日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

20代後半薬剤師転職 | 転職したいと思ったら7つチェック!(25歳~29歳)

20代後半薬剤師転職 | 転職したいと思ったら7つチェック!(25歳~29歳)

20代後半(25歳~29歳)の薬剤師転職に関して悩み、転職のメリット・デメリット、注意点等をまとめているページです。転職を思い立ったら是非確認をしてみてください。

また、20代後半になると職場ごとに薬剤師平均年収にバラつきが見られるようになってきます。4年制と6年制のどちらの薬学部を出たかもよりますが、20代後半ともなると3~4年目、そろそろ一人前の薬剤師として大事な役割を任させるようになるため、この時期を境に収入が大幅にアップしていく職場も少なくありません。とくに製薬会社はその傾向が強いでしょう。

1.20代後半の薬剤師平均年収

お金を持つ女性

平均年収は450~500万円程度。この時期に500万円を突破できるかどうかがその職場の給与水準を計るひとつの目安となります。月給は30万~36万円程度。

20代前半のころはサラリーマンとそれほど変わらなかった水準もここにきて高い水準になっていきます。ボーナスに関しては職種・職場によって異なりますが、100万円程度が平均的な水準となるでしょうか。この時期にどれだけキャリアを積むかでその後の昇給の幅も大きく異なってくるだけに、重要なターニングポイントとなるでしょう。

転職適齢にもなるため、その後の収入もよく考えた上で検討していく必要が出てきます。

2.薬剤師転職の悩みランキングベスト5

顎に手を当てて悩む看護師

20代後半(25歳~29歳)になると社会人としても成熟してくるため、薬剤師に限ったことではありませんが、不満や悩みが多くなる傾向にあります。

不満や悩みがない生活を送りたい!と考えている薬剤師の方も多いとは思いますが、不満や悩みがない生活もどことなく面白くないですよ。そんな前向きな気持ちで是非取り組んでみてください。こちらでは20代後半の薬剤師悩みランキングベスト5についてご紹介しています。

 

5位・継続か転職か?

20代後半は薬剤師のキャリアにとってひとつのターニングポイントとなります。一人前の薬剤師として現場で働くようになる一方、今の職場でこのまま働き続けていいのか、もっともキャリアアップが期待できる職場へ転職を目指すべきかの迷いが出てきます。

それは同時に安定をとるか、キャリアの追及をとるかの選択ともなります。このチャンスを逃して30代に入ってしまうと転職の選択肢が一気に狭くなる、との思いから焦りを募らせてしまうケースも少なくありません。

 

年収アップ転職は20代後半?

転職に関しては、20代後半~30代前半が転職で一番年収がアップします。


 

4位・ワークライフバランス

ワークライフバランスが難しくなるのも20代後半の特徴です。とくに女性の場合は結婚・出産といった人生の重要な転機が訪れる時期でもあります。

また、プライベートとの両立も大きな問題になりがちです。薬剤師になりたての20代前半では仕事中心の生活を送っていてもとくに問題を感じていなかった人も、この年代になるとそれでいいのか、との疑問がついてまわるようになります。

 

キャリアを取るか・年収を取るか?

そもそも仕事が忙しくて異性との出会いの機会がないといったケースも出てくるからです。キャリアをある程度犠牲にしてもっとゆとりのある職場へ転職するべきなのかどうか、今後薬剤師として働いていくうえで最大のポイントともいえる選択が求められる時期でもあるのです。


 

3位・やりがいを感じられるのか

20代前半のころはとにかく仕事を覚えなければならない環境でしたが、20代後半になると覚えるべきことは覚え、その仕事がどのようなものなのかだいたい理解できるようになります。

そうなると改めて自分に向いているのかどうか、このまま生涯の仕事として続けていく価値があるものなのかについて悩みを覚えるようになります。

 

年齢的にも絶好の転職チャンス!

年齢的に転職の絶好のチャンスでもあり、キャリアアップとは別にやりがいを求めて別の仕事を探したくなる時期でもあります。

あまり計画性がなく、動くのはおすすめできませんが、しっかりとキャリアプランを考えて良い年代です。


 

2位・自身の評価について

収入はもちろんですが、ポストや就業環境が自分の能力に見合ったものなのか疑問を覚えるようになるのもこの時期です。

とくに小規模で人間関係にあまり変化がない職場だといつまで経っても若者扱いされてしまうことが多く、不満を覚えるようになります。

 

頑張っても評価されないあきらめ

せっかくがんばって働いてきたのにそれに見合った評価を得られていない、そしてこの先もその点の改善が期待できそうにない、といった不満から転職を考えることも多くなります。

世の中がある程度分かっているだけに、自分を見つめなおすと不満に感じる方が圧倒的に多いです。踏み切るのも勇気、とどまるのも勇気です。


 

1位・将来への不安

これまで挙げてきた悩みを総合したようなものですが、やりがいや自分への評価、家庭・職場環境などから将来に不安を感じるようになる時期でもあります。解決策は正直ありません。

そのため、1つ1つ自分で選択をしてくことを心がける必要があります。社会人としても人としても成熟した年代なので、責任はすべて自分にあることを忘れずに、決断することが重要です。

3.20代後半薬剤師の転職メリット・デメリット

天秤と女性

当たり前ですが、転職にはメリット・デメリットが存在します。あまりデメリットを考えて転職に踏み切らないのもどうかと思いますが、20代後半で可能性の1つとして知っておいた方が良いことの転職メリット・デメリット掲載いたします。まず、デメリットから考えていきましょう。

 

20代後半の薬剤師の転職デメリット

20代後半の薬剤師が転職の際に注意しなければならない一番のデメリットは「次はそう簡単に転職できない」点です。30代になると製薬会社を中心に年齢制限が設けられる職場が増えてきます

そのため20代後半の転職に失敗してすぐに別の職場を探し始める、といってもなかなか思うように行かなくなってしまいます。

 

20代後半の転職はかなり重要だということ!

この点は将来のキャリアにも大きな影響を及ぼします。20代後半から30代にかけては薬剤師としてのキャリアを決定付けるもっとも重要な時期といってもよいでしょう。

そのためこの時期に転職に失敗してしまうと次々と職場を変えてしまうなど落ち着いた環境で経験を積んでいく機会を失ってしまうことになりかねません。

 

転職しやすいが、本当にそれでいいの?

20代後半は転職適齢期のため、転職がしやすい傾向があることからついつい安易に転職してしまうケースもよく見られます。

恵まれた環境がかえってマイナスの影響を及ぼしてしまうこともあるわけです。それを防ぐためには自分が薬剤師としてどのようなキャリアを積んでいきたいのかを明確にしたうえで転職活動を行っていく必要があります。

単に前の職場に不満を感じたり、もっと給料が高い、ゆとりのある環境で働ける職場で働きたいといった理想だけで転職に走ると失敗する可能性が高くなります。

 

勢いを避け、自分の適正や得意分野をしっかり考える


自分の適性をしっかりと見据えておくことも大事です。数年間薬剤師を続けていれば薬剤師のどんな分野が得意で、どの分野が苦手なのかがある程度見えてくるもの。

長所を伸ばし、短所をカバーできる職種を選んでいきましょう。理想に燃えてやりがいや「もっと自分にが輝ける職場がある」などと勢いだけで転職活動を行うことは避けなければなりません。

ポイント!

こうした20代後半の薬剤師の転職のデメリットを避けるためには事前に自分を見直し、将来設計をしっかり行ったうえで情報収集をしっかり行うことです。

転職を希望する職種や職場の情報を十分に収集せずに待遇面やイメージだけで魅力を感じて転職した結果失敗することも多いので気をつけましょう。

 

20代後半の薬剤師の転職メリット


20代後半の薬剤師の転職メリットはキャリアと年齢のバランスが良いという点です。

そろそろ薬剤師としての仕事を覚えて一人前として扱われるようになる時期、よりキャリアアップを目指した前向きな転職が出来る時期です。

これまでのキャリアをアピールできる一方、年齢的に将来性を武器にすることができます。特に医療機関や製薬会社への転職はこの時期が最適となるでしょう。

 

新しい分野も視野に入れることができる

一方、思い切って新しい分野へチャレンジできる最後の機会ともいえます。特に製薬会社は30代前半くらいまでに年齢制限しているケースが多く、先述のように20代後半は絶好のチャンスであると同時に最後の機会ともなるからです。

30歳を過ぎると選択肢が狭くなってしまう分野も多いため、やってみたい職種がある場合、将来の目標がある場合には思い切って転職に踏み出せる時期となります。

 

将来設計が見えてくる年代でもある!重要なメリットとなるのは将来設計を考慮したうえで転職が出来ることでしょう。この点はひとりひとりの生活環境と関わってきますが、年齢的に結婚など人生設計を真剣に考え始める時期です。

とくに女性にとっては結婚と出産の適齢期となりますから、その点も踏まえた上で働きやすい職場への転職も考慮の対象となります。

育児休暇がとりやすい、託児所が充実している、通勤しやすいなど。5年後、10年後の生活環境を見据えた上での転職ができる機会となるのです。

 

20代転職のメリットのまとめ

こうしたメリットをいかにうまく活かすことができるかが20代後半の薬剤師転職のポイントとなります。

大事なのはこれまでのキャリアをどれだけ活かすことができるか。思い切って新しい分野へのチャレンジする場合にもこれまでのキャリアをできるだけ活かせる形で、また転職活動の際にもアピール材料になる形で行っていく必要があります。将来設計を踏まえた転職の際にも同様です。

ポイント!

数年間薬剤師を続けていれば自分の適性やどんな仕事をやっていきたいのかある程度見えてくるものです。こうした知識も活用しながら適した転職先を決めていくことにしましょう。キャリアを決定付ける30代の職場を見つける大事な機会でもあります。

4.20代後半薬剤師転職2つの失敗事例と注意点

悩む女性の陰

20代後半(25歳~29歳)の薬剤師の転職は人生の大きな転機といえるでしょう。また、人によって転職の事情も異なっており、もっぱらやりがいやキャリアへの不満から転職を目指すことが多い20代前半との大きな違いとなっています。

 

20代後半薬剤師転職の失敗事例

今回は29歳女性の薬剤師と28歳男性の薬剤師の失敗事例をご紹介します。転職での勤務先・自身の希望・妥協する部分、意思決定をするのがいかに困難かを確認してください。

 

病院勤務から調剤薬局へ転職(29歳・女性薬剤師)

「最初の失敗事例では周囲の意見を聞き過ぎて失敗してしまったケース」

この方はそれまで病院薬剤師で勤務していたのですが、シフトの都合や職場の人間関係などが理由で心身ともに消耗がひどく、もう少しゆとりのある環境を目指そうと転職を目指すことになりました。

しかし、求人を探す際に薬剤師求人サイトを利用したところ、キャリアコンサルタントからさまざまなアドバイスと求人の紹介を受けていく過程で自分がどんな職場に向いているのか、何したいのかよくわからなくなってしまい、結果的に時間的に都合がつけやすい点だけを重視し、キャリアコンサルタントのアドバイスにそのまま従うような形で調剤薬局に転職しました。

その結果確かにゆとりのある職場で働くことができるようになったものの、せっかくこれまで積み重ねてきたキャリアを生かすことができずかえって将来への不安が高まってしまっている状況です。

 

調剤薬局からドラックストアへ転職(28歳・男性薬剤師)

「製薬会社希望でドラックストアへ転職した薬剤師の妥協が失敗・後悔を導くケース」

薬剤師を目指していた頃の夢だった製薬会社での勤務を目指して転職をすることになりました。しかしいざ職場を退職して製薬会社からの求人を探し始めたものの、自分のキャリアやスキルではなかなか条件にあった求人を見つけることができません

その間に薬剤師求人サイトのキャリアコンサルタントや友人の薬剤師から「もっと現実を見たほうがいい」とアドバイスされ、結果的に妥協する形でドラッグストアへ転職しました。

しかし、まだ夢はあきらめきれず、時間ばかりが経過し年齢を重ねていくことでますますチャンスが失われているのではないか、と不満と焦りを覚えている状況です。

20代後半にもなると自分のやりたいこと、できることが明確になってきますから、周囲のアドバイスを聞くことはもちろん、できるかぎり悔いのない転職ができるよう妥協をしないことが大事になるようです。

 

20代後半の薬剤師の転職注意点


20代後半における薬剤師転職の最大の注意点はワークライフバランスです。生活環境との兼ね合いを重視したうえで転職先探しを行っていかないといざ入職した後にさまざまな不都合を抱えてしまう恐れがあります。

 

20代後半は結婚・出産のピーク!

ただでさえ女性の担い手が多い仕事、20代後半は結婚や出産など人生の重要な転機を迎える時期です。

そのためこれまでのように仕事一筋、最優先で生活を送るというわけにはいかなくなりますし、場合によっては生活のプライオリティを家庭に置く必要もでてきます

そのため20代後半で転職を目指す際には5年後に自分の生活環境にどのような変化が生じているかをある程度考慮に入れたうえで探していくことが求められるのです。

ポイント!

せっかくよい職場を見つけることができたのに結婚を機に転居することになった、あるいは出産のため休まなければならなくなったといった事情で退職しなければならないケースも出てきます。ただ、人生何が起こるかわからないので面白いんですけどね。

 

自分のキャリアをどう考えるか?


それからキャリアとの兼ね合いです。ワークライフバランスを優先する場合、どうしてもゆとりのある就業環境が求められます

やりがいを感じられるものの、仕事が忙しい、シフトが厳しいといった事情で転職を余儀なくされるケースが多くなるのも20代後半の薬剤師の特徴です。

そのため転職先を探す際にはこれまで培ってきたキャリアを活かしつつ、ワークライフバランスが取れた職場を見つけていく必要があるのです。

ポイント!

この点はなかなか難しく、ゆとりがある職場ほどキャリアが求められず、将来の昇給や昇進があまり期待できない傾向が見られます。難しいポイントとなりますが、できるだけ妥協しない範囲内で仕事を探していく必要があります。

 

20代後半の時点で今後の目指すキャリアをほぼ決めたうえで転職活動を行っていくことが大事でしょう。

製薬会社、調剤薬局、治験業務など、自分が今後キャリアを追求していく分野を決めた上で求人を探していくこと。転職したけどやっぱり向いていない、と2~3年後に別の分野へまた転職を目指すといった状況になるとキャリア形成の大きな妨げとなるだけに注意しましょう。

5.採用されやすい人と、されにくい人の特徴

握手を求める男性

薬剤師の転職においては、ご存じの通り薬剤師が不足しているため苦労をする必要はあまりなかったりします。また、20代後半は転職時期のピークもあり、雇用側は採用したいと思う一番の成熟期となります。

ただ、大手調剤薬局、人気の職場、企業薬剤師などは倍率が高くなりますし、地域によっては薬剤師が不足していない場合もありますので注意が必要です。

 

薬剤師転職で採用されやすい人の特徴


20代後半の薬剤師の転職活動において採用されやすい人の特徴として見られるのは「しっかりとしたキャリアを積んできていること」。この時期になると何度も職場を変えて転々としてきた薬剤師とひとつの職場で着実にキャリアを重ねてきた薬剤師とではっきり分かれる傾向が見られます。

 

転職回数が多いと不利になるのか?


転職回数が多いことが必ずしも不利になるとは限りませんが、異なる職種をいったりきたりを繰り返すなどスキルや知識をじっくり身につける機会を得られない環境で働いてきた場合にはどうしても不利になります。

逆に腰をすえて着実にキャリアを積み重ねてきた人材は雇う側も即戦力としての雇用が期待できますし、長く働いてくれると評価してくれます。

 

20代後半は生活環境も大事!


20代後半で採用されやすい薬剤師は生活環境が安定しているかどうかが大事になります。

実はこの点は20代後半における薬剤師転職の最大のポイントといってもよいでしょう。

女性の担い手が多いこともあり、20代後半の薬剤師は生活環境の変化によって離職・転職のケースが多くなります。そのため雇う側も警戒心を持つことが多いのです。

 

面接では聞かれないが準備は必要

この、雇用側の警戒心は面接などで問われることはめったにありませんが、独身か既婚か、子供がいるかどうかといった点が採用を決める際の大きなポイントになります。結婚や出産による退職の可能性を考えてのことです。

この点は自分ではどうにもならない面もありますが、長く働く気があること、時間の融通がつけやすいことなどを面接の際にアピールしておくと有利になるはずです。

 

将来のビジョンをしっかりと持っていること

将来のビジョンをしっかり持っていることも採用されやすい人の特徴です。5年後、10年後に自分が薬剤師としてどんな環境で活躍しているのか、明確なビジョンを持っているということは応募先の職場で長く働く意志を持っていることになりますし、職場の環境や自分に求められる役割、仕事内容に関してきちんと把握している証にもなります。

この点も面接の際にできるだけうまくアピールすることが採用を目指すうえでのポイントとなるでしょう。

ポイント!

20代後半ともなるとこれまでのキャリアを踏まえたうえで仕事と将来に関して具体的かつ現実的な考えが求められます。その点を考慮したうえで転職対策を行っていきましょう。

6.20代後半の薬剤師キャリアアップの方法と注意点

階段を上る女性

20代後半(25歳~29歳)にもなると薬剤師のキャリアアップの方法にもさまざまなアプローチが可能になります。20代前半とは異なり、それなりに積み重ねてきた知識やスキルがあるため、それを活かしたうえでスキルアップを目指していくことができるからです。

 

20代後半の薬剤師のキャリアアップの方法

まず、キャリアアップの方法として第一の選択肢が転職です。もちろん、現在の職場に対する不満から転職するのではなく、これまで培ってきたキャリアを生かせる職場への転職が大前提となります。

 

1.薬剤師がスキルアップしやすい職場は?

調剤薬局からドラッグストア、調剤薬局から病院薬剤師など、調剤業務の今までの経験を活かしつつより幅広いスキルを身につけることができる職場への転職がお勧めです。

また、血液センターなど特定の分野に特化した職場へ転職し、その分野のスペシャリストを目指すのもキャリアアップのひとつの選択肢です。

 

2.企業薬剤師を目指すキャリアアップ


転職によるキャリアアップではもうひとつ、調剤業務とは直接関わらない職場への転職という選択肢もあります。

MRや治験業務、物流センターなどの仕事です。これまでの薬剤師としてのスキルを活かしつつ、新たな職場で(企業薬剤師として)チャンスを求めるわけです。こうした職場ではコミュニケーション能力や管理能力、事務能力などが求められるため、薬剤師のキャリアを土台により幅広いスキルを身につけていくことができます。

 

3.認定薬剤師の資格取得

キャリアアップの方法の重要な柱となるのが認定薬剤師などの資格の取得です。

この場合、独学で勉強するだけでなく、職場の支援制度をできるだけ利用するのがポイントです。職場によっては支援プログラムを用意しているところもあり、在籍する認定薬剤師からのアドバイスなどを受けることもできます。

 

制度の最大限の活用を

働きながらの勉強が大前提となりますから、こうした制度を最大限に利用しつつ上位の資格の取得を目指していきましょう。

そのほか、各種教育・研修制度など職場が用意する教育制度を利用するのもキャリアアップのよい方法です。キャリアアップの一環として職場にそのような制度を求めて転職する薬剤師もいます

ポイント!

この時期にどれだけ高い意識を持ってキャリアアップに取り組めるかでその後の薬剤師としてのキャリアに大きな差が出てきます。どんな制度も、転機もキャリアの糧にするくらいの気持ちで望んでいくようにしましょう。

 

20代後半の薬剤師転職でのキャリアアップ注意点


20代後半の薬剤師が転職でキャリアアップを目指す際の最大の注意点はこれまでのキャリアを無駄にしないことでしょう。思い切って新天地での再出発を目指す場合でもこれまで培ってきたキャリアを活かせる職場を選ぶことが大前提です。

キャリアを活かせない職場だといくら採用時の給料が高くてもその後の昇給・昇進が思うようにいかない恐れがでてきます。そうならないためにも転職活動の際には求人元に関する情報をしっかり吟味したうえで判断していくことが大事です。

 

1.ワークライフバランスを考えること


ワークライフバランスをよく考えた上で転職先を決めること。この年代はキャリアを取るか、日常生活をとるかの選択が迫られるときです。とくに女性の場合は結婚・出産の可能性も出てくるだけに重要なポイントとなります。

 

失敗するケース

キャリアアップが期待できる職場でも残業や休日出勤が多いといった日常生活への影響が大きい職場だと入職後に結婚などで生活環境が変化した際に続けることができずに退職を余儀なくされてしまうケースも起こりえます。

あくまでキャリアの追及と日常生活を両立できる職場を選んでいくことが大前提です。

 

2.転職するなら生涯働ける職場を選ぶこと

次の転職先が自分にとって生涯の仕事になるくらいの気持ちで転職先を探していくことも大事です。

定年まで勤められる職場を探していくのはもちろんですが、なくともこれから先転職するにしてもこの分野に絞って探していく、くらいの気持ちは必要です。

 

3.20代後半転職でありがちな失敗

20代後半はさまざまな分野、未経験の新天地へ転職する最後のチャンスともいえる時期ですが、もしその段階で自分に合わない職種を選んでしまった場合、次の転職が難しくなります。

理想に燃えて新しい職種にチャレンジしてみたはいいものの、うまくいかずに退職してしまった場合、次の仕事を探すのがとても難しくなってしまいます。そうならないためにも最初の注意点とも関わってきますが、現在の自分のスキルやキャリアをよく踏まえたうえで現実的な視点で転職先を選んでいくことが求められます。

ポイント!

とくにMRや治験業務など薬剤師本来の業務(調剤など)に直接携わらない仕事でキャリアアップを目指す場合には注意しておきたいところです。

7.人気の薬剤師求人サイトの特徴を知っておこう

携帯を持って笑う女性

下記の2つを考えながら転職サイトを選ぶことができれば、比較的転職がスムーズに行きます。

  • 転職地域の非公開求人が充実していること
  • 担当者の質が良くサポートしてくれること

詳しく見ていきましょう。

 

非公開求人は好条件・高給与・高環境のケースが多い

20代後半の薬剤師に人気の薬剤師求人サイトの特徴は非公開求人が充実していることです。一定のキャリアを積んだこの時期になるとこれまでのキャリアを活かしたうえでよりよい環境の職場を見つけるために転職するケースが多くなります。そしてよい条件の求人は非公開求人に集中する傾向があるため、この点が充実しているかどうかが問われるのです。

また、欠員の補充など即戦力を求める求人も非公開の形で行われることも多い点もキャリアアップを目指す20代後半の薬剤師にとって大事なポイントとなります。

 

担当者の質が良い転職会社を比較して選ぼう

それからキャリアコンサルタントによるサポート、とくにコンサルタント業務が充実しているサイト。求人の紹介はもちろん、今後のキャリアや適性を活かした転職を目指すためのアドバイスをしてくれるかどうかが問われます。

コンサルタント力に優れた薬剤師求人サイトではひとりひとりのキャリアや生活環境を踏まえた上で適職をアドバイスし、さらにそれにあった求人を紹介してくれます。この点はとくに薬剤師求人サイトごとに質の差がでやすいので見極める際に重要になります。

この2つのポイントはどこもアピールしているため、最終的には実際に利用してみたうえで比較してください。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事