日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

年収900万円以上の薬剤師求人の特徴と見つけ方!

年収900万円以上の薬剤師求人の特徴と見つけ方!

一般薬剤師の中で「高給取り」とされる場合で年収約700万円。それ以上となるとなかなか一般薬剤師という立場では難しいのが現実で、年収900万円以上となると薬剤師プラスアルファ、何らかの肩書きを持っている職員でなければまず不可能と考えられます。

このページでは年収900万円の薬剤師はどのような薬剤師なのか、特徴は、求人の探し方は?などの項目でお伝えしていきます。

1.年収900万円以上の薬剤師はどんな人

胸元に手を当てる女性

薬剤師の年収は平均して600万円、どんなに頑張っても700万円で頭打ちとなるとされています。

勿論大手製薬会社の研究職など薬剤師の中でも非常に専門性の高い仕事に就けば年収900万円以上も可能になりますが、そんな事例はごくわずかです。

大抵の薬剤師は調剤薬局やドラッグストアで自分の業務に励んでいます。

ではその中で年収900万円以上をたたき出すことのできる薬剤師とは、どんな薬剤師なのでしょうか。

 

ドラックストアのエリアマネージャークラス

実は同じ「ドラッグストア勤務の薬剤師」であっても、役職によって年収に大きな差があります。一般の薬剤師であれば年収600万円台で頭打ちとなる場合でも、管理薬剤師や店長となると年収800万円台も可能。

そして店長から更に「エリアマネージャー」に昇格すれば、年収900万円以上も可能になってくるのです。

 

エリアマネージャーの仕事内容とは?

エリアマネージャーとは、大手チェーンの調剤薬局やドラッグストアの各エリアを統括する責任者で、該当するエリア内のチェーン店の運営に関すること全てを本部と各店長との間に立って決めていくのが仕事です。

例えば人事異動や売上成績を上げるためのイベントの企画開催、新商品の導入計画、新しい出店候補地選び、親店舗が軌道に乗るまでのサポートなどが具体的な仕事となります。

 

薬剤師として役職に就けるのはごくわずか

お気づきの通り本来の薬剤師業務に就くことは殆どなくなり、代わって管理能力や統制力、企画運営力などが求めれらることになるため、薬剤師本来の仕事がしたい人にとっては仕事内容に魅力を感じないかもしれませんが、そのような仕事に関心のある人、仕事内容よりとにかく給料!というタイプの人には魅力的な仕事となるでしょう。

 

ポイント!


エリアマネージャーとはお店そのものではなく本部に雇用される形態になりますから、エリアマネージャーを目指してドラッグストアのチェーン店に就職したとしても、本部からの直接雇用でなければエリアマネージャーまで登りつめることができないかもしれません。

それで前もって雇用者はどこなのか、もっと平たく言えば将来的にエリアマネージャーになれる可能性があるのかどうか、調べておいた方が良いでしょう。薬剤師求人サイトを利用すればそのような情報収集が可能になります。

 

2.年収900万円以上の薬剤師求人の特徴

お金に埋もれるビジネスマン

年収900万円以上として考えられるのは、以下の通りです。

  • 大手ドラッグストアのエリアマネージャー
  • 大手薬局のエリアマネージャー
  • 大手製薬会社の研究職
  • 大手製薬会社の部長クラス

例えば大手チェーン薬局やドラッグストアのエリアマネージャー場合は、本部から派遣されて自分が担当するエリアにあるチェーン店を統括するのが仕事ですから、各店の店長ちょりも高い立場にあると言えます。

エリアマネージャーまで昇進できれば年収900万円越えも可能とされていますから、とにかく給料重視、という人はこれを狙って大手チェーンの薬局やドラッグストアを目指すわけです。

 

3.年収900万求人の見つけ方

パソコンで求人を探す女性

年収900万円の求人は通常見つかりません。そのため、大手ドラッグストアチェーン店や大手薬局の求人を狙う必要が出てきます。

ただし、ドラッグストアや薬局の求人で最初から「エリアマネージャー募集」などと掲げているところはまず見つからないでしょう。

エリアマネージャーという仕事上、大抵の場合チェーン店勤務を経験し、店長を経て働きが認められて初めてエリアマネージャーに昇格させてもらえるからです。つまりそのチェーン店の勤務経験のない転職者が途中からいきなりエリアマネージャーに抜擢されるということは殆どないのです。

 

どのように求人を探していくか?

エリアマネージャーを目指したい場合、どんな求人を探せば良いのでしょうか。

エリアマネージャーの可能性を秘めた求人の特徴として1つ挙げられるのは、「管理薬剤師募集」となっている求人です。管理薬剤師も本来元々一般薬剤師として働いていた人の中から選ぶのが普通ですから、これを転職者の中から探すというのは新たにオープンした新店か、能力重視でどんどん新しい人を育てていこうと考えている業績上昇中の企業である可能性があります。

そうであれば、管理薬剤師から店長へ、そして成績がよければエリアマネージャーへ、というステップも十分考えられます。同様に、「店長候補」「経営層候補」などと書かれている場合も期待できます。「候補」ですから当然初任給の時点で年収900万円というわけにはいきませんが、自分の手腕次第で数年後にはそれも可能になると考えて良いでしょう。

 

4.年収900万円以上の薬剤師求人の探し方

虫眼鏡を持つ女性

年収900万円以上の薬剤師として挙げられるものの1つは、大手チェーンの薬局やドラッグストアのエリアマネージャーですが、一般的な求人情報誌などから「薬剤師エリアマネージャー募集!」などといった求人はなかなか見つからないでしょう。エリアマネージャーに繋がり得る求人として「店長候補」「経営者候補」といった募集もありますが、これでさえ自分の望むエリアや勤務条件にも該当しているものは殆ど見つかりません。

それでエリアマネージャー求人の探し方としてお勧めなのが、薬剤師求人サイトに登録することです。薬剤師求人サイトに登録すれば一般では知られていない非公開求人情報も紹介してもらえますし、「スカウト機能」のあるサイトなら自分のスキルを登録しておくことで、逆に企業側から「マネージャーとして働いてくれないか」とスカウトされる可能性さえあるのです。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事