日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと

未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと

通常の薬局などと同じように、製薬会社な医薬品の卸業者などには、管理薬剤師がいます。これは、薬事法によって、必ず、1人以上管理薬剤師を設置することが義務付けられているからです。 

企業の管理薬剤師の仕事は、医薬品の管理や行政への対応、新薬の申請などが主な仕事内容となっています。

また、管理薬剤師の場合、他の業務と兼任する場合も多く、あらゆる知識が求められます。ですが、企業管理薬剤師は、やりがいも感じやすく、給与も高額である場合が多いため、求人倍率がとても高く、薬剤師に人気の転職先になっています。

そこで、ここでは、未経験で企業薬剤師に転職する際に知っておきたい6つことについてご紹介しています。

 

1.企業の管理薬剤師の仕事・業務内容とは?

ガッツポーズするメガネをかけた女性

企業の管理薬剤師の仕事・業務内容は、調剤薬局や他の職場の管理薬剤師とほとんど変わりません。

通常、管理薬剤師というのは、各職場での基本的な薬剤師としての仕事にプラスして、新人教育や業務指導、医薬品の管理、監督、その他デスクワークなどが仕事・業務内容になっています。

 

企業管理薬剤師ならではの仕事・管理業務

企業管理薬剤師の主な職場は、薬局や、民間医療機関、製薬メーカーや医療メーケーなどになり、企業により、企業管理薬剤師の仕事・業務内容も少しずつ異なります。

ですが、一般的には、医薬品の整理、管理、また、認可許可の申請、MRや新人薬剤師への指導などが主な仕事・業務内容になっている企業が殆どです。

企業管理薬剤師になるには、通常の管理薬剤師に加えて上記のような、さらに多くの知識を求められることが多くなっています。そのため、企業管理薬剤師の多くは、企業で薬剤師として何年か勤務したのち、企業管理薬剤師としてキャリアアップしている人が多くなっています。

 

薬剤師仕事と管理業務の兼任

企業の管理薬剤師には、幅広い仕事・業務内容が求められます。特に大手企業になると、職種も増えるため、職種を把握をするだけでも大変です。

薬剤師としての知識や技術を生かした業務はもちろんですが、それ以上に、教育や管理といった管理業務も増えてくるため、仕事の幅が大変広いと言えます。

 

2.企業管理薬剤師の年収は?給与事情

日本円を数える

企業管理薬剤師への転職を考えた際に、気になってくるのが給与に関してです。

企業の薬剤師の年収は営業職で約700万〜800万円前後と言われていますが、その管理をする管理薬剤師はどれくらいの給与をもらっているのでしょうか。

 

大手企業の管理薬剤師は1000万円越え!

企業の管理薬剤師の平均年収は、企業によっても異なりますが、中小企業で約600万〜700万、大手企業になると約1000万円代になります。

そもそも、企業の薬剤師求人自体が一般的な薬剤師の給与より、高くなっていることが多いため、その管理を行う管理薬剤師の給与も高額になる場合が殆どです。

また、企業管理薬剤師の求人を見ると、高待遇のところが多く、住宅手当や、育児手当なども整っている求人が多くなっています。

 

3. 薬剤師が転職するメリットについて

前向きな女性

薬剤師が企業の管理薬剤師に転職するメリットとは一体どのようなことがあるのでしょうか。

 

休みが取りやすいなど高待遇な求人が多い

企業の管理薬剤師の場合、基本的に企業の休みや福利厚生が適用されるため、土日、祝日休みであることが多くなっています。

また、その他にも、有給休暇日数が多かったり、育児手当などの福利厚生が充実していたり、企業の管理薬剤師の求人は、高待遇の条件であることが多くなっています。

 

新薬の開発に携われる

製薬会社などでは、新薬の開発などを行う業務もあります。そのため、管理責任者は、そう言った新薬の開発の指導や、新薬の申請を行ったり新薬の開発に携わることができます。

特に新薬の申請は、管理薬剤師の許可が必要となってくるため、とても責任が重いですが、世の中に新薬を送り出すという、薬剤師に取って大きくやりがいを感じる瞬間があります。

 

次の転職や復職の際に有利な経験値

企業の管理薬剤師は、なりたい人が多い反面、なかなか求人がないのが現状です。また、求人が出たとしても倍率が高くなっている場合が多く、なかなかその職につける人はいません。

そのため、企業の管理薬剤師という経験があるだけで、次の転職の際には、面接官に一目置かれるでしょう。また、企業の管理薬剤師の場合、出産や育児などで会社を辞めても、復職しやすい環境を整えている企業が多く、薬剤師としてのキャリアアップを目指すのであれば、目指したい職種になっています。

 

4.薬剤師が転職するデメリットについて

頭が痛い女性

管理薬剤師は、通常の薬剤師業務よりも、教育や管理といった業務が多くなってきます。そのため、自分だけではなく、常に幅広い範囲で物事を考えなければなりません。

 

薬剤師としての責任が重い

管理薬剤師というのは、企業で働くすべての薬剤師の管理、教育、指導を行わなければなりません。そのため、部下のミスも自分のミスになります。

また、薬剤師だけでなく、医薬品の管理や新薬の申請手続きなど間違えると重大な責任を問われることを、いくつも抱えることになるので、気の弱い人やストレスを感じやすい人にはとても苦痛になる場合があります。

 

残業が多い期間もある

管理薬剤師は、休みがきっちり取れるイメージですが、日によっては、残業を行わなければならないことも多くあります。例えば、自分が管理している薬剤師が1人でも残業をしていたりしたら、監視、監督の責任があるため、先には帰れないといったこともあります。

また、納期のある仕事や、研修の資料づくりなども行わなければならならないため、勤務時間内に仕事が終わらず、自宅で仕事をやるというという管理薬剤師の薬剤師も多くいます。

 

人間関係が複雑になりがち

管理薬剤師というのは、職場で働く薬剤師をまとめる責任ある仕事です。特に企業の場合は、薬剤師の職場の中でも、様々な職種の人が働く場所になっています。

そのため、多くの人と接する機会が多く、人間関係も複雑になりがちです。特に、年上の部下などを始動することも多くなっているため、ひがみなどから、悪口を言われたり、嫌がらせをされたりされ、悩む薬剤師も多くいます。

 

5.企業管理薬剤師に転職する際の注意点

勉強する女性

企業管理薬剤師に転職する際には、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。転職に失敗しないように事前に確認しておきましょう。

 

常に勉強できるかどうかが大切

医薬品などは、時代の変化とともに日々進歩し続けています。そのため、薬剤師を取りまとめる管理薬剤師は常に、医薬品の新しい情報を取り入れ、職場の薬剤師の指導に活かす力が求められます。

向上心がある薬剤師にはオススメの職種ですが、のんびり穏やかに勤務したいという薬剤師には向いていません。

 

求人の倍率が高い

企業の薬剤師求人は、とても人気があるため求人の倍率が高くなっています。また、その中でも少ない管理薬剤師の求人は、さらに少なくなっており、求人の倍率がとても高くなっています。

そのため、企業管理薬剤師に転職しようと思っていても簡単にできないということを肝に銘じておきましょう。転職期間は、在職中に行うか、少し長めに考えておくと良いでしょう。

 

6. 企業管理薬剤師求人の探し方とは

パソコンを使う女性

いざ、企業の管理薬剤師になったとしても求人がなければ意味がありません。しかし、企業の管理薬剤師求人は中々ないのが現状です。では、どのように企業管理薬剤師の求人を探せば良いのでしょうか。

 

行きたい企業のHPをチェック

すでに行きたい製薬会社が決まっている薬剤師の方などは、その製薬会社のHPを見てみると良いでしょう。リクルートページ(採用ページ)などに採用情報や求人情報が記載されていることがあります。

ただし、求人が出てもすぐに埋まってしまうため、随時見ておくことが大切です。

 

薬剤師転職サイトを活用する

中々求人の出ない、製薬会社など企業の管理薬剤師ですが、薬剤師専用の転職サイトを活用することで、効率的に転職先を見つけることができます。

 

大手の薬剤師転職サイトがオススメ!

転職サイトの中でも、企業の管理薬剤師を探すのであれば、CMなどで紹介されているような大手企業が運営している薬剤師転職サイトがオススメです。

なぜかというと、大手企業が運営している薬剤師転職サイトは、求人側に取っても求人をお願いするのに安心でとても魅力的だからです。また、運営会社と求人を出している会社が企業同士の繋がりを多く持っている可能性が高く、そこにしかない企業管理薬剤師の薬剤師求人などもあります。そのため、自分では見つけることのできない求人も薬剤師転職サイトでは、簡単に見つけてもらえる場合があります。

 

 まとめ:しっかり転職対策をして転職成功させよう!

管理薬剤師の仕事は、薬剤師の仕事よりも教育や管理業務が主な仕事になってきます。

ですが、企業の管理薬剤師の場合いは、他の薬剤師の職場と比べて、職種が豊富になっているため、そう言った管理業務の他にもさらに幅広い業務を求められます。

業務は大変ですが、高待遇の求人も多く新薬の開発にも携われるため、転職を考える薬剤師にとても人気の職場になっています。

そのため、企業管理薬剤師に薬剤師に転職しようとお考えの方は、しっかり転職対策をすることが大切です。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事