日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

薬剤師が臨床開発モニター(CRA)求人へ転職する場合の4つの確認事項

薬剤師が臨床開発モニター(CRA)求人へ転職する場合の4つの確認事項

薬剤師が治験業界へ転職するパターンとしては、治験コーディネーター(CRC)の他に臨床開発モニター(CRA)があります。

臨床開発モニターとは「Clinical Reseach Associate」の略であり、臨床試験、つまり治験が正しく適正に行われているかどうかをリサーチする、モニタリング業務を行うのがその主な仕事です。

このページでは薬剤師が臨床開発モニター(CRA)求人へ転職する際の注意点や確認してほしい事項を4つのポイントに分けて説明しています。転職を考える場合はチェックしてみてください。

1.薬剤師がなる臨床開発モニターの仕事・役割

病院

CRAは自分が所属するCRO(医薬品開発業務受託機関)や派遣会社から派遣され、製薬会社が開発した新薬の治験が問題なく終了するまでその製薬会社の窓口となって働きます。

具体的には、治験を依頼した医療機関へ赴き、CRCの協力を得ながら治験の経過をモニタリングしていきます。

 

(1):臨床開発モニター(CRA)の主な仕事内容

臨床開発モニター(CRA)の仕事は治験が適切に行われるよう治験の開始前から終了までを製薬会社サイドからサポートすることです。いわば製薬会社の代わりに治験現場へ赴き、その一部始終に関わって正しく行われるようサポートし、その結果を製薬会社へ持ち帰るのです。

まず治験開始前には、治験を依頼する医療機関や医師の調査を行い、問題なく治験を行えそうだと判断すれば治験を依頼、治験実施計画や費用、補償などの確認をして治験契約を結びます。その後治験薬を交付、医療スタッフやCRCに対し治験実施計画の説明を含めた勉強会を実施します。

いざ治験がスタートすれば、実施計画に沿って行われているか、違反がないかを確認するモニタリング業務に入ります。これが臨床開発モニターの最も主要な仕事であり、これを行った後モニタリング報告書を作成し、製薬会社へ提出しなければなりません。

また万が一治験薬によって重篤な副作用が起きた場合、その対応や有害事象の報告書作成の支援も臨床開発モニターの仕事になります。

治験が終了すれば、医師の作成した症例報告書や関係文書などに問題がないかを確認し、製薬会社へ持ち帰ります。新薬の申請処理や医薬品機構の書面・実地調査が終了すれば、1つの治験業務が終了したことになります。

 

(2):製薬会社サイドから治験をサポートする役割がある

CRCがどちらかというと医療機関サイドから治験をサポートするのに対し、CRAは製薬会社サイドから治験をサポートするという役割があります。

最終的に無事治験が終了したなら、その結果報告を製薬会社へ提出すべく、治験を実施したドクターが作成した症例報告書(CRF)を回収し、製薬会社へ渡します。

ポイント!

以前はCRAは製薬会社に所属する、つまり製薬会社の社員であることが多かったのですが、現在では第三者的な立場でモニタリング業務を行うことができるよう、CRAの所属企業もCROや派遣会社へと移行しました。

薬剤師からCRAへの転職を考えている人は、薬剤師求人サイトに依頼すれば、CRAの求人情報を紹介してもらうことができます。

 

(3):治験終了後の業務スキルも必要!

治験が終了した後には記録をまとめたり、報告書を作成するなどの仕事内容もあるため、薬学の知識や経験を活かすだけでなく、書類作成能力や、わかりやすい書類を作成するためのスキルなども必要となります。

ポイント!

薬剤師として専門的な知識があるだけでなく、治験においても専門的な知識やデータ管理能力があることが臨床開発モニターに求められるので、薬剤師求人を探す際にはそうした点を踏まえながら面接に臨みましょう。

 

(4):CRAの薬剤師求人の平均年収・給与

製薬会社の治験に携わる臨床開発モニター(CRA)のお仕事は、調剤薬局や病院へ勤務して調剤業務をメインの職務とする薬剤師にとってはキャリアアップのお仕事ですし、憧れの仕事にもなっています。

平均年収は製薬会社によっても異なりますし、薬剤師としてどのぐらいの経験や知識があるのかによっても異なりますが、給与やボーナスを含めた平均年収は470万円~600万円程度が一般的と言われています。

臨床開発モニターを目指す薬剤師というのはそれなりの志しをもってのことが多いので、何も年収が全てということはありませんが、それでも大幅に下がってしまっては生活にも支障がでてしまいます。

 

最初のうちは年収が下がる可能性がある

実際のところ、CRAの初任給は、大卒で年収300万円程度という数値が出ていますから、大手調剤薬局やドラッグストア出働いていた薬剤師であれば、臨床開発モニターへ転職することで最初のうちは年収が下がってしまう可能性があります。しかしこれはあくまで初任給の話です。

 

昇給していけば年収が上がる可能性もある

あらゆる年齢層や勤務先を含めたCRAの平均年収は600~700万円と言われていますから、その後順調に昇給していけば薬剤師を続けているより高収入になる可能性が高いと言えます。

具体的に年齢別に平均年収を挙げてみますと、20代後半では年収400~500万円、30代では500~600万円、40代になると700万円以上になると言われています。

ポイント!

ただし、臨床開発モニターという業種はただ年齢を重ねれば昇給していくというわけではありません。経験や実績など臨床開発モニターとしての能力が重視されますから、同じ年齢でも年収が何十万円も違うということもありえます。

中にはまずCRAとしての経験を積んでから、更に給料の良い企業へ転職するという方法で年収アップを果たしている人もいるでしょう。

 

ボーナス期待は大手製薬会社を選ぶべき

その中でも、ボーナスの金額は製薬会社によって大きく異なり、大手製薬会社の場合にはボーナスの支給額も大きいですし、外資系製薬会社の場合には能力に見合ったボーナスが支給されることも多くなります。

そのため薬剤師としてのキャリアアップや能力を最大限に生かして仕事をこなしたいという人なら、能力重視の製薬会社の薬剤師求人を見つけて、臨床開発モニター(CRA)として働くという方法も良いでしょう。

ポイント!

薬剤師求人サイトを活用しながら仕事探しをすれば、希望や条件に合った仕事を瞬時に絞り込むことができるので、効率的な転職活動ができます。

 

(5):薬剤師がCRAになって大変だと思う事ランキング

薬剤師からの転職希望先として人気の高い臨床開発モニターですが、実際に仕事をしてみると大変なことも沢山あります。

そこで実際に臨床開発モニターとして活躍している人たちの意見を参考に、臨床開発モニターになって大変なことをランキング形式でピックアップしてみました。

 

第10位:遅れやミスは許されない

治験という人の命に関わる仕事である為、遅れやミスは人道的に許されないという点もプレッシャーとなります。

 

第9位:ノルマがある

CRA個人にノルマが課せられることはあまりありませんが、企業としてはノルマが課せられることが多いため、結局はCRAへの負担となりプレッシャーとなることがあります。

 

第8位:英語力が必要になることもある

近年ではインターナショナルな治験も増えているため、英語能力が求められることも多くなりました。TOEIC700点レベルを目指して英語の勉強にも励んでいるというCRAも少なくありません。

 

第7位:日程管理調整

出張が多く治験の進捗状況に沿って業務をこなしていかなければならないCRAは、自分の日程を管理し、必要な時には調整を加えていくという柔軟さも求められます。

 

第6位:症例エントリーの進捗

極端に言えば製薬会社が望むデータを持ち帰るのがCRAの仕事ということになるのですが、思うように症例が出ず予定以上に遅れているとプレッシャーとなります。

 

第5位:残業が多い

治験終了間際や繁忙期などは残業になりやすく、出張に行くとデスクに仕事が溜っていたということも珍しくありません。

 

第4位:人間関係のストレス

CRC程ではないと言われるものの、CRAも医師や担当する製薬会社、CRCとの間に立って話を進めていかなければならず、板ばさみとなることもあります。また医師の中には難しい人もいるため、上手にコミュニケーションを取るのに苦労することも少ないありません。

 

第3位:医学的知識が必要

担当領域に関しては医師と対等に話せるほどの医学的知識が求められます。そのため常に進歩する医学分野についていく為に常に勉強し続けなければなりません。

 

第2位:とにかく忙しい

治験の始まりから終了までの流れに沿って、こなしていかなければならない仕事が山ほどあります。治験業界には繁忙期と閑散期があり、繁忙期になると休む暇なしの激務となります。

 

第1位:出張が多い

あらゆる医療現場へ派遣されるCRAは、宿泊・日帰りの場合も含めて週の半分は出張になります。女性CRAの場合、生理の日と重なるとこれが余計に辛いという意見もあります。また子育てを含め家族との時間も取りにくくなります。

ポイント!

以上が臨床開発モニターになって大変だと思うことの代表的なものですが、実際に働いてみるとそれぞれの企業や治験現場によって更に違う苦労や悩みもあることでしょう。

臨床開発モニターになるにあたってどんな点を覚悟しておいた方が良いのか、詳しいことは薬剤師求人サイトの担当のコンサルタントさんに尋ねてみることも大切です。

2.薬剤師がCRAに転職する心構え

メディカルレポート

臨床開発モニターと聞くと、医療現場で治験の現場監督をするというイメージがあるためか、医療系の内勤で治験の様子を見守っていれば良いと想像する人も少なくありません。

しかし実際の臨床開発モニターはそのようなイメージとは程遠いものですので、薬剤師から臨床開発モニターへの転職を考えている人は、まずCRAに対する心構えをしておかなければ、イメージと現実のギャップにとまどい長く続けることができなくなる可能性もあります。

 

その他の仕事を行っていた時よりも忙しくなる

まず臨床開発モニターの仕事は、単に治験の様子を座って見守るというようなものではありません。医療機関の調査や契約交渉、治験計画の説明会やデータ管理、有害事象への対応など手際よく順次こなしていかなければならない業務が山ほどあります。

薬剤師時代より忙しくなると覚悟しておいた方が良いでしょう。治験現場の管理責任者という立場上、様々な仕事と責任が委ねられることになるのです。

 

出張は日常茶飯事

また臨床開発モニターは、実際には「医療系の内勤」などではありません。派遣される治験現場が複数あり、あちこちを飛び回るアクティブな仕事になります。
出張も日常茶飯事と覚悟しておきましょう。乗り物酔いするタイプの人は何らかの対策を練っておく必要があります。

その他、CRAになるための心構えとしてどんなことが求められるのか、薬剤師求人サイトの担当のコンサルタントさんに相談してみることをお勧めします。

 

CRAの退職理由ランキングベスト10をチェック!

薬剤師から臨床開発モニターへと転職したものの、様々な理由から退職した、あるいは退職せざるを得なかったという人もいます。

では臨床開発モニターの退職理由としてどんなものが多いのか、ランキング形式で取上げてみましょう。

 

第10位:薬剤師に復帰できない

一度CRAとして働くとなると、もう薬剤師としての仕事は一切しなくなるため、薬剤師としてのスキルは落ちていきます。CRAになったものの、やはり薬剤師としてのスキルも落としたくないという人は結果として辞めざるを得なくなることもあります。

 

第9位:勉強が苦痛

CRAは担当分野においては医師と対等に話ができるほどの医学知識が求められ、このためには常に勉強し続ける必要があります

また近年では英語力も求められるようになっているため、これらの勉強をしている時間がない、あるいは勉強自体が苦痛になってきたという人もいます。

 

第8位:給料に対する不満

CRAの平均年収はCRCと比べてもかなり高いものになっていますが、基本的に能力重視の世界ですから、CRAとしての働きを認めてもらえなければ、年収も頭打ちとなり、思ったほど昇給しないということもあります。

 

第7位:ノルマによるストレス・プレッシャー

基本的にCRAにノルマが課されるということはありませんが、CRO企業に対してノルマが課されることは珍しくなく、結局はそれがCRA個人へのプレッシャーとなることがあります。

 

第6位:委ねられる責任によるストレス

臨床開発モニターは1つの治験を管理する責任者のようなもの。特に間違いがあれば人の命にも関わる危険性のある現場が治験ですから、その責任は非常に重いものとなります。この責任から来るストレスから退職に到ることもあります。

 

第5位:人間関係

CRO企業内における人間関係もありますが、CRAには医療スタッフやCRCたちとのコミュニケーションが不可欠で、中には難しい医師がいたりと、治験現場での人間関係に悩まされることもあります。

 

第4位:激務による過労

基本的に土日祝日はしっかり休みが取れるとは言え、週中の仕事量は生半可なものではありません。出張が多いことから来る体力的消耗も大きく、過労が原因で続けられなくなる人もいます。

 

第3位:もっと給料の良いCROへ転職

臨床開発モニターの場合、経験や能力が高く評価され転職にも有利になるため、まず薬剤師からCRAへと転職し、経験を積んだ後もっと給料や条件の良いところへ転職するという人もいます。

 

第2位:出張が多すぎる

臨床開発モニターは週の半分は出張となり、場合によっては泊まりがけになることもあります。このため家庭との両立が難しくなって退職に到るというケースも珍しくありません。

 

第1位:結婚・出産

薬剤師のように女性の多い資格取得者が臨床開発モニターに転職する例は多く、CRAとして働いていたものの結婚や出産に伴ってやむなく離職するというパターンが最も多いです。

この点は今後子育て支援などのサポートをつけることで離職率を下げようという動きが活発になり、減少していくことが期待されます。

3.臨床開発モニター(CRA)へ薬剤師転職するメリット・デメリット

チャンジ

病院や薬局以外の職場として薬剤師に人気なのが、「臨床開発モニター」です。CRAとも呼ばれる臨床開発モニターは、以前は製薬会社の社員の中から選ばれ治験を依頼する医療機関へと派遣されていましたが、この分野が段々製薬会社から切り離され、1つの職業として医薬品開発業務受託機関から派遣される専門職として確立されました。比較的新しい職業とも言えますので、様々な可能性を秘めていると期待できます。

 

臨床開発モニターへ転職する薬剤師のメリットとは

臨床開発モニターへ転職する薬剤師のメリットとは一定どのようなことがあるのでしょうか。

 

カレンダー通りの休みが取れ、夜勤の必要もない

臨床開発モニターになるメリットはいくつかありますが、まず以前病院やドラッグストアなど土日祝日関係なしの勤務だった薬剤師にとっては、カレンダー通りの休みが取れるという点が挙げられます。治験案件によっては土日出勤になる場合もあるとはいえ、そのような案件はごく稀です。

また夜勤の必要もないので、家族を持っている薬剤師にとっては家族との時間をきちんと取れるようになるのが何よりのメリットになるでしょう。

 

昇給の可能性がある

以前どこに勤めていたかにもよりますが、CRAは同じ治験業界のCRCと比べると高年収になる傾向にあるため、転職によって年収がアップする可能性もあります。特に薬剤師はある時点から年収が頭打ちになると言われますが、CRAの場合は能力や経験次第で大幅に昇給する可能性を秘めている点が魅力でしょう。

また新薬の開発に携わることから来るやりがいや達成感も、CRAになるメリットと言えます。

 

臨床開発モニターへ転職する薬剤師のデメリット

臨床開発モニターへ転職する薬剤師のデメリットとはどのようなことがあるのでしょうか。転職を考えている薬剤師は必ず確認しておきましょう。

 

仕事量が(以前よりも)多くなる

薬剤師から臨床開発モニターに転職するデメリットを幾つか挙げてみますと、まず仕事量が多いという点が挙げられます。

例えば調剤薬局に勤めていた薬剤師であれば渡された処方箋に沿って調剤し、患者さんに薬の説明をする、というある意味一定作業の繰り返しでした。しかしCRAは1つの治験に対し、その始まりから終わりまでをサポートするためにあらゆる業務を1人でこなしていかなくてはなりません。

医療機関の調査・選定、契約、治験計画の説明、モニタリング、有害事象への対処、症例報告の確認などなど、次々と発生する業務全てに対応していかなければならないのです。1つの仕事に集中したいタイプの薬剤師には向いていないかもしれません。

 

繁忙期には残業や休日出勤になる可能性がある

治験業界は繁忙期と比較的仕事の少ない日とがあるため、繁忙期に入るとてんてこ舞いになり、残業や休日出勤になってしまうことがあるのもデメリットです。

また、これは製薬会社勤務と比べての話ですが、CRAはあくまで完成した薬を治験に通すまでが仕事になるので、新薬の開発に携わりたい人にとっては物足りない仕事になる可能性があるのもデメリットでしょう。

ポイント!

またCRAは、所属するCROや派遣会社から様々な製薬会社→医療機関へと派遣されます。あちらこちらへと飛び回らなければならないのがCRAであり、遠方への出張もしばしばです。出張の苦手な人、例えば乗り物酔いするタイプの人などはこれが辛くなる可能性があります。

4.臨床開発モニター(CRA)への転職注意点

比べる女性

臨床開発モニター(CRA)として転職する際には、いくつか注意点があります。まず、これまで臨床開発モニターとして働いた経験がない場合には、待遇や勤務条件、給与など、こちら側の条件はできるだけ妥協して、未経験者でも可のお仕事を探すことが必要となります。

 

臨床開発モニターになるために必要な資格は?

臨床開発モニターとは治験が適切に行われているかどうかをモニタリングする仕事であり、非常に特殊な仕事とも言える為、臨床開発モニターになるには何かしら資格が必要なのでは、と思われるかもしれません。しかし現時点では法律的に臨床開発モニターになるために何らかの資格が求められているわけではありません

 

薬剤師経験があれば資格は不要で転職は問題ない

極端な話、何の資格も持っていなくても、企業が「今日からキミには臨床開発モニターとして働いてもらう」と言えば、その日から臨床開発モニターを名乗ることができるわけです。

しかしやはりその仕事上、医学・薬学・生物学における専門知識は必要になるため、それらの知識を持つ専門職なら臨床開発モニターへの転職もそれだけ有利になります。薬剤師を始め、看護師、MR、臨床検査技師、管理栄養士といった資格を持つ人たちが、臨床開発モニターとして活躍している場合が多いのです。

また近年では、新薬の開発に際して国際的な治験が必要になることもあり、英語力のある人は臨床開発モニターとしても重宝されます。

TOEICで言えば700点レベルだとそのような治験の際にも活躍できると言われています。しかし勿論これも臨床開発モニターとして活躍するために不可欠な資格というわけではなく、あくまで採用の際に有利になるというレベルです。ただし英語力があれば、転職後の年収もアップする可能性が高いでしょう。

ポイント!

外資系の企業ですと英語力に長けている人は適しているでしょう。外資系の場合は国際的な治験を行うところもあるため、臨床開発モニターが海外と英語でコミュニケーションを取ったり交渉までも行う場面があるからです。

求められる英語力のレベルというのは、企業によって違いがありますが、日常会話以上の英語力があることが必要となることが多いでしょう。

 

CROによる募集を探す必要がある

第三者的な立場から臨床開発モニター業務を行うべく製薬会社から切り離され、現在ではCROと呼ばれる医薬品開発業務受託機関がCRAを募集し、社員を製薬会社に派遣して、その製薬会社から治験現場へと派遣されているのです。

従って薬剤師から臨床開発モニターへの転職を考えている人は、CROによる募集を探さなければなりません。

ポイント!

CRO求人を探すには、人材派遣会社に登録し、CROから臨床開発モニターの求人が出ていないか探してもらうか、薬剤師求人サイトに登録し特にCRAの仕事を探していることを伝えて該当する案件がないかを探してもらうかの、2通りの方法が考えられます。

 

応募の求人倍率は高いことを理解する

臨床開発モニターの仕事は薬剤師だけでなく看護師などにとってもキャリアアップの仕事となるため、少ない求人に対して大勢が応募することになります。

給料が高かったり条件が良いお仕事は経験者が優先的に採用されるので、まず最初は条件が少しぐらい悪くても臨床開発モニターとしての経験が積めるチャンスをくれる転職先を見つけると良いでしょう。

ポイント!

臨床開発モニターのお仕事は、治験のモニタリングをするだけではなく、治験が正しく行われているか検証を行ったり、一つ一つのプロセスで確認作業を行ったりすることも職務となります。細かい作業や膨大なデータをまとめる管理能力も必要になりますから、集中力は欠かすことができないお仕事といえます。

 

臨床開発モニターの求人はハローワークでは見つけれない

臨床開発モニターの求人はハローワークで見つけることはほぼできません。臨床開発モニターというのは、医師や看護師であったり薬剤師といった医療系の資格を持っているとはいえ、その他の仕事をすることになるからなのです。

 

臨床開発モニターは派遣の仕事が多い

臨床開発モニターは、医療分野を扱っている人材派遣会社に登録をすることで、派遣されて仕事をしています。

そして、医療を専門としている職業紹介所から紹介をしてもらい、医療を扱っている企業や病院などで正職員となり仕事をしている人もいますし、『受託臨床試験機関』や『治験施設支援機関』に正職員として採用されているというパターンもあることを覚えておきたいです。

医療を専門としている職業紹介所を利用する場合は、医療系の企業であったり病院で正社員として働くと前述しましたが、医療を専門としている職業紹介所は臨床開発モニターの良い求人を探してくれる可能性が高いことから、利用する人も多いです。

ポイント!

医療系を扱っている人材派遣会社に登録して働く場合には、『派遣スタッフ』という立場になります。それでも、派遣スタッフの今後についてもしっかりと見据えてくれる会社ではないところもあります。人材派遣会社と契約をするならば、そういった点にも気を付けましょう。

 

薬剤師求人サイトへの登録がオススメ

ただ普通の人材派遣会社ではCRAのような特殊な求人を取り扱うことが少ないため、あまり期待できませんから、やはりお勧めは薬剤師求人サイトということになるでしょう。医療関係に特化した求人サイトですから、独自の情報網からCRAの求人を見つけ出してもらえる可能性があります

また案件を紹介してもらう際には、年収や待遇以外に、その企業がどのような教育サポート体制をとっているのかなどの条件も確認しておくことをお勧めします。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事