日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

製薬会社で働く薬剤師が任されるMR・DI業務に必要な能力とは

製薬会社で働く薬剤師が任されるMR・DI業務に必要な能力とは

薬剤師に人気の転職先の1つとして製薬会社が挙げられるのではないでしょうか。人気の理由は、大手の製薬会社は福利厚生も充実していますし、医療の最前線で働くのはやりがいがあるためです。

ここのページでは、製薬会社で働く薬剤師のMR・DI業務についてと業務に必要な能力についてご紹介いたします。

1.製薬会社のMR・DIの業務内容について

薬

製薬会社のMR業務とは「医薬品の情報提供」

製薬会社のMR業務とは、その名のとおり医薬品の情報提供を行うことが主な仕事となります。医師などにその薬のデータのエビデンスや副作用情報、作用機序などを詳しく質問されることがあるので、高い薬学知識と深い専門性を持つことが必要になってきます。

製薬会社のDI業務とは「膨大な数のある医薬品の情報を扱う専門職」

薬剤師として、転職先を考える際にDI業務という言葉に触れることは少なくないのかもしれません。日々進化する薬品の情報を頭にインプットする必要がある仕事です。

2.MR業務に必要な薬剤師の能力について

化学

1つ目は、医薬品の安全使用のために医師や薬剤師・看護師などへの医薬品情報の提供や、医療現場で起きた副作用や有害事象を自社へフィードバックするといった、貢献的な仕事内容です。

2つ目は、自社の医薬品をより多く医療現場で使用してもらうためのセールス活動やプレゼンを行う営業的な仕事内容になります。

 

製薬会社のMRとして働くにはMR認定試験に合格する必要がある

厳密には持っていない場合も働くことは可能なのですが、試験に受からないと出入りが制限される病院などもあるので、持っていることがほぼ必須であると言えるでしょう。

薬剤師資格を持っている場合、試験3種類のうちの2種類が免除となるので有利です。

 

製薬会社のMR営業に向いているのは人と接するのが好きな人

営業を任された場合、早朝から医局や医薬品卸会社へ赴いて卸会社の営業担当から情報収集や打ち合わせをする場合が多く、夜も医師の学会の手伝いや打ち合わせ・会食などで遅くなる場合があるので、朝にも夜にも強い体力のある外交的な人が向いています

数年で担当地区が変わる場合もあるので、新しい地域に早くなじめるような切り替えの早さも大切です。

 

製薬会社のMR営業では自社製品についての知識を深く持つことが求められる

基本的には自社で取扱いをしている医薬品についてのみ、医師などを相手にして医薬品の情報提供を幅広く行うことがメインの仕事です。自社の薬を使ってもらうためには、深い知識と営業力が必須です。

ちなみに価格に対する決定権はほとんどの企業でないものとされています。

3.DI業務に必要な薬剤師の能力について

オーケーサインを出す女性

DI業務の仕事内容は、治験や臨床試験によって回収された臨床報告書を管理したり、正確な医療情報を提供することになります。

そのため、一般的には、調剤業務とは異なる部署として配置されていることがほとんどなのです。

 

製薬会社に入社した場合対象とする方は医療従事者の方だけではない

製薬会社のDI業務担当は薬剤師に情報を提供することがあり、それは、大規模な病院に勤めるDI業務を行っている薬剤師に情報を提供する場合になります。

また、直接薬剤を使用している一般の方の問い合わせを受ける場合があり、その際わかりやすく説明することも求められます。

そして、製薬会社のMRの営業活動のための資料を提供することもあるため、資料作成をしたり時にはプレゼンテーションをすることも必要となるのです。

 

製薬会社のDI業務を行うにあたり必要な能力とは

医薬品の知識を扱う能力だけでなく、事務処理能力だったり、情報を処理する能力だったり、コミュニケーションをする能力が求められます。

そのため、日々、新しいことを吸収できる好奇心だけでなく、社会人としてのスキルも多く求められているのです。

 

まとめ

薬剤師が製薬会社に転職する場合、外資系製薬企業の実力主義の世界で自分を試したいといった前向きな理由で転職を考えるひとが多いのも特徴です。MRは知力や体力、コミュニケーション力も必要な大変な仕事です。

しかしその分、お給料に関しては高い場合が多く、外資系企業や営業成績の良い場合などは年収1000万も夢ではない世界です。また、医師の処方にも大きく影響を与える場合もあり、医療業界への貢献という意味でも非常にやりがいがあり、薬剤師資格を存分に発揮することのできる仕事です。

興味がある方は、薬剤師専門転職サイトに登録してみるのも良いかもしれません。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事