつかめるようになった時期。薬剤師3年目で辞めたいと思った事例をいくつかご紹介し、対処方法についても説明していきます。

新卒1~2年の大変な時期を乗り越えたのだからもうその職場に満足しているのかと思いきや、実際には3年目で転職する薬剤師が最も多いと言います。ではどんな理由で現在の職場を辞めたいと思うのでしょうか。

 

病院の側にある門前薬局に就職したAさんの事例

大病院の門前薬局であるため店内は常に患者さんが待っている状態で、「待たせてはいけない」という焦りと忙しさでスタッフたちの間でもピリピリとした雰囲気が流れています。

当然先輩や上司もいつもピリピリしていてちょっとしたミスに対してもキツイ言葉を投げかけられ、「また叱られる!」という恐怖が更に別のミスを生む・・という悪循環。心身共にヘトヘトになってしまいました。それでも何とか耐え抜いた3年目。ある日から数日間続く倦怠感と食欲不振で診察を受けた病院で「うつ病の初期症状かもしれない」と言われてしまいました。

結果

本格的にうつ病になってしまうとしばらく休職しなければなりませんから、病院での診断を理由に迷わず退職届を出したそうです。

 

卒業後ドラッグストアで働くことになったBさんの事例

決めた理由は初任給が比較的高かったからですが、いざ働いてみると仕事内容は店内のPOP作りや品出し、レジ、商品陳列や発注といった本来薬剤師には関係のない仕事ばかり。「これじゃあ何の為に難しい国家試験をパスして薬剤師になったのか・・・」と疑問に思いつつも、薬剤師という立場上店内では地位も高く頼りにされているように感じ、転職を考えるまでには至りませんでした。

しかし3年目のとある休日、今は病院薬剤師として働いている学生時代の友達と会った時に、忙しく厳しいながらも患者さんとのふれあいの中で薬剤師としてのスキルを磨いている様子を知って、今までくすぶっていた不満が一気に噴出しました。

結果

このままでは薬剤師としての自分の腕はどんどん鈍ってしまう!と焦りを感じたBさんは、その時点で転職を決意したそうです。

 

薬剤師3年目で辞めたいと思った時の対処法


「新人さん」と呼ばれていた薬剤師1~2年目を過ぎ、ようやく仕事にも慣れたはずの3年目になって仕事を辞めたいと思う人は実はそれ程珍しくありません。

その上薬剤師という職業上、今の職場を辞めても次の就職先を見つけることはそれ程難しくないでしょう。

しかし、だからといって「辞めたい!じゃあ辞めよう!」というのは早計、後々後悔することになるかもしれません。そこでまずは辞めたいと思った時の対処法を試してみてください。その上でやはり辞めたい気持ちが強いなら、その時に真剣に転職について考えてみるのはいかがでしょうか。

 

辞めたい理由に対して冷静に整理する

まずは自分が辞めたいと思う理由について整理してみましょう。漠然と考えるより紙に書き出してみると整理しやすくなります

給与水準、人間関係、仕事内容など様々な理由があると思いますが、例えば人間関係なら人間関係の特にどの部分にストレスを感じているのか、現時点での対処法としてできることはないかを書き出してみるのです。これだけの作業で「案外このまま続けていけるかも・・」と思えるかもしれません。

 

辞めたい理由を客観的に聞く

辞めたい理由が整理できたなら、それを信頼できる友人や先輩、家族などに話してみると良いでしょう。

自分だけで抱え込んでいると煮詰まって良いアイデアが浮かびません。第三者の客観的な判断が自分をクールダウンしてくれるかもしれませんし、新しい答えが見つかるかもしれません。特に同じ気持ちを経験したことのある先輩薬剤師が身近にいるなら尚のこと、是非相談してみてください。

 

インターネットで情報も収集する

相談できる適当な友人や知人がいない場合、あるいは相談できたとしても、整理した内容を元にネットで情報収集してみることをお勧めします。自分と同じ悩みを抱えている人の意見や転職のメリットやデメリット、転職すると仮定してどんな転職先がありそうか、などを調べてみるのです。

この作業によって不特定多数の人たちの意見や経験を知ることができますし、転職の現実をある程度把握することができ、冷静に判断する助けになります。

これらの対処法を試しながら、やはり仕事を辞めたいと思っているのかどうか、随時自分の気持ちをチェックしましょう。

4.薬剤師3年目で転職をする3つのメリット・デメリット

教育方針

3年以上同じ職場で働けない人は転職先も見つけにくいと言われていたのはもう昔のこと、今では薬剤師3年目でも転職先を見つけることはそう難しいことではありません。

何といっても6年間の長い専門教育過程を修了し国家試験に合格した人だけが行うことのできる仕事ですから、全体的に薬剤師は不足気味であり、新卒であろうと3年目であろうと来てくれるなら大歓迎、というところは沢山あるのです。

専門職である薬剤師はどこでも人手不足のため、3年目薬剤師であっても転職しやすいは実際それはその通りなのですが、では3年目薬剤師の転職にデメリットは全くないのか、と言えばそうではありません。「薬剤師は有利だから」と安易に転職を考えると後悔することになるかもしれませんので、まずは転職のメリット・デメリットもきちんと把握しておきましょう。

 

薬剤師転職3年目のメリットとは


3年目、つまり第二新卒ならではの転職のメリットは沢山ありますがその中でも3つピックアップしてご紹介します。

 

(1)新人研修・教育が省けるため採用されやすい!

まず雇う側のメリットとしては、例え1~2年であっても既に薬剤師として現場で働いた経験があるということから、新人研修や新人教育の過程を省くことができるという点が挙げられます。新卒には必要とされるこれらの研修や教育にはそれなりの時間と費用がかかるため、これを省くことができるだけでも大きなメリットになると考える病院や薬局、企業は多いのです。

また社会人としての最低限のマナーも身についている為、この点でも安心して仕事に就かせることができます。

 

(2)やっぱり、まだ若いのはメリット

一方で、経験者とは言えまだ若い、という点もメリットになります。例えば長く同じ職場で経験を積んだベテラン薬剤師なら確かに即戦力になり得ますが、以前の職場のやり方が身についてしまっているため新しい職場のやり方や人間関係に馴染みにくいというデメリットがあります。

その点第二新卒は経験の浅さと若さが幸いし、新しい職場に馴染みやすく柔軟に適応することができるのです。行動力もあり、体力仕事なども任せやすい点や、経験者とは言え年齢的にそれ程高額給与を支払わなくても良いという点もメリットになります。

 

(3)新卒時、敷居が高かった病院や企業へアプローチしやすい!

一方、薬剤師側のメリットとしては、新卒の時には敷居の高かった病院や企業に、経験者として応募しやすくなるという点があります。前述のような雇う側にとってのメリットをアピールすることができるというわけです。また薬剤師が不足している地域に狙いを定め、以前の職場よりずっと好条件で雇ってもらえる可能性もあります。

ポイント!

自分のライフスタイルに合わせて希望する働き方を見つけることができるのも、人手不足の薬剤師ならではのメリットと言えるでしょう。

 

薬剤師転職3年目のデメリットとは


新卒3年目、つまり第二新卒のデメリットは、まず何と言っても短期間で前職を辞めてしまったという事実です。

 

(1)短期間で前職を辞めてしまった印象値

どんな理由があるにせよ、辞めてしまったという事実は変わりませんから、採用を検討する担当者としてはウチもすぐに辞めてしまうのではと心配するのは当然でしょう。

ですから第二新卒の場合、前職の退職理由についてどう説明するかは面接の勝負どころ、と言えます。

 

(2)経験が短く即戦力とは言いにくい

経験者でありながらそれ程経験年数が長くないためそれ程即戦力になれないという点で、他のベテラン中途採用者と比べると不利になります。

この点をきちんと分かってくれている職場なら良いですが、「経験者なんだからもうできるでしょ」とばかりに殆ど何も教えてくれず仕事を丸ごと任してくるような職場だと、最初のうちかなり辛い思いをすることになります。

給料は新卒者と変わらないのに、失敗すると「経験者のくせに」と叱られてしまうといった理不尽な思いをさせられる可能性もあるでしょう。つまり新人であることとベテランであることの両方のデメリットを併せ持っているのが第二新卒なのです。

 

(3)転職する職場が前職より良いという保証はない!

人手不足の薬剤師と言っても必ずしも次の職場が前職より良いという保証はないというリスクもデメリットと言えます。例えば人間関係に疲れて別の職場へ転職したものの、給料が低すぎて思っていた以上に生活が苦しくなる、ということもあり得ます。こうして転職に失敗し、また転職する・・・ということを繰り返しているとさすがに段々就職は難しくなってくるでしょう。

ポイント!

このような事態を避けるためには、転職の際に薬剤師求人サイトなどにお願いし、きちんと下調べしてもらうことをお勧めします。

5.3年で転職する薬剤師はどうみられるか?タイミングは?

時計を持つ女性

新卒3年目というのは薬剤師に限らず、社会人歴やその職歴に関してまだそれ程のキャリアを積んでいない状態です。しかも、その3年目にして転職を希望しているということは、一度望んで就職したはずの職場をわずか3年で自ら辞めてしまったという経歴の持ち主であるということですから、採用を考慮する病院や企業側からどうみられるかは気になるところです。

 

転職する薬剤師3年目の雇用先での見られ方

まず最初に覚えておきたいのは、実は新卒3年目の薬剤師転職は特に珍しいわけではないということ。それどころか、転職のタイミングとしては3年目が最も多いのです。企業や病院側もそれを心得ているので、3年目だからといってそれ自体を不審に思うことはありません

転職理由が納得のいくものであれば、薬剤師歴がそれ程長くないことなど問題にしないでしょう。

 

転職理由が納得いく理由なのかが問われる?

ただ、逆に言えば、転職理由が納得のいくものであるかどうかは注目されている、ということです。

転職理由として多いのは人間関係や給与水準などですが、例えば上司や同僚の悪口ばかりを並べ立てるのであれば、本人にも問題があるのではないかと思われてしまうかもしれませんし、「給料が低かった」と言えば「ウチも初任給はそれくらいですよ」と言われてしまうかもしれません。

ポイント!

この場合、「職場の人間関係が悪く、なんとか改善できないものかと努力してみたが3年目の今でも改善されていない、自分には合わないようだ」あるいは「3年目になり任される仕事の質も量もアップしているのに、給料は初任給のままだ」という風に表現する方が良いでしょう。

 

前向きな転職理由を考えて挑もう!

面接官にとって転職理由が納得のいくもので、かつ前向きな理由でさえあれば、難しい国家試験を潜り抜けてきた専門職である薬剤師はやはり貴重であるため、3年目でも十分転職は可能です。

むしろ前職のやり方に染まっておらず柔軟に新しい職場に合わせることができること、新卒と比べれば既に実務経験を積んでいること、それでいて給与は新卒とそれ程変わらない金額で良いことなどの理由から、「第二新卒歓迎!」としているところも少なくないのです。

 

薬剤師3年目で転職する正しいタイミングとは

ある統計によると、薬剤師転職で最も多い時期が、入職3年目です。3年目に入ると仕事にも慣れ、キャリアアップを考えたり現状に対する不満点に気づいたりするのでしょう。

平均勤続年数の統計はその後10年目、5年目・・・と続く傾向にあります。従って、3年目の転職というのは特に早すぎることはありません。しっかりとした理由があるのなら迷わず転職に踏み切るべきでしょう。逆に言えば、しっかりとした理由もないのに「何となく周りが辞めているから」「3年経ったから」というだけで転職を考えるのはお勧めできません。

できるだけ同じ職場に長く勤めた方が良いのは確かですから、その職場で改善の余地があるのであれば、多少不満があるだけですぐ辞めるべきではないでしょう。

 

転職をためらう必要はあるのか?

一方、現状のままでは給与アップやキャリアアップ、薬剤師としての成長が望めないなどの理由があって転職を考えるのであれば、ためらう必要はありません

ただし、おなじ3年目転職でもことを急ぎすぎると失敗し後悔する事にもなりかねません。転職にも正しいタイミングというものがあるのです。

 

今の職場で退職が可能な環境にあるのか?

まず、今の職場で退職できるタイミングを考えましょう。仕事内容にもよりますが、仕事の引継ぎができるだけの十分な時間的余裕をもたせること、場合によっては後任のために新たに求人を出し面接をして新しい人を採用するための時間が必要なこともあります。

一般的には「退職希望日の1ヶ月前」と言われますが、これは「最低」1ヶ月ということ。言い出しにくいかもしれませんが、現在の職場にできるだけ迷惑をかけないためには2~3ヶ月前には伝えておいた方が良いでしょう。

ポイント!

基本的に賢い薬剤師は在職しながら、薬剤師求人サイト等を利用して転職活動を行います。行きたい勤務先が決まってから、退職を伝え、1か月半~2ヶ月で退職をする。というパターンが良いです。つまり、転職先には1か月半~2ヶ月後の勤務を了承してもらう必要があるということです。

 

薬剤師の求人数が多い時期はいつ?

同じ転職活動をするなら求人数が多い時期を選ぶ方が良いに決まっています。求人数の多い時期とは、イコール退職者が多くでる時期ということになり多くの人はボーナスをもらってから辞めようと考えるので、ボーナス時期の7月や12月の前の月、つまり6月や11月には前もって人材を確保する為に転職者求人が出されます

また新年度の始まる4月、上半期が終わる9月の前の月、3月や8月にも求人が多く出されるので、自分の条件に合う求人が見つかりやすいでしょう。

6.薬剤師3年目転職注意点と求人の探し方

勉強する外国人女性

薬剤師業界でも特に3年目に転職を考える人が非常に多い傾向があり、3年目にして転職を考える薬剤師は珍しくありません。そのため薬剤師求人を出している病院や企業側としても、それ自体を問題視することはまずありません。

今回が初めての転職というのであれば、まず問題ないでしょう。

しかし、これが複数回の転職ともなれば病院や企業側としても、「あきっぽいのではないか」「周囲との協調性に欠けているのではないか」「忍耐力がないのではないか」と、本人に何らかの問題があるのではと考えて採用に対して慎重になってしまう可能性が高くなります。

そのような方も含めて、注意点を確認していきましょう。

 

注意点は、本当に転職すべきかどうか見極めること

それで3年目薬剤師の転職の注意点としては、これだけ注意しましょう!そもそも本当に転職すべきかどうかを見極めることが挙げられます。

人間関係の問題で職場を変えたいのであれば、本当に今の職場で改善の余地はないのか、あるいは給与が低いというのであれば、交渉の余地はないのか、などを良く考えてみるのです。

 

その職場は本当に転職すべきか?

その職場で働いている間はマイナス面にばかり目が向きがちですが、見方を変えると良い面もあることに気づくかもしれません。

給料は低いけれど比較的自由が効く、拘束時間は長いけれど中の人間関係は良好、激務だけれどスキルアップが望める、など悪い面と良い面が表裏一体になっていることもあり、辞めてから以前の職場の良さに気づく、ということもありえるのです。

ポイント!

これらの点を良く考えた上で、やっぱり転職すべきとの結論に達したのであれば、できるだけ今回の転職が最後の転職とするような気持ちで求人を探しましょう。その為には自分の望む職場の条件をきちんと整理し、それに合った所を探すことが不可欠です。

また1つの目安として、離職率の低い職場を選べば、おそらく自分も長く勤めることができると考えて良いでしょう。

 

希望を叶える転職求人の探し方

薬剤師3年目に転職が多い理由としては、薬剤師としても社会人としても新人だった1~2年目を終えて仕事に慣れ始め、マンネリを感じ始めたり次なるスキルアップを目指したり、あるいは自分の仕事やスキルに対して給料が見合っていないことに気づいたりするのが丁度3年目だからでしょう。

ですから薬剤師の転職求人でも薬剤師3年目という応募者を歓迎している場合が珍しくありません。

 

薬剤師求人を探す前に目的を明確に!

いざ薬剤師の転職求人を探すとなると、その探し方にも様々な方法があり、どれが適切なのか分からなくなってしまうかもしれません。まず最初に、いずれの方法を利用するとしても、自分がどんな転職を望んでいるのかをハッキリさせておかなければなりません。

給与アップを第一に考えるのか、目指す職種があるのか、管理薬剤師などスキルアップに繋がる職場を探すのか・・・。

これがハッキリしていなければ、転職先がなかなか見つからないか、転職しても結局不満が残ってしまう可能性が高いでしょう。

 

薬剤師求人を探す方法は様々ある


自分の目指す転職がハッキリしたなら、次にどんな方法で探すかを考えます。方法としては、大きく分けて、求人誌やインターネットを利用して自分で探す、ハローワークを利用する、薬剤師求人サイトに登録する、の3つの方法があります。

この中で最もお勧めなのは薬剤師求人サイトでしょう。

働きながら自分で探すのは時間的にもかなり制約がありますしl、ハローワークの情報は玉石混合で必ずしも質の良いものにあたるとは限りません。その点、薬剤師求人サイトはその道のプロであり、本人に代わって希望する求人情報を、特有のルートから見つけ出して紹介してくれるのです。

7.転職する薬剤師に人気の薬剤師求人サイト

パソコンを持つめがねをかけた女性

薬剤師求人サイトを利用した薬剤師の口コミを元に、ランキング形式でご紹介していきます。

 3年目に転職した薬剤師の口コミだけを集めてランキングにしています。口コミランキングは人によって個人差が出ますので、必ず3社程度登録を行い比較してください。サービス面・求人の質・担当者の質を見比べる方が良いでしょう。

 

条件の良い求人を探すポイントと心構え

薬剤師も3年目に入ると仕事にも慣れ、段々自分のやりたいことや求める就業形態、給料などが見えてきます。

そのため現在の職場に不満が出てきて転職を考える薬剤師が増えるわけですが、せっかく転職してもそこでもまた不満が出てきてまた転職、となれば履歴書に記載される転職歴が増えていき、段々不利になってしまいます。

求人を探す場合には、当たり前ですが、また転職したくなってしまうほどの不満がでない職場を探すことがポイントです。ではどのような求人を選べば良いのでしょうか。

 

不満が出ない職場なんてあるのか?

例えば「この職場の人間関係が我慢できない」という理由で転職を考えるのであれば、当然次の転職先は職員同士の仲が良さそうなところを選びます。

勿論それは絶対外せないポイントになるわけですが、だからと言って給料はどうでもいい、仕事内容はどうでもいい、というわけにはいきません。人間関係が良くても給料が低すぎては生活に支障がでてそれが新たな不満となりますし、調剤業務がしたいのにドラッグストアのPOPばかり書かされているのであれば、それもまた不満になってくるでしょう。

 

パーフェクトな職場はないため、何を優先するかがカギ

「自分にとって絶対外せない条件」の他にも、給与水準や雇用形態、労働時間、福利厚生、休日などの就業条件、病院、ドラッグストア、調剤薬局などの職種、実際に働いている職員たちの人間関係、更には経営者の考え方や理念についてもきちんと注目し、ここで働いても良いと思えるような職場を見つけるようにしましょう。

勿論全てがパーフェクト、という職場はまず存在しませんから、何から順に優先していくかを考えなければなりません。

まとめ

薬剤師だけでなく、多くの職種において転職が多くなっている時期が、入社から3年目です。入社3年目になると仕事にも慣れ、会社の経営状態や体制なども分かるようになってきます。そして、自分の将来について考える余裕ができるため、考えた末に転職という道を選ぶ人も多いようです。

転職を考えている薬剤師の方は、今回ご紹介したことを参考にしてみてください。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事