日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.14
このページを共有する

薬剤師が定年退職後に再就職する際のポイントと注意点

薬剤師が定年退職後に再就職する際のポイントと注意点

薬剤師として定年を迎え、余暇に趣味を見つけて日々過ごす方もいればまだまだ薬剤師として活躍したいと考える方もいます。一般の方の定年後の動向としては今まで仕事をしてきた分のんびりした生活を楽しむ人が多いですが、薬剤師の定年退職後は「まだまだ働きたい」という方もが多いです。実際は定年退職後に再就職して仕事をしている薬剤師はたくさんいます。

しかし働き方などをきちんと理解しておかないと、後々せっかくついた仕事が苦痛になり生活の負担になりかねません。そんなアクシデントが起こらないように、薬剤師が定年退職後に再就職する際のポイントを紹介します。

1.薬剤師の定年退職について

ポイントを説明するしっかり者の女性

定年というと大体の企業が60歳と定めている場合が多く、まだ少ないですが高年齢者雇用安定法の改正により65歳を定年と定める企業もあります。薬剤師の場合定年退職は同じように60~65歳までの間で会社ごとに決められています。

  • 各病院
  • 製薬会社企業
  • ドラッグストアのチェーン企業
  • 公務員と勤務の薬剤師

上記のような働き方をしている薬剤師は60~65歳の定年退職を定められています。

 

小さい規模の調剤薬局の場合の定年

小規模な調剤薬局はお店ごとにオーナーが存在し、定年についてはオーナーが決めます。その場合はオーナーと相談して定年を決めることが可能な勤務先もあります。

2.薬剤師の定年退職後の就職先

ポイントを説明する中年女性

薬剤師は特殊な職業とも言え、定年退職後でも再就職はしやすい傾向にあります。高齢だからこそその経験が重宝される職業なのです。主な再就職先を紹介します。

  • ドラッグストア
  • 各病院
  • 製薬会社企業
  • 調剤薬局

ご覧のように定年を迎えた薬剤師は再就職先もあまり制限されることがないのです。ただし、それぞれ採用基準や規定がもちろん設けられているため、経験者だから再度正社員として積極的に勤務することは難しい職場もありますので注意してください。

 

定年退職後に再就職しやすい職場

定年退職した薬剤師の再就職先を前述しましたが、その中でも再就職しやすい職場があります。

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局
  • 物流センターや物流倉庫

この物流センターについては意外かもしれませんが定年退職した薬剤師にも人気の勤務先です。医薬品の保管・管理をしている物流センターなどでは調剤は行わないものの、薬の専門知識を持つ薬剤師は活躍ができます。

 

調剤薬局に再就職する場合の注意

定年退職後に調剤薬局へ再就職する場合、調剤薬局で働いた経験がないと採用が難しい場合があります。例えば製薬会社に勤めていたけれど調剤の経験は全くない場合などです。調剤経験の有無については再就職には重要な要素になります。

 

ポイント!

調剤薬局経験者は定年退職後してからは再び調剤薬局へ再就職をする人が多いのが特徴です。

 

定年退職後に再就職が難しい職場

基本的に定年後も薬剤師は再就職に困りませんが、比較的難しいとされる職場もあります。

  • 各病院
  • 製薬会社企業

どちらも新しい人材育成に重点を置いているため例え経験者であろうと採用は年齢が若い方が有利になります。パートや非常勤であれば再就職も難しいことはありませんが、求人自体も少ないため採用の倍率は高いです。

3.薬剤師定年退職後の再就職が成功する人

ステップアップ

実は定年退職した薬剤師の再就職では、今までの経験や知識・技術力よりも大事になるポイントがあります。再就職の際に見られるのはズバリ人としての性格が何よりも重視されます。

 

柔軟な判断や対応ができる人

いざ再就職をすると勤務すると仕事のやり方がどんどん変わっていく職場や年下が上司であったりと色々な違いに驚くことや戸惑うことがあります。そんな時に自分の考え方に固執していると職場環境に悪影響を与えてしまうことにもなりかねません。柔軟な考えや対応ができる人は職場にもなじみやすいため仕事も楽しくこなせるでしょう。

 

周りとの協調性がある人

仕事と言わずどんなことに対しても人と協力して生活するうえで協調性は大事になってきます。言わずもがなと思うかもしれませんが経験や知識が豊富だからこそ意地を張ってしまったり、働くうえでシフト調整などが必要な場面も出てきます。周りとあわせることで自分の知識が活かせることを忘れない人は再就職後も重宝されます。

 

自分を主張しすぎない人

仕事のやり方が違うこと、周りのスタッフと考え方を合わせられない薬剤師は若い若くないに関係なく職場ではあまりよく思われませんが、自己主張しすぎる薬剤師もまた然りです。目上の人から「自分の考え方が正しい」と言われるとどうしても威圧感を感じることがあります。意見は言っても言い方を工夫するなどの配慮ができる人は再就職してもうまく職場で立ち回れるでしょう。

4.定年退職後に働ける薬剤師求人の動向

握手を求める男性

定年退職後の薬剤師の仕事事情ですが、60歳以上でも働ける薬剤師求人の動向を多い順から紹介します。

1位調剤薬局
2位ドラッグストア(OTC販売)
3位各病院
4位調剤併設のドラッグストア
5位製薬会社企業など
6位物流センター

 

調剤薬局とドラッグストアは定年を迎えた60歳以上の薬剤師でも働ける職場が多いです。求人数も2位以下と比べ倍近く保有している求人サイトがたくさんあります。これから各再就職先でどんな薬剤師が向いているかお話します。

 

調剤経験者は調剤薬局がおすすめ

定年退職後の薬剤師でも求人数が多い調剤薬局であれば自分の希望条件に近い求人が探しやすくなります。希望条件に近い職場で働けることは生活の充実にもつながります。調剤経験者はぜひ調剤薬局または調剤併設型のドラッグストアの求人を中心に探してみましょう。

 

健康相談や接客販売したい場合はドラッグストアへ

調剤をしていないドラッグストアであれば比較的求人数も多いです。人と接することが好き、お客様の健康相談に乗ったり見合う薬を接客販売してみたいというのであればドラッグストアが良いでしょう。人と話すことはリフレッシュにもなります

 

大手企業などで働きたいと考えるなら病院や製薬会社

定年まで薬剤師として第一線として勤務してきた薬剤師であれば、定年退職後も第一線でなくとも大きな企業に勤めたいと考える方もいるかもしれません。病院や製薬会社などの求人を探すことをおすすめします。しかし、求人数が少ないため、必ず希望条件に近い職場が見つかるとは限りません。

 

働きやすい職場を考えるなら物流センター

定年後の仕事は働きやすい場所が良いと考える薬剤師なら、求人数は少ないですが物流センターが合うかと思います。薬の管理は覚えることは多いですが脳の活性化にも繋がりますので自分の為にもなります。

5.薬剤師定年退職後の再就職で注意すること

薬

定年退職後の再就職についてこれから紹介する3つのポイントについて注意しましょう。例えば1年はゆっくりしてから再就職を考えることも良いことですが、自分が希望する再就職先はブランクがあっても大丈夫なのかというように仕事がライフスタイルにどう影響するかなどを考えることが必要になります。

 

どんな働き方をしたいか考える

薬剤師として定年を過ぎて再就職をするわけですから、仕事のあり方も大きく変化します。再就職時に考えておくと求人も探し約なる方法があります。

  • パートやアルバイトで働く
  • 非常勤など週2~3日で働く

定年退職すると自由な時間が急にできるため働いていないと落ち着かないという薬剤師もいますが、ゆったりした時間ができるからこそプライベートに今までやりたかったことをやり、空いた時間に薬剤師として働くというのも素敵だと言えます。

 

給料は初任給ほどと考えること

長年1つの企業や病院に勤めてきた薬剤師であれば年収や月の給料は世間から見ても高い基準であったでしょう。ですが定年退職後は打って変わってかなり低いと感じるはずです。フルタイムで働いたとしても月の給料は初任給か初任給よりも少ない場合もあります

 

就職先での自分の役割を考えて仕事しよう

人生経験が少ない若い薬剤師から40~50代の薬剤師の仕事を共にすると、どうしても知識を共有したり教えたくなるものです。それを当たり前だと思っていると厄介な人だなと思われてしまいます。再就職した際は職場での自分の役割を考え仕事をしていきましょう。

6.定年退職後の薬剤師求人を探す方法

キーボードを打つ男性

定年退職した薬剤師が再就職先を探すのであれば自分で求人を探すこともひとつの方法ですが薬剤師転職サイトを使うとスムーズに求人が見つかります

 

薬剤師転職サイトの仕組み

薬剤師転職サイトの登録ページに自分の情報を入力し登録が完了すると、その転職サイトの担当者から折り返しの連絡がきます。その連絡してきた方が求人を探すための自分専属の担当者になり、希望に近い求人を自分の代わりに探してくれます

 

担当者に希望条件をきちんと伝えることが重要

スムーズに求人を探す方法は転職サイトの担当者にきちんと自分の希望する条件を伝えることです。担当者は同じような薬剤師を見てきているので、どんな働き方をしたいのか相談するだけでも自分が考えていなかった提案をしてくれたりもします

 

薬剤師転職サイトは複数登録すると良い

この薬剤師転職サイトを複数登録するのもポイントのひとつです。転職サイトごとに保有する求人量も異なります。登録基準はありませんが、初めての利用であれば3つくらいは目的によって使い分けてみるのが良いです。

  • 大手で安心と信頼のある「マイナビ薬剤師」
  • 担当者が親切な「薬剤師ではたらこ」
  • 調剤薬局に興味があるなら「ファルマスタッフ」

60歳以上で未経験優遇の求人はほぼ無いと言われていますが、担当者に相談すれば意外に求人が見つかります。定年後は第二の人生でもありますから、気持ち新たに良い環境で薬剤師の仕事ができるように就職先を見つけてください。 

まとめ

薬剤師は定年退職後もバリバリとは言わず自分のライフスタイルに合った働き方をしている方が多いです。これは薬剤師の特権だと言えます。薬剤師転職サイトも最初は抵抗があるかもしれませんが、求人を見つける上では一番効率の良い方法です。

定年退職後の再就職は決して難しいものではありませんので、ゆっくり働き方を考えて見つけて頂きたいと思います。

 

薬剤師転職求人サイトおすすめ比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事