日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

転職で有利に!薬剤師が取っておきたいスキルアップ資格

転職で有利に!薬剤師が取っておきたいスキルアップ資格

皆さんは、薬剤師としてスキルアップするために何かしていることがあるでしょうか。また、スキルアップについて考えたことはあるでしょうか。せっかく薬剤師になったのでから、少なからずその資格を十分に活かさないともったいないですよね。また、薬剤師の場合、キルアップするのとしないのでは、給与の面に関しても大きく変わってきます。そのため、積極的にスキルアップのための努力をすることをお勧めします。

そこで今回は、転職でも有利になる薬剤師が取っておきたいスキルアップ資格について詳しくご紹介します。

 

 

薬剤師が取得しておくと転職で有利になる資格とは?

スキル

転職をする際には、誰もが好条件の求人を選びます。そのため、好条件の求人というのは、とても倍率が高くなっています。そこで、高倍率の求人を勝ち抜くために転職に有利となり、なおかつ、薬剤師としてのスキルアップにもつながる資格についてご紹介します。

 

NR・サプリメントアドバイザー

NR・サプリメントアドバイザーというのは、独立行政法人国立健康・栄養研究所が認定する資格で、消費者に対して健康食品・サプリメントに関する正確な情報や専門的観点から評価し、適切なアドバイスを行うことができる者と認定される資格です。この資格を持っていることで、製薬会社や化粧品会社などに転職する際に、有利に働きやすくなっています。

有料にはなりますが、繰り返し視聴できる公認の通信講座もありますので、時間が空いたときなどにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

ヘルスケアアドバイザー

上記で紹介したNRやサプリメントアドバイザーとよく似た資格に、日本チェーンドラッグストア協会が認定しているヘルスケアアドバイザーが挙げられます。ヘルスケアアドバイザーとは、薬のことだけでなく、病気の予防となる食事や運動、生活環境などの情報や知識を患者さんなどに適切に提供することができる人に与えられる資格です。

資格を取得の流れとしては、資格取得のための養成講座を受け、その後認定試験を受ける形になっています。こちらの資格も調剤薬局やドラッグストアなど接客のある薬剤師の仕事で役立てることができます。

 

公認スポーツファーマシスト

公認スポーツファーマシストとは、スポーツにおけるドーピングを防止することを主な目的とし、(公財)日本アンチ・ドーピング機構が制定したものです。薬剤師資格を所有していれば、所定の課程を修めることで、資格を取得することができます。

ドーピング防止規則に関する正確な情報と知識を持ち、競技者やスポーツ愛好家の人たちに、薬の適切な使用方法を指導することが認められるものであるため、スポーツ店や運動系のサプリメントを扱う企業などへの転職を考えている薬剤師の方は、資格取得を目指しましょう。

 

アロマセラピスト・メディカルアロマセラピスト

近年、女性の薬剤師の間で取得が増えているのが、日本メディカルアロマテラピー協会が認定しているアロマセラピスト・メディカルアロマセラピストの資格です。もともとアロマが好きで、資格を取得している薬剤師の方もいますが、薬剤師としての業務の幅を広げるために資格取得を目指している薬剤師の方も多くいます。

例えば、妊婦などの薬が飲めない人や薬が苦手な患者さんなどに、薬の代わりとして癒しやリラックス効果を与えることができるため、薬剤師の知識と併用して取り入れることで、患者さんにより良いサービスの提供を行うことができるのです。そのため、産婦人科や小児科などに併設した調剤薬局などに転職を考えている薬剤師の方は、転職の際に十分なピーアール材料となります。

 

ビューティーケアアドバイザー

女性薬剤師のレベルアップ資格としてお勧めしたいのが、ビューティーケアアドバイザーの資格です。この資格は、日本チェーンドラッグストア協会が認定しているもので、ドラッグストアなどで扱っている美容品などの成分などを学び、お客さん一人一人にあった美容商品を提供したり、美容品に関する様々な悩みを聞きアドバイスする力を持つことを証明されるものです。近年は、ほとんどのドラッグストアで美容品を取り扱っているため、この資格を保有していることでドラッグストアへの転職が有利になります

 

漢方アドバイザー

ビューティーケアアドバイザーと同様に、日本チェーンドラッグストア協会が認定している資格に、漢方アドバイザーという資格があります。この資格は、漢方の効果や成分などの知識を取得することで漢方の美容や健康に活かせる正しい情報を身につけ、一般生活者にその情報を提供、指導するといもので、近年、東洋医学などに興味を持つ人が増えている影響もあり、薬剤師以外の職種でもこの資格取得を行う人は多くなっています。薬剤師の職場でいうと、ドラッグストアや漢方を取り扱う企業などに転職する際には、この資格を保有していると有利に働きます。

 

MR認定資格(医薬情報担当者)

MR認定試験は、MR認定センターが認定している資格で、医療知識向上のために設けられた自主認定の資格です。そのため、この資格がなければMRができないといったことはありませんが、持っていないよりかは、知識を証明するものとして有効であるため製薬会社などのMRへ転職を考えている方は、取得しておくことをおすすめします。

 

日本臨床薬理学会認定CRC試験(治験コーディネーター/CRC)

すでに治験コーディネーターとして勤務している薬剤師の方のスキルアップとしてお勧めしたい資格が、日本臨床薬理学会認定のCRC資格です。CRC認定試験には様々な種類がありますが、このCRC認定資格が、CRC認定資格の中でも特に難易度の高い資格になっています。やはり、歴史と権威ある日本臨床薬理学会が推奨しているだけあって、多くのCRCや薬剤師が資格の取得を目指しており、CRCとしてキャリアを積んでいきたいと考えている薬剤師にとっては取得必須の資格になっています。

 

まとめ


今回は、薬剤師が転職する際に有利となる資格についてご紹介しました。その資格が転職で有利になるかどうかは転職をしたいと思っている職場によって、変わってきますが、どの資格も薬剤師のスキルを向上させるという点においては、取得していて損はありません。そのため、キャリアアップを考えている方は、ぜひ上記の資格取得にチャレンジしてみてください。

また、今回は資格取得でのスキルアップをご紹介しましたが、スキルアップの方法は、資格以外にも、セミナーに参加したり、働く環境を変えたりと幾つかあります。そのため、自分にあったスキルアップ方法を見つけてぜひ、薬剤師としてのキャリアを磨くと良いでしょう。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事