日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

50代の薬剤師転職 | 転職を成功させるための7つの知識

50代の薬剤師転職 | 転職を成功させるための7つの知識

50代薬剤師で、再就職や現在の職場から転職を考える方は実は少なくはありません。派遣、パート・アルバイト、正社員の転職を成功させるために、知っておきたい自分の市場価値を確認しておきましょう。

成功させるための8つのポイントで大きくご紹介しています。

1.50代薬剤師の平均年収は知っておこう

kyuuyo
50代というと、企業でもある程度の立場にいて収入がピークの年代です。薬剤師についてもそうです。50代の薬剤師は仕事ではちょうど円熟期を迎えた頃で、年収では50歳から54歳の男性でだいたい平均730万円前後、女性の場合は450万円前後です。

 

50代の薬剤師の年収・月給・ボーナス

55歳から59歳男性なら640万円前後、女性は510万円前後となっていて、薬剤師の年収のピークは50代と言っていいでしょう。中には30代で800万円前後の年収がある薬剤師もいるようですが、製薬会社のMRと限られています。

 

月給は50万円~53万円でボーナスは100万円?

700万円前後の年収だと、月給は50万円くらいから53万円くらい、ボーナスは100万円前後というところです。もちろん、勤務先の条件などによって変わってきますが、平均してこれくらいであると考えておいてください。

新卒で仕事を始めた時から50代になるまでは確実に収入は増加していきます。しかし、60歳の定年を迎えると、月給は初任給の頃と同じくらいになり、年収も450万円前後に下がるのが一般的です。

2.みんな悩む!50代薬剤師の悩みとは

女性秘書
薬剤師の資格を取得し、専門的な仕事をして毎日が充実していると思われていますが、経験を重ねていくにつれて悩みが出てきます。

若い時はただただ目の前にある仕事を片付けるのに必死で周りのことは見えなかったはずです。それが、年齢を重ねて余裕が出てくると悩みが出てくるようになります。50代ともなると、今のままで良いのか、もっとキャリアアップできないものか、今更キャリアアップは無理なのだろうか、などで悩みながら仕事をしている人がいます。

ここでは、50代薬剤師の悩みをランキング形式でご紹介します。

 

1位:激務に耐えられる体力がない

50代で病院に勤務している薬剤師によると、悩みのダントツ1位は激務に耐えられないということでした。大きな病院であればあるほど仕事は多く、10時間近く働いている人がたくさんいました。50代になると、毎日10時間近く働くのは身体的にきついものがあります。こういったことから、転職を考える人が増えています。

 

2位:パート勤務等だと安定性にかけ、老後が心配

2位は安定性についてです。薬剤師の求人はそれなりにあるのですが、多いのはアルバイトやパート社員です。

子どもの手が離れたからパート勤務で復帰しようか、と考えているならこれでも構わないのですが、正職員として採用され、安定した収入を確保したい人には働く場所を探すのが難しくなっています。

 

3位:給料が減っていく一方・・・

そして3位は給料についてです。50代の薬剤師なら平均して700万円くらいなのですが50歳を過ぎるとこれ以上収入がアップするのは難しいと言えます。どの企業も55歳前後から給与は下がるのが一般的で60歳を迎えると初任給の頃と同じくらいになるところがあります。

50代で転職を考えた場合、今得ている収入よりも下がってしまう可能性が高く、このまま留まるか、思い切って希望のところへ転職するか悩むところです。

 

4位:転職したけど、出来るか不安

4位は転職についての悩みです。50代ともなると今のままいる方が良いのか、あるいは今からでもキャリアアップを目指して思い切って転職するかどうか悩むのです。

もちろん、今の待遇で何ら問題がないのであればこのまま定年まで勤め上げれば良いのですが、激務で体がつらいとか、人間関係に疲れた、もっとキャリアアップしたいといったことを考えているなら思い切って転職した方が良いかもしれません。薬剤師求人サイトに登録しておくと、希望に合った求人があれば紹介してもらえます

 

5位:独立にチャレンジするか悩む

5位は独立するかしないかの悩みです。薬剤師として仕事をしていて、自分の調剤薬局を持ちたいと思うのは自然なことです。

しかしそれを実現するにはいろんなものが必要です。自分の年齢、家族のこと、資金のことなど解決していかなければならない問題がたくさんあり、この年代で独立するのはなかなか難しいと言えるでしょう。

3.50代に人気の薬剤師転職先ランキング

ヘルスチェックを行う女性

50代薬剤師が転職先として選ぶのに人気のところは、他の年代とは少し違いがあります。

50代になると、40代よりもますます転職は厳しくなり、なかなか決まらないのが現状です。そのため、求人が多くて比較的就職しやすいところが人気となっています。

 

1位:ドラッグストア(OTCのみ)

家の近くにあって通勤しやすいのと、求人数が多いので就職しやすいのが人気の秘密です。待遇面でも良いと言われていて、給与面もかなり良いと評判です。ただ、薬剤師の仕事以外のこともしなくてはいけないのでそれが大変かもしれません。

 

2位:調剤併用のドラッグストア

40代、50代の人や女性も就職しやすく、ドラッグストアに転職する人は多いです。多くのお客さまと関わりが持てますし、人と接することが好きな人なら全く苦になりません

 

3位:調剤薬局

50代になると管理薬剤師や認定薬剤師の資格を持っている人も多いので、その資格を活かして調剤薬局に転職する人がいます。最近では対面の服薬指導が行われるようになっており、薬の知識だけでなく人とうまくコミュニケーションが取れるかがカギになります。

50代なら、落ち着いた雰囲気でやわらかい物腰で接することができるでしょうから、実力を発揮できる場となりそうです。

 

4位:病院の薬局

大きな病院の薬局なら、一日に扱う処方箋の数も膨大で、種類もとても多く、薬の知識が自然と身につきます。調剤薬局では扱わないような薬も扱うので薬の知識を実務に活かすことができます。

仕事は毎日とても忙しいのが特徴で、その割に給与は高くありません。しかし幅広い知識を身につけたいなら、病院で働くのが一番です。

 

5位:製薬会社のMRやMS

薬剤師の資格がなくてもなれる仕事で、主に病院などを回る営業活動です。給料はとても良いので人気ですが、コミュニケーション能力と気力が必要とされています。

50代でMRやMSに転職するのはかなり厳しいですが、求人が出ていることもあるので、薬剤師求人サイトなどで調べてみましょう。

ポイント!

50代であっても、自分がしたい仕事は薬剤師求人サイトの担当コンサルタントにしっかり伝えておくようにします。希望に合ったところを紹介してくれます。 求人数はかなり減りますが、全くないわけではありません。少ない求人に大勢が集まる恐れがありますので、転職活動は厳しいかもしれませんが諦めないで行うようにしてください。

4.転職注意点とメリット・デメリット

拒否する男性採用担当者

50代薬剤師の転職注意点とメリット・デメリットについて紹介します。50代薬剤師が転職する際のポイントを押さえ、不安を解消しましょう。

薬剤師の50代の転職はメリットも実は多い

50代の薬剤師が転職して、何かメリットは得られるのでしょうか。50代で転職となると、いくら薬剤師であっても大変なのではないかと考えてしまいます。

  • 転職で年収がアップする可能性もある
  • スキルアップやキャリアアップが可能になる
  • 精神的に仕事が楽になる場合もある
  • プライベートに余裕を生むことができる
  • 転職先で頼りにされるケースも高い

50代で転職する理由には、体力の衰えなどがありますが収入をアップしたいとか、スキルアップしたいなどがあります。女性の場合は、50代以降になるとほとんどがパート職員へ転職します。

 

50代の薬剤師転職でも上を見据えて活動できる

薬剤師の場合、転職して今までと違った経験を積むことができたので、スキルアップしたという声がありますし、以前の職場ではなかった研修制度を利用できて、認定薬剤師や専門薬剤師の資格を目指せるようになった人もいます。

50代で転職しても、こうして常に上を見据えていけるメリットがあるのです。

ポイント!

同業種に転職すると、今までの仕事内容はわかっているので、すんなり新しい職場にも馴染めたという人もたくさんいます。50代になってから頑張って転職したのに、新しい職場に馴染めないのではストレスになりますし精神的にも良くないでしょう。

 

転職して給与や年収が上がる可能性もあり

50代で転職して給料が上がるというメリットもあります。50代なら薬剤師としての知識と経験が考慮され、転職したところで要職に就ける場合があります。

これなら収入は確実にアップしますし、やりがいも感じることができます。50代の薬剤師の転職なら、同業種に絞り込んで決めても良いでしょう。

 

毎日の時間や休日に余裕ができる可能性も

注意したいのは病院と調剤薬局では業務の内容が少し違いますので慣れるまでには少し時間が必要であると理解してください。50代の女性では、正職員からパートに転職する例が多いです。この場合、短時間勤務であっても仕事にすぐ馴染めますし、毎日の時間や休日に余裕ができるというメリットがあります。

仕事とプライベートがきっちり分けられるのは良いですね。このように、50代以降の人たちの方が、若い人たちより知識も豊富なので現場では頼りにされることが多いのです。

ポイント!

50代で転職するなら、薬剤師求人サイトを利用してみると良いです。40代や50代以上の求人に強いサイトもありますので、参考にしてみてください

 

やっぱりある!?50代薬剤師の転職デメリット

50代になってから転職するのは、いくら薬剤師の資格があったとしても難しいのではないかと考えられます。一般のサラリーマンで、50代、大企業で役職に就いていたとしても転職する時など役職云々は考慮されないことが多いです。

薬剤師もそうで、転職しようとどこかに応募したとしても、30代や40代の人がいたらそちらの方のニーズの方が強いのではないでしょうか。

 

実際に採用される可能性が大きいのは30代や40代まで

こんな経歴がある、経験があると言っても最終的には若い人が採用されてしまうのが現実です。最近は60代でも元気で働いている人は多いですから、高齢者を採用しないのには納得できないという人もいます。そうは言っても実際に採用されているのは30代や40代くらいまでなのです。

50代で転職をしようとあちこち面接を受けても落ちてばかりになると、どうせまたダメなのでしょう、という顔つきになってしまい、その表情がさらに面接で良い印象を与えないという悪循環に陥ります。

ポイント!

50代で転職するのは大変なことで、デメリットしかないのではと考えがちですが、50代以上でもOKとある求人情報を集めてみると良いです。50代以上の薬剤師の転職はかなり難しいのですが、50代以上でも実績がある薬剤師求人サイトがあります。そういったサイトで担当コンサルタントに相談してみると、サポートしてもらえるかもしれません。

 

さらに上の資格がないと転職は難しい

50代でも、管理薬剤師の経験があったり、認定薬剤師の資格があって実績もあればすんなり転職するケースが多いです。50代で一般の薬剤師であれば少し厳しいと考えておきましょう。

ポイント!

簡単に転職するといって今の職場を辞めてしまい、それから就職先を探すのは50代であれば止めましょう。今の職場に在籍しながら、転職活動をするのです。

薬剤師求人サイトであれば、インターネットで見られますので仕事が終わってから家でもできます。同じ職場の人に知られることなく、転職活動ができます。

 

メリット・デメリットを踏まえて転職で注意したいこと

50代になってから転職を考える理由は、体力の衰えにより今までの仕事がきつく感じてきたというのが多いですね。

  • 基本的に、新しい分野での仕事に転職するのは厳しい
  • 資格がない場合でも可能性を狭めず、研修制度や薬剤師求人サイトを活用する

製薬会社で薬剤師として仕事をしていた人が、通勤時間が長いためにつらくなってきたので家の近くの調剤薬局に転職したいと考えた場合、すんなり決まるだろうかという不安があります。

この例では、調剤の経験がないうえに50代という年齢がネックとなり、転職は難しいのではと考えられます。薬剤師の資格があるので一般のサラリーマンよりも転職はしやすいですが、年齢が上がるたびに難しくなるのは変わりません。

 

基本的に、新しい分野での仕事に転職するのは厳しい

50代になってから、全く新しい分野での仕事に転職するのはかなり厳しいと考えておきましょう。40代以上になると経歴やキャリアが物を言い、この年代だと同じ職種へ転職する方がうまくいくと言われています。

しかし製薬会社から製薬会社へ転職というのは50代では難しいので、製薬会社で薬事などをしていたのなら、治験会社へ転職することを考えてみてください。

 

研修制度や薬剤師求人サイトを活用することで、別の分野に転職も可能

とは言っても、薬事関連の求人はそれほど多くありませんのでなかなか決まらないことがあります。このような場合、全く別の分野での仕事を考えてみましょう。50代では同じ職種への転職が良いと言っていましたが、製薬会社から調剤薬局に転職するのもできないことはないのです

調剤の経験がないのなら、研修制度がしっかりしている調剤薬局を選べば問題ありません。研修制度が充実している調剤薬局を探すなら、薬剤師求人サイトを利用すれば早く見つけられます。薬剤師求人サイトに登録すると、担当コンサルタントが付いてくれます。自分が希望する職種や勤務条件を伝えると、それに合ったところを紹介してくれます。転職先の現在の情報が知りたいならそれをお願いすれば教えてもらえますし、転職するにあたってのアドバイスも受けられます。

ポイント!

特に中高年になってからの転職は悩みもあるのでこういった制度は助かります。50代で転職先を探している場合は、これらを利用すると心強くて良いです。

5.50代でキャリアアップ転職は、まだ可能?4つの注意点

ポイントを説明する中年女性

50代のキャリアアップ転職では、薬剤師資格を持っているから大丈夫といった、転職に対する軽い考えや転職先に対する過剰な期待に注意する必要があります。

  • 資格に頼りすぎない
  • 今の職と違う分野での転職を視野に入れる
  • 転職先での出世には期待しない
  • 新しい職場の上司の年齢を気にしない

上記がキャリアアップ転職時の注意点になります。1つ1つ確認していきましょう。

 

(1)薬剤師資格が力を持つとは限らない

50代になってから転職を考えた時、薬剤師の資格があればなんとかなる、サラリーマンと比べても資格があるのだからすぐに決まるだろうという考えは持たない方が良いです。50代の薬剤師が転職するのであれば、それなりのキャリアがあった方が断然有利なのです。

資格があるから大丈夫、と軽く考えてしまうところが注意点と言えます。

 

(2)キャリアアップに現職と同分野にこだわりすぎない

50代の男性ならまだ家計を支えている人もいるでしょうし、少しでも収入がアップできるところに転職したいと考えます。現在調剤薬局で働いているのなら同じような調剤薬局かそれ以上の給料を出してくれる調剤薬局を探すものです。

しかし、調剤薬局にこだわり過ぎるとなかなか見つかりません。年齢のことを考えると、すぐにでも転職先を決めていつまでも家にいるわけにはいきません。薬事業務のスキルを持っているのですから製薬会社や治験会社へ転職してみるのはいかがでしょう。

 

(3)自分のキャリアを磨き、新しい職場での出世には期待しない

50代で転職するのですから、新しい職場で出世するのは難しいです。しかし今まで積み重ねてきたキャリアを活かせる職場であれば転職は成功と考えて良いでしょう。

調剤だけでなく、また違った知識が得られるのですから転職によりキャリアアップができるのです。

 

(4)転職先の上司が年下でも気にしない

50代で転職する際の注意点として、転職先では自分より年下の人が上司になるケースがあります。転職したのですからそれは当然ですが、年下のものに指示や指導をされるのは嫌だというような、プライドが高すぎる人は転職してもうまくいかない場合があります。

少しでも早く新しい職場に馴染もうとするのなら、たとえ上司が年下であっても気にしないことです。

ポイント!

薬事関連の求人は少ないので希望通りのところが見つかるかはわかりません。50代以降の求人数が多い薬剤師求人サイトに登録したら、担当コンサルタントが仕事を紹介してくれるかもしれません。

自分一人で転職先を探すのは難しいので、このような求人サイトを利用すると効率よく仕事探しができます。

6.転職時に採用されやすい50代と採用されにくい50代の差

分かれ道の前に立つ男性

求人側としては、できるだけ若い優秀な人材を採用したいというのが、本音です。ですが、これまで薬剤師として様々な経験を積んできている人材ももちろん採用の対象とはなります。

採用した際に、求人側にどのようなメリットをもたらしてくれるかという目線で、採用側は見ています。

 

50代で転職採用されやすい人の特徴とは

50代の薬剤師で転職時に採用されやすい人の特徴としては、以下のような点が挙げられます。

  • 前の職場にとらわれない
  • 謙虚に学ぶ姿勢を持ち、新しい環境に柔軟に対応できる
  • 共に仕事をすることで雰囲気がよくなる

詳しく見ていきましょう。

 

前の職場や働き方にとらわれない

ずっと薬剤師として働いてきて50代になり、定年までやその後のことを考えた勤務を望む人が転職活動をするようになってきました。一か所で長く勤めたあと、勤務時間を17時頃前後までにしたいから転職をしたいという人や、管理薬剤師として働いてきたけれど、管理という重責から降り、パート勤務がしたいという人などがいます。

年齢や経験などから考えると、管理薬剤師として来てくれないかというケースが多く、それでOKというならすんなり転職先が決まる場合があります。しかし、管理薬剤師は激務だからそれだけはしたくない、一般の薬剤師が良いからそれで雇って欲しいという人がいると受け入れ側も悩んでしまいます。

 

新しい環境に柔軟な対応ができる

50代でも転職ですんなり採用される人は、今まで積んできた薬剤師経験、キャリアを頭の中でリセットしてしまい、新しい環境にも入っていけるという姿勢が感じられる人です。今まではこうしていたのだけどな、ここではこういうやり方なのか、と素直に受け入れ、それに馴染もうと努力する人が採用されやすいです。

今まで転職をしたことがある人は、こういった経験はないでしょうか。同じ仕事をするのでも、職場によって進め方は違うものです。「前の職場ではこうしていました」とやたらと言う人がいませんでしたか。こう言われると、一緒に仕事はしにくくなります。増してそれが年上の人だと注意もしにくいですし、困りますね。同じ仕事でも前の職場は関係ありません。

以前は管理薬剤師をしていようが、そんなことは口にせず、新しい環境に慣れようと努力しているとわかったら、周囲の人たちも親切に教えますよね。

ポイント!

年齢を重ねていても、新しい環境で謙虚に学ぶ姿勢を持っている人は採用されやすいのです。やはり職場の雰囲気は大事ですから、その人が入ったことによって良い雰囲気になるとわかったら採用してもらえるのです。

50代で転職するなら、一から学ぶつもりで行き、新しい環境に馴染むような努力が必要です。

 

<50代で転職採用されにくい人の特徴とは

50代の薬剤師で転職時に採用されにくい人とはどのような人なのでしょうか。

  • 転職の条件があまりにも多すぎる
  • 目的のない資格取得が多い
  • 前の職場との違いに戸惑い、新しい環境に対応できない

50代の薬剤師が転職しようと活動していて、たくさん面接を受けたけれどもどこも採用してくれない。やっぱり年齢のせいかな、と落ち込んでいる人もいるでしょう。確かに、50代という年齢がネックになっているかもしれませんが、採用されないのはそれだけではないです。

 

転職の条件が多すぎる

採用されにくい人の特徴としては、転職の条件が多い人が挙げられます。収入はこれくらい欲しい、残業はしたくない、休日はこうして欲しい、役職はつけて欲しい、あるいはつけて欲しくないなど、これでもかというくらい条件をつける人は採用されにくいです。ある程度条件を提示するのは構わないのですが、あまりにもたくさん提示すると良い結果には結びつきません

 

役職への異常なこだわりや闇雲な資格取得

50代となると前の職場で役職がついていることが多いですね。そのため、転職によってかなり収入が下がることは覚悟しておかなければいけません。それについてあれこれ注文をつけるのも採用されにくくなりますので注意してください。

資格をたくさん取得しているとそれだけ有利になると考え、ただやみくもに資格を取得する人がいますが、何がしたいのかよくわからないと受け取られることがあるので注意が必要です。転職したい職種に合わせた関連資格ならわかりますが、とにかく取れるものは取ろうと取っただけであればいくらたくさんあっても採用されにくいです。

 

環境の変化に対応できない

50代で転職するとなると新しい職場の上司は自分より年下になる可能性があります。それでも新しい職場に馴染む努力ができない人は転職が成功しにくいですね。

どうしても以前の職場のやり方を引き合いに出し、前の職場ではこうしていたとか、これはこうだと言う人はなかなか採用してもらえません。

最初のうちは前の職場との違いに戸惑うことがあるかもしれませんが、柔軟に対応するよう心がけましょう

ポイント!

50代でも転職に成功している人はいますので、薬剤師求人サイトに登録して担当コンサルタントに相談してみるのも良いでしょう。

7.転職失敗事例から学ぶ50代転職

パソコンを見る男性

50代で転職を考える場合、やはり気になるのが年齢です。自分ではまだまだ若いと思っていても体は正直でふとしたことで衰えを感じたりするものです。同じスキルがある人が複数いて、誰か一人を選ぶとなったら50代よりも30代の人を選ぶのが普通だと考えられます。

  • 求人サイトの選択を誤った結果、就職への道が遠のいた
  • 年齢にとらわれて納得のいく就職ができなかった

こういったことが十分わかっているので、転職活動もつい焦りがちになるのがこの年代です。薬剤師という資格があれば一般のサラリーマンよりも転職しやすいですが、やはり厳しいものがあるのです。

 

事例(1):求人サイトの選択を誤って失敗

50代の薬剤師が転職する際にありがちなことですが、とにかく早く転職先を決めないといけないと焦ってしまうことです。最近では薬剤師求人サイトが充実しているので転職先を探すのも以前と比べて楽になりました。しかしながらその薬剤師求人サイトにもいろいろあるので注意が必要です。

ある薬剤師求人サイトに登録して病院の薬剤師の希望を出していたのに、紹介してくるのはドラッグストアや調剤薬局ばかりで、自分の希望は全く無視されてなかなか転職先が決まらなかったという話があります。

 

事例(2):年齢にとらわれて希望と違う就職をして失敗

50代という年齢もあり、早く決めないといけないという思いもあって、希望しないところに就職したという人もいます。これでは何のために転職したのかわかりませんね。転職した後にやりがいを感じられないかもしれません。

薬剤師求人サイトはたくさんありますが、サイトによって病院の転職に強いとか、製薬会社に強いといった特徴がそれぞれありますのでよく調べてから登録するようにしましょう薬剤師求人サイトのランキングがあるのでそれを参考にする人が多いでしょうが、1位だから絶対に良い、自分に合っているとは限りません。

ポイント!

サイトによって得意分野、不得意分野を持っていますのでいくつかを比較して決めるようにしましょう。

担当コンサルタントに売上ノルマがあるようなところだと、あまりこちらのことを考えずに強引に転職を勧める場合がありますので注意してください。

8.50代薬剤師に人気の薬剤師求人サイトの特徴

仕事をするビジネスマン

50代になってから転職するのはかなり勇気がいることです。転職すると決めたら時間をかけずに早く仕事先を決めないといけません。そのためには薬剤師求人サイトを利用した方が転職先を探すのに便利です。

50代の方が利用する薬剤師求人サイトは、業界でも求人数が多いとされるサイトや担当コンサルタントがすべて業界専門となっているサイトが多いです。

 

大手の求人数が多い転職サイトを利用しよう

求人数が多いところであれば自分が希望する仕事内容、勤務条件などが見つかりやすいですし、良いところが見つかればすぐに応募できます。担当コンサルタントがこの業界専門であれば、薬剤師の転職についての相談がしやすいですね。

担当コンサルタントとの相性も大切ですから、どんな人が付いてくれるのかを確認する必要があります。もし担当コンサルタントと相性が合わなかった場合は変更が可能かどうかというのも薬剤師求人サイト選びの時に確認しておきましょう。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事