日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

パート薬剤師の仕事内容とは?派遣薬剤師との違い

パート薬剤師の仕事内容とは?派遣薬剤師との違い

医療系の専門職というのはかなり人気があります。今は先行きに不安がある時代になっていて、仕事を探すにも資格がある仕事の方がスムーズに決まりますし、長く勤められると捉えられるものです。そういったこともあって、多くの人が医師や薬剤師、看護師などの仕事に就こうと努力をするのです。

中でも女性がずっと続けられる専門職としては薬剤師が人気です。これはかなり前からそういった傾向にはあったのですが、大学の薬学部で専門的な知識を得て、資格を取ることでできるようになる仕事なのです。

ですが、日本には潜在薬剤師と呼ばれる薬剤師の資格を保持していながらも、薬剤師として働いていない方が多くいます。

理由は人それぞれですが、主に、家庭との両立が難しいという声や、ブランクがあり復職に不安があるという声が多くなっています。

ですがせっかく薬剤師の資格を持っているのですから、患者さんやお客さんのためにその資格を活用してみませんか。ここでは、女性薬剤師に人気のあるパートという働き方について説明します。

1.パート薬剤師の仕事内容

胸元に手を当てる女性

パート薬剤師として働く際には、どのような仕事を行うのでしょうか。正社員とパートでは仕事の内容も変わってくるのでしょうか。一概にパート薬剤師の仕事と言っても、勤務先によって大きく異なります。

そのため、ここでは、薬剤師の働く職場として多くなっている、調剤薬局、ドラッグストア、病院での薬剤師の仕事内容についてご紹介します。  

 

調剤薬局で働くパート薬剤師の仕事内容

薬剤師のパート求人のほとんどは、調剤薬局です。調剤薬局のパート薬剤師の仕事内容としては、正社員の薬剤師と大きく異なることはなく、大きく分けて「調剤・監査業務」「服薬指導」「薬歴管理」が主な仕事となります。

また、この他の業務としては、患者さんの受付や接客、会計、処方箋の疑義照会などが挙げられます。  

 

ドラッグストアで働くパート薬剤師の仕事内容

薬剤師のパート求人で、調剤薬局の次に多くなっているのが、ドラッグストアです。ドラッグストアでのパート薬剤師の仕事内容としては、お客さんの症状や相談に合わせたOTC医薬品を含む薬の販売や服薬指導、その他商品の販売、陳列、在庫管理、一般のお客様への接客業務などが主な仕事内容となっています。 ドラッグストアでも正社員の薬剤師と仕事内容の面では大きく異なるところはありません。

ですが、業務実績や経験が豊富な薬剤師の場合は、現場の責任者や新人教育、シフト管理などの業務を担当することもあります。  

 

調剤併設型のドラッグストアの場合

近年増えている調剤併設型のドラッグストアでパート薬剤師として働く場合には、主な仕事内容が調剤業務になることが多くなっていますので、どちらかというと調剤薬局のパート薬剤師と仕事内容があまり変わらなくなっています。  

 

病院で働くパート薬剤師の仕事内容

病院のパート薬剤師求人は、求人自体がなかなか出ないのが現状です。というのも、もともと病院の薬剤師求人の枠自体が限られており、正社員薬剤師の求人自体も少ないため、パートでの募集はさらに少なくなります。

また、病院の場合は夜勤専門で募集している場合も多くなっています。 病院のパート薬剤師が行う仕事としては、調剤、製剤、注射調剤、医薬品に関する情報管理、DI業務、外来化学療法、救命救急、治験など、その他にも多くの業務があり、それぞれ薬剤師が分担して業務を行っています。

2.パート薬剤師の平均時給とは?

お金を持つ女性

一般的にパート薬剤師の給与は時給で支払われることが多くなっています。また、薬剤師の場合はパートであっても比較的、他の職業と比較して、高時給になっていることが多くなっています。

ここでは、パート薬剤師の職場別の平均時給について説明していきます。  

 

調剤薬局のパート薬剤師の平均時給

調剤薬局のパート薬剤師の平均時給は1800円〜2200円になっています。ですが、都心や地方の僻地などにある調剤薬局では、時給2600円以上の高時給な求人もあります。

また、大手調剤薬局のパート薬剤師求人では、スポーツクラブや健康診断、保養施設などを無料、または従業員価格で使用することができるなど福利厚生が整っている求人も多くあります。  

 

ドラッグストアのパート薬剤師の平均時給

ドラッグストアで働く薬剤師の平均時給は2000円〜2400円になっています。調剤薬局に比べると100円〜200円ほど平均時給が高くなっているため、時給面で考えるとドラッグストアでの勤務がオススメです。

ですが、立地によっては、調剤薬局と同等、またはそれ以下であることもありますので、注意が必要です。  

 

病院でのパート薬剤師の平均時給

病院でのパート薬剤師の平均時給は1800円〜2200円になっています。

病院の場合、時給は他の職場のパート薬剤師より低めですが、残業がなかったり、パートでも福利厚生がついたりと制度がしっかりとしている職場が多くなっているため、自分のペースで働きたいといった方には、病院での勤務がオススメです。

3.パート薬剤師として働くメリット

さわやかな笑顔の女性

薬剤師が正社員ではなく、パートとして働くメリットとは何があるのでしょうか。子育て中の薬剤師などがパートという働き方を選ぶ理由が見つかるかもしれません。確認してみましょう。  

 

復職・就職しやすい

パートの場合、正社員薬剤師に比べて復職、就職しやすいと言えます。なぜなら、正社員を採用するよりも求人側にかかるコストや負担が少なくなっているからです。

正社員の場合は、採用することで、ボーナスや、様々な手当などが求められます。 そのため、混雑する時間だけ人数を確保したいと言った求人先等では、ピンポイントで働いてもらえるパート薬剤師を採用し、採用コストを抑えるといったケースが増えており、パートでの勤務は、正社員として入社するよりもハードルが低くなっています。  

 

長期雇用で正社員になるチャンスもある

大手の調剤薬局や病院などに正社員として入社するのは、倍率も高く、難しい時があります。

ですが、パートであれば正社員に比べると、採用のハードルがあまり高くなく、長期的に仕事をこなすことで正社員への雇用の道につながることもあるので、着実にステップアップをしたい方や基礎からやっていきたい人などには向いています。  

 

勤務時間の融通がきく

家庭と仕事を両立させたいと言った薬剤師には、パートという勤務体系がオススメです。なんといっても、勤務時間の融通がきくからです。

パートの薬剤師求人の中には、午前中だけの勤務や、週1日からOKの求人も多くあります。そのため、子供が幼稚園や学校に行っている間だけ働くといったも可能になっています。  

 

職場の異動や転勤がない

パート薬剤師の場合、正社員のように職場の異動や転勤はありません。そのため、自宅の近くや子供の通う保育園や学校の近くの職場で働きたいといった方にはオススメです。

 

社会保険や福利厚生を受けることもできる

週に30時間以上パート先で勤務する場合や勤務先の定めた規定をクリアしている場合には、パートであっても社会保険や福利厚生を受けることができます。

 

お試しで働くことができる

パートの場合、正社員と比べると抱えてる仕事の量や責任が軽くなっており、入職した職場に不満がある際などやめたくなった時には、比較的、辞めやすいと言えます。

つまり、復職したいけど、ブランクがあって不安といった薬剤師の方など、お試しで働いてみるという手もあります。

 

勤務地によっては正社員より稼げる

パートと聞くと、どうしても正社員よりも給与が低いように感じがちですが、時給換算にした場合や、勤務地によっては、正社員よりも稼げる場合があります。

例えば、正社員の場合は、月収制である職場が多いため、残業代がある程度を超えると出ないと言った職場もありますが、パートの場合は基本的に時給制なので残業自体もない場合が多く、あったとしても時給として給与が発生します。

また、地方の僻地や都心の職場になると、時給が3000円以上のパート薬剤師求人もあるため、正社員でなくても十分に給与が稼げます

4.パート薬剤師として働くデメリット

自宅で悩む女性

パート薬剤師のデメリットとしては、賞与がでないため、生活費としては十分に稼ぐことが難しかったり、辞める際に勤務期間に限らず退職金がでないといったことが挙げられます。

また、仕事内容も比較的簡単なことを担当する場合が多いのでモチベーションやキャリアを積んでいきたい人や、とにかくお金を稼ぎたい人には不向きな場合もあります。  

 

生活が安定しない

求人先の経営が上手くいっていない時や、お客さんが少ないときなどには、まず最初にパート薬剤師の給与が減ったり、クビになったり、シフトを入れてもらえなかったりします。

これは、どうしても仕方がないことですが、給与が安定的に入ってくる保証がないため、生活に安定を求めている薬剤師や、家庭の生活費を自分が支えているといった薬剤師にはパートでの働き方はオススメできません。  

 

責任のある仕事は任せてもらえない

パート薬剤師の場合、長期で仕事をしていたり経験や実績があるなど、ある程度の信頼度がなければ、在庫管理や新人教育など管理系の仕事や経営にかかわる仕事など責任のある仕事は任せてもらえません。

そのため、責任のある仕事にチャレンジして経験を積みたいという薬剤師などが、パートとして勤務すると、モチベーションが保てなかったり、やりがいを感じられなかったり、やりたい仕事ができないという我慢をしなければならないと言ったことが考えられます。  

 

正社員との人間関係に悩みやすい

パート薬剤師はパートであっても正社員と同じ「薬剤師」という資格を所有していることには変わりありません。しかし、正社員の中には、どうしてもパート薬剤師を下に見る人もいます。

もちろん、そのようなことは一部の職場ですが、薬剤師の場合、どうしても少人数の閉鎖的な空間での仕事が多くなっているため、雇用形態の違いという面での人間関係で悩むことが多くなっています。  

 

ボーナスや手当がもらえない

正社員とパートやアルバイトの違いとして、ボーナスや手当がもらえないという点が、大きくあります。もちろん、これは勤務形態からしても仕方のないことですが、給与面で考えると大きな差になります。

薬剤師の場合、正社員と仕事内容が大きく異なるという職場は少ないため、そういった面では不満に思う薬剤師の方も多くいらっしゃるかもしれません。

5.パート薬剤師に転職する際の注意点

注意点を伝える女性看護師

 いざ、パート薬剤師に転職・復職する際には、いくつか注意しておきたい点があります。入職してから後悔しないように確認しておきましょう。  

 

24時間営業の職場は休みが取りづらい

近年は、調剤薬局やドラッグストアなどで、24時間営業の職場が増えてきています。そういった職場では、忙しい時期になるとパートであっても残業を求められることがあります。

もちろん、断ればいい話なのですが、一緒に働く従業員に迷惑がかかると考えて、なかなか断れない薬剤師もいます。  

 

高時給求人には注意が必要

パート薬剤師の求人を見ていると、こう時給の求人が多く見られます。ですが、高時給のところでは人手不足で忙しかったり、時間外労働があったりすることもありますし、エリアが僻地である場合もあります。

たくさん収入を得ようと思ったら、それなりに譲歩することも考えなければならないのが現実であることは覚えておきましょう。

例えば、土日の勤務があったり、営業時間が遅くまでになっていて、遅い時間のシフトに入ったり、一時間あたりの処方箋の枚数がかなり多かったり、担当する薬剤師が少ない状況で仕事をしなければならなかったりすることもあるでしょう。

6.薬剤師のパートと派遣の違いとは?

天秤と女性

パートやアルバイト、派遣の女性薬剤師として転職することを考えて、求人を見てみても具体的に仕事内容はどう違うの。条件はどうなっているのと不安に思う人も多いのではないでしょうか。

そこで、薬剤師のパートやアルバイト、派遣の違いについてまとめていきます。

 

働き方は変わらないが派遣薬剤師の方が給与が若干高め

派遣ですが、薬剤師は人材派遣会社に登録し、ドラッグストアや病院などで薬剤師として働きます。こちらもパートと同様、給与は時給で支払われることがほとんどです。

また属する会社を通して休みや雇用契約の希望を出すので、自分のペースで働くことができます。

 

派遣もパートと同様に働き方次第では正社員と変わらない給与に

給与は大体2300円から2800円とされており、時給2300円で8時間を月に20日間はたらくのを12ヶ月続けた場合、年収はおよそ441万になります。

また時給2500円で8時間を月に20日間はたらくのを12ヶ月続けた場合、年収はおよそ480万円となり、時給2800円で8時間を月に20日間はたらくのを12ヶ月続けた場合は年収はおよそ537万円となります。

このように時給も比較的高いことや自分のペースで働くことができる点はメリットとして大きいです。

 

派遣の場合は派遣会社の雇用になる

アルバイトやパートと派遣で特に給料が著しく異なるというわけではないのですが、アルバイトやパートは自分からアプローチをすることが多く、派遣は会社を通します

薬剤師に転職をしたいという方はどちらの雇用形態が自分と合うのか、よく考えて仕事を、選ぶことをおすすめします。

まとめ

今回はママ薬剤師に人気のパート薬剤師についてご紹介しました。パートという働き方は、勤務時間や勤務期間に融通が効くため、家庭と仕事を両立させたい薬剤師にはピッタリです。

また、給与自体も比較的高時給なため、働き方次第では正社員よりも稼ぐことが可能です。 しかし、その反面、正社員のように安定的な仕事ではないため、経済面や経歴面でデメリットとなる場合はあります。

そのため、メリットやデメリットをよく理解した上で、自分にあった雇用形態を見つけるようにしましょう。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事