日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

薬剤師の転職面接時に好印象を与える逆質問例と避けたい質問例

薬剤師の転職面接時に好印象を与える逆質問例と避けたい質問例

薬剤師の転職面接の際にも、逆質問が与える影響はとても大きいです。どんな病院や企業の面接でも、面接の最後には「何かご質問はありますか。」と必ずと言っていいほど質問されます。

そして、この答えこそが面接の最後に自分をアピールするためのチャンスであり、内定を勝ち取る最後のチャンスです。そのため、必ず何かしらの質問はするという事を肝に銘じましょう。

本番を迎えた際に、最後まで自分をアピールできるように面接前に確認していくことをおすすめします。

1.面接官に好印象を与える逆質問とは?

面談風景

どんな面接の際にも必ずといっていい程、逆質問の時間が用いられています。この逆質問によって内定を勝ち取るためにはどんなことを意識しておけば良いのでしょうか。それでは、見ていきましょう。

 

調べれば分かる質問は逆効果

「御社の福利厚生はどのようになっていますか。」「会社や病院の従業員数を教えて下さい。」というような質問は、ホームページや求人などを調べるとすぐに分かります。こういった質問をされると面接官は、自分で調べられることは調べてから面接に望んでほしいと思うのが普通です。そのため、こういった質問は避けた方が良いです。

 

好印象に繋がる逆質問のポイント

逆質問をする上で重要なのは、仕事に対していかに意欲的な姿勢をアピールできるかという事です。その点を意識した上でどんな点に注意すればいいのかというと。

  • 自分の長所や強みをアピールする
  • 働く事に対していかに意欲的であるかを示す
  • 労働環境や労働条件を逆質問して興味を示す

という事が挙げられます。面接の状況に応じて逆質問の種類を使い分けることをおすすめします。とはいっても面接の時間内に得た情報と同じような内容の質問をしてしまうと話をきいてなかったと思われてしまいます。そのため、面接前にいくつか逆質問を頭の中に入れておきその中から選択して質問することをおすすめします。

2.薬剤師転職で面接を突破するパターン別逆質問

前向きな女性

こちら側から積極的に逆質問をする事で、仕事に対する不明点を解決したり、自分の仕事へのやる気をアピールしましょう。自分の志望する病院や会社についてもっと知りたい!という姿勢を面接官に見せましょう。逆面接ではあくまでも仕事に対する前向きな気持ちが重要です。

 

やる気をアピールできる逆質問

逆質問によってやる気を見せるコツは、具体的に仕事の中身を聞く事です。例えば、勤務先の仕事内容や社員構成などは採用側に好印象を与える事ができますしかし、事前に調べられる内容であるとマイナス評価に繋がってしまうので注意も必要です。

 

質問内容は具体的なものが効果的

会社の概要や職種などはすでに聞いているはずのため、入社後をイメージし、どんな職場でどんな業務をするのかという所を具体的に質問してみましょうスキルアップのために何が必要かという質問も働きたいという意欲が現れるため良い質問です。しかし、会社の内情を探るような質問や自分が受かったかのような態度での質問はマイナスになるため控えましょう。

 

やる気を見せる逆質問の例

やる気を見せる逆質問とはどういったものがあるのでしょうか。下記に逆質問の例を挙げますので、参考にしてみてください。

  • 仕事をする上でもっとも大切にすべき事は何でしょうか。
  • 病院が成長していった理由をお教えください。
  • 今回の応募者に一番求めている事はどのような事でしょうか。
  • もし内定を頂けたら、入社までに準備しておくべき事はございますか。
  • 成長していく上で必要になるスキルは何があるでしょうか。
  • 私と同年代で入社し、その後活躍している方でどんな事例がありますか。
  • 現在のビジネスモデルに至る経緯を教えて頂けますか。
  • 御社のビジネスモデルのポイントはこれですが、この強さの秘密は何ですか。

以上は、あくまで例になります。そのため、質問を行う際は、面接時の雰囲気や、面接官の対応などを見極めて行いましょう。

 

自分の長所をアピールできる逆質問

逆質問では、自分の長所がいかに面接先で役に立つかという事をアピールすることもできます。そのため、自分のアピールポイントを質問の中に織り交ぜていきましょう。

 

自分の長所を事前に整理しておこう

どんな面接においても長所として大切なことは、「積極性」「責任感」「協調性」です。私は、何事も最後までやり抜くのですが、などと自分の長所を先に述べた後に質問をすると面接官に良いイメージを与えやすいです。この質問で終わりになってしまうため、面接の中でアピールしきれなかった部分を強調して伝えるようにしましょう。

ポイント!

自分の持っている資格を出して、御社で役立てたいという思いを込めると良いでしょう。

 

謙虚な態度でアピールすることが大切

面接の最後のため、沢山アピールをしなければと思えば思うほど態度が大きくなってしまう場合がありますそのため、自慢げな態度で自分の実績などをひけらかしてはせっかくのアピールチャンスを無駄にしてしまいます。私はこういうことができますと言い切るよりも、こういった事を活かして働きたいのですがという風に言葉を選んで謙虚な気持ちで対応しましょう。

ポイント!

逆面接で自分の長所をしっかりアピールできるように、面接前までには自分の長所を整理しておくことをおすすめします。

 

長所をアピールできる逆質問例

長所を見せる逆質問とはどういったものがあるのでしょうか。
下記に長所を見せる逆質問の例を挙げますので、参考にしてみてください。

  • 体力には自信があるのですが、勤務時間について教えて下さい。
  • 前職ではこういった実績を残しましたが、御社では通用しますか。
  • 私は粘り強い性格なのですが、どのような資質が必要ですか。
  • こういった資格を持っているので、御社の仕事で活かしたいのですが。
  • 今までこういったキャリアを積んできました。御社でこのキャリアを活かすためには何が足りませんか。

上記を参考にどのように質問すれば、自分の長所をアピールできるか考えてみてください。

 

聞きづらい労働条件を聞き出すための逆質問

自分が病院や企業で働くにあたって重要なのが、労働条件です。労働条件を確認しておくことは大切なことですが、まだ採用が決まっていない段階であれこれと質問するのは採用側にマイナスの評価を与えることになります。

 

残業や休日の質問は危険

面接官に対して、残業や休日に関する質問をすると、この人は仕事をやりたくないのでは。というマイナスのイメージに受け取られる恐れがあります。そのため、前職では何時間くらい残業をしていた、月に何回ほど休日出勤をしていたということを伝えた上で質問すると自然の流れで質問をする事ができます。

 

聞き方にも注意点が必要

面接の際には、ストレートに残業時間はどれくらいですかと聞くのはよくありません。そのため、仕事の繁忙期はいつですかなど聞く視点を変え自身で残業時間を推定しましょう。そして、給料に関して質問する際にも注意が必要です。あまり細かく質問してしまうと採用側はこの人は仕事よりも給料に関心があるのだなと判断してしまいます。そのため、具体的な金額を確認するのではなく、他の社員のモデルケースや昇格システムについて質問しましょう。

 

聞きづらい労働条件を聞き出すための逆質問例

聞きづらい労働条件を聞き出すための逆質問とはどういったものがあるのでしょうか。下記に聞きづらい労働条件を聞き出すための逆質問の例を挙げますので、参考にしてみてください。

  • 御社では、私くらいの年齢の場合平均年収はいくらくらいですか。
  • 仕事の繁忙期はいつですか。
  • 年末年始やお盆休みは、どのような勤務になっていますか。
  • 前職では週にこれくらい残業をしていましたが、御社では平均どれくらいですか。

ストレートに聞くというよりも、少し柔らかみをもって質問することが重要になってきます。

3.薬剤師の転職面接でやってはいけない逆質問とは?

バツを手で作る

病院や企業に転職される薬剤師の面接の際に好印象になる質問について紹介してきました。では、これはやってはいけないという逆質問はどんな内容なのでしょうか。面接官にマイナスな印象を与えるような逆質問をしないように確認しておきましょう。

 

やりがいというワードが入った逆質問はNG

答えにくい質問をしても、自分のアピールにはならずただ面接官を困らせてしまうだけです。質問をしたのにもかかわらず、「はい」「いいえ」「人によります」という程度の答えしか返ってこないことになってしまうため非常にもったいないです。面接官に漠然とした質問を投げかけないために、「具体的な内容にする」「相手に焦点をあてた質問をする」ということに注意すると良い質問になります

ポイント!

面接官にとって、答えやすいような質問だと好印象です。

 

普通すぎて面白くない逆質問

今とっさに思いついたような質問をしてしまと、場つなぎのための質問であると判断されてしまいます。普通すぎる質問は、面接官からしても面白みがないためこの人を採用したいという所に繋がりません。大変なところ、楽しい所などという質問は、面接官によって変わってくることのため意味がない質問になってしまいます。

ポイント!

面接官が答えやすい質問と、安易な質問を一緒にしないように注意しましょう。

 

面接官が退屈する逆質問の例

面接官が退屈する逆質問とはどういったものがあるのでしょうか。下記に面接官が退屈する逆質問の例を挙げますので、参考にしてみてください。

  • 同業他社との大きな違いはなんですか。
  • 1日の仕事の流れを教えて下さい。
  • 有給休暇は初年度は何付与されますか。
  • 長期休暇はとれますか。
  • 1年を通じてどのような仕事がありますか。
  • 年間休日は何日ありますか。
  • 仕事で大変なことはなんですか。
  • 仕事で楽しい事はなんですか。
  • 残業代は全額支給されますか。

上記のような逆質問は、面接官を退屈させてしまう場合がありますので、注意しましょう。

まとめ

薬剤師の転職面接の際に、逆質問を求められた際の対応方法を紹介しました。いかがでしたでしょうか。

面接とは、面接官が質問をするのが普通になっていますが、その中での逆質問という場は私たちにとって最後に自分をアピールできるチャンスです。

「特にありません」とすぐに終わらせず、ここぞとばかりに質問してみて下さい。逆質問一つで合否が決まる場合も少なくありません。これから薬剤師として転職面接に望む方は是非参考にしてみて下さい。

大切な事は、謙虚な姿勢で意欲をみせることです。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事