日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

薬剤師が公務員として働く職場は、公立病院の他にも各都道府県の薬務課であったり、保健所や研究施設、上下水道局などがあります。薬剤師は衛生や化学について学んでいるため、様々な配属先がありますし、環境部局と衛生部局とに大別されます。

このページでは公務員薬剤師を目指す方、転職を希望する方に確認してほしい内容をすべて掲載しているページです。

1.公務員薬剤師の仕事内容について

メディカルレポート

公務員として薬剤師が働く場合の仕事内容についてご紹介いたします。主に、公立病院、保健所、本庁(役所)、教員委員会(学校保健技師)、県の薬務課、企業局(水道や下水道の水質管理)、食品・環境衛生監視員や環境衛生指導員、麻薬取締員、都道府県警察本部に属する科学捜査研究所などが該当します。

 

(1):環境部局の場合の薬剤師の仕事

環境部局の場合は、大気や水質の汚れを調査して指導をします。色々な廃棄物が正しい廃棄の仕方を指導することも業務内容です。また新たな飲食店を開店させる許可についての業務も行っています。

 

(2):衛生部局の場合の薬剤師の仕事

衛生部局では、食品の衛生に関わることや公衆浴場や理美容店などを調査、指導することが業務です。さらに、医薬品を製造している業者や薬局を立ち入り調査することもあります。また、新たな薬局を開設するための許可をする業務を担うといったものもあります。

最近では麻薬や覚せい剤、危険ドラッグなどが簡単に手に入ってしまう様な場所もあります。そういったことから、若い人などが薬物に汚染されることを懸念して、講演活動などを依頼されることもあります。

 

(3):その他の薬剤師の仕事

他の業種では自衛隊での薬剤管理や警視庁の麻薬取り締まりであったり、市役所で薬に関する相談を受けるということもあります。中には、国家公務員として薬事についての法令を作ると言う仕事もあり、これは国家公務員1種か2種の試験に合格することが前提ではあります。

地方公務員である保健所の職員の場合は、希望の部署に配属になるわけでもないものの、3年ほどのサイクルで異動していくので、様々な知識やスキルが身に着くでしょう。

2.公務員薬剤師の平均年収・給与・退職金について

給与計算

薬剤師が公務員として働く場合の平均年収などはどのようになっているのでしょうか。公務員の薬剤師というのは、年収が『医療職俸給表(二)』にある給与の規定に従って決められています。基本給の他にも『扶養手当』や『地域手当』などといった各種の手当もプラスされて、それにボーナスも含めた額が年収とされます。

月収が約36万円で年収にすると平均600万円と言う額が相場となります。

 

(1):薬剤師の平均年収は500万円程度?

政府の取った統計によると、薬剤師の平均的な年収が500万円ほどとなっているので、公務員の薬剤師が得る年収は高い傾向にあると言えるのです。なりたてであったり、若い頃は年収もさほどではないかもしれませんが、公務員は民間の企業とは違い着実に昇給することが可能なので、経験を積んでいくと民間の薬剤師を年収で上回ることができるでしょう。

長く勤めると、それだけ年収などが上がっていくということも特徴と言えるのではないでしょうか。

 

(2):行政機関薬剤師の平均年収

行政機関で働く薬剤師の場合、公務員薬剤師ということになりますので、薬剤師の給与も他の公務員と比較的には一緒の水準になっています。

  • 全体の平均年収 500万円〜600万円
  • 20代薬剤師 300万円〜500万円
  • 30代薬剤師 500万円〜700万円
  • 40代薬剤師 600万円〜1000万円
  • 50代薬剤師 600万円〜1200万円

行政機関で働く薬剤師の場合、初任給は他の薬剤師の職業と比べると、あまり高くありませんが、後々給与がアップする可能性が高く、また公務員としてのキャリアも積めるため、ボーナスや休暇制度がきちんとしており、非常に安定しています。そのため、薬剤師の職種の中でも大変人気の高い職種となっています。

 

(3):公務員薬剤師の退職金はやはり高額?

退職金についても、民間と比べると高い額を貰える確率が高いです。民間の薬剤師だと退職金が出ないというケースもあります。

公務員の薬剤師は、ボーナスも安定して支給されます。平成19年度のボーナスは4.5カ月分であり、額の平均は165万円だったと『医療職俸給表』にデータが残っています。

ポイント!

年収の額は、地方公務員では自治体ごとに異なることもありますが、一般の公務員と比べて高い傾向があります。国家公務員と比べると低い場合もあるとはいえ、人員が足りないということで職員の待遇を下げずに保持しているというケースもあります。

3.公務員薬剤師に転職するメリット・デメリット

仕事をするビジネスマン

公務員薬剤師に転職する際には、メリット・デメリットをよく理解しておくことが重要です。

(1):薬剤師が公務員薬剤師に転職するメリットとは?

公務員と聞くと安定した職業というイメージが強いと思いますが、薬剤師が公務員薬剤師になるメリットとは具体的にどのようなことがあるのでしょうか。

 

薬剤師が行政薬剤師になると就職先の幅が広がる

公務員の資格をとる事で、あなたの薬剤師としての仕事の幅が広がります。どんな仕事ができるようになるのか、行政薬剤師が活躍する仕事場の例を挙げてみましょう。

 

薬剤師の資格だけでは働けない職場とは

公務員薬剤師と言っても、薬剤師の資格だけでは働けない職場もありますので、注意しておきましょう。

  • 保健所での集団検診や献血推進活動
  • 食中毒や伝染病などの非常事態の対応
  • 病院や薬局などの開設許可業務
  • 地域単位での医薬品や動物・食品を管理

国家公務員資格を取る薬剤師の中には厚生労働省に所属して麻薬取締官として警察権限を与えられる薬剤師もいます。

 

女性が多い職場なので育児に理解がある

保健所で働く場合には特に女性が多い職場なので育児中でも融通が利きますし、土日が完全に休みなので働く時間も規則的で子供に合わせやすいです。さらに立場柄、一般の会社よりも有給休暇などが取りやすい場合が多いらしいです。

 

長く働けば給与面でも好待遇

それぞれどの職種に転職したとしても、給与に関しては他の仕事をしている地方公務員の人と同じ形式となります。薬剤師の資格を持っているという面が考慮された給与とはなりますが、一般の薬剤師と比べると初年度の年収は少なくなってしまいます。

しかし、確約された昇給制度があるので長く勤めればその分だけ優遇を受けることができます。このことから、長期的に見れば一般の薬剤師の平均的な給与より多くもらうことができると言えます。退職金も数千万円ほど多くもらえるとされています。

 

(2):薬剤師が公務員薬剤師に転職するデメリットとは?

給与も比較的高く、仕事も安定しており、メリットの多い公務員薬剤師ですが、メリットだけではありません。デメリットも確認しておきましょう。

 

職場が異動の回数が多い

公務員薬剤師のデメリットとして、職場の異動回数が多いという点が挙げられます。一般的な公務員薬剤師の場合、1つの部署に長期で所属するのではなく、3年周期で職場の異動がありますそのため、新しい環境にやっと慣れてきた頃に異動となることも多く、3年ごとに新たな環境で人間関係を構築していかなければならなくなっています。

 

家族に負担がかかるかも?

公務員薬剤師になると、異動が多いため、異動先によっては引越しをしたり、家庭を持つ薬剤師にとっては、単身赴任など家族に負担を与えてしまう可能性があります

 

専門分野に特化したキャリアアップが厳しい

通常の調剤薬局や病院に勤める薬剤師の場合、会社内で異動があっても、調剤薬局であれば他の調剤薬局の店舗への異動など、業務内容が大きく変化することはありません。しかし、公務員薬剤師の場合は、現在病院薬剤師をしていても、次の異動では保健所の薬剤師になったりと様々な部署に異動を行います。

そのため、トータル的に見た薬剤師としては、申し分ないキャリアアップですが、調剤のみなど1つの専門分野に特化した薬剤師になりたい方にとっては、厳しい環境です。

4.薬剤師資格以外に必要な資格はあるの?

スキル

薬剤師の転職先で人気の職場である公務員薬剤師ですが、公務員薬剤師になるためには、薬剤師の資格の他に必要な条件があります。そのため、ここでは、公務員薬剤師で条件が必要となる2つの働き方を説明します。転職を考えている方は確認しておきましょう。

 

(1):国家公務員薬剤師になるために必要な条件

公務員薬剤師の中でも、特にエリートと呼ばれるのが、国家公務員薬剤師です。国家公務員薬剤師になるためは国家1種(国1)・国家2種(国2)の国家試験に合格することが条件となっています。

国家公務員薬剤師になると、厚生労働省など国の機関で働くことができます。

 

(2):地方公務員薬剤師

地元や地方で地域に名指した薬剤師として働きたい方に多くなっているのが、地方公務員薬剤師です。地方公務員薬剤師になるためには、地方公務員上級試験に合格することが条件で、尚且つ、都道府県、政令指定都市、市町村で採用される必要が有ります

薬剤師として公務員になるためにはまず試験を受けなれればなりません。勉強するのは大変ですが、1度資格を取ってしまうと就職先の選択肢が広がります

5.公務員薬剤師への転職注意点

注意点を叫ぶ

公務員として薬剤師が転職する際の注意点についてお伝えします。まず、公務員になるには試験を受ける必要があります。上級の地方公務員で、『薬学科』を選択して受験をすることになります。既に薬剤師の資格を取得しているのであれば、『薬剤師区分』を受験することになります

 

(1):薬剤師区分試験と公務員への転職ポイント

薬剤師区分試験と公務員薬剤師へ転職するポイントを確認しておきましょう。

  • 薬剤師区分の受験は薬剤師資格を持っていて受験することができる
  • 公務員薬剤師の募集は毎年6月頃~9月にかけて募集がある
  • 公務員薬剤師の入職には年齢制限がある場合が多い
  • 募集試験が必ずあり、一次試験(教養、専門)と二次試験(論文、面接)となる
  • 公務員薬剤師の人数は公務員全体で約0.3%と狭き門

公務員薬剤師になるのは、倍率も高く困難になっています。そのためしっかりと準備をして臨むことが大切です。

 

(2):地方公務員より難易度が高い

受験料については無料ですが、上級試験を受けるとなると、地方公務員よりも難易度が高いです。この試験に合格することで、公務員の薬剤師として仕事をすることができるのです。

しかし、合格できるのは僅かな人のみだということを覚えておきましょう。近頃は、行政で働く薬剤師よりも病院で働く薬剤師の方が、応募数が多く倍率も高くなっているのですが、公務員薬剤師が断然就くのが難しいのが実情です。

さらに、地方では公務員の医療関係等にコネなどの繋がりがないと合格できないということもないとは言えません。

 

(3):募集は5名約0.3%と狭き門

公務員薬剤師は試験に合格したとしても、募集は平均で5名ほどとなっていて少ないです。席が空かなければ募集もないので、試験に合格できてもすぐに就職が実現するとは限らないということです。公務員の場合は勤務地などを自分で選ぶことができないということも念頭に置いておきましょう。

もし公務員薬剤師を目指すのであれば、資格取得のための学校に通うと言うのもひとつの手段です。資格学校には受かるための知識などがある上に、講座などもしっかりしたものが多いです。独学だけでは難しいという場合もあるので、資格学校を利用すると合格への近道になるでしょう。

 

(4):勤務地は妥協しない

保健所の仕事は転勤がない代わりに一度そこで働き出したらずっと同じところなので、できれば自分が希望する地域を受けたいものです。長く勤める為に、勤務地は妥協してはいけないポイントとなるでしょう。

 

勤務先を決めるにあたっての注意点

試験に合格したからと言って自分が望む職種や配属先に行ける訳ではありません。希望の勤務地に毎年募集があるとは限らないのです。理由としては辞める薬剤師が少ないため、なかなか求人がでないことがあるようです。毎年の決まった時期以外に、誰かやめる薬剤師がいたからと臨時の募集をかける可能性があるので事前のリサーチが重要です。

 

(5):スムーズな就職のために予め試験に合格しておく

麻薬取締官で働きたいと考えているという方は、事前の下調べが必要となります。保健所の仕事に関しては市町村や保健所ごとに求人を出している場合もあるので、先に試験に合格しておくというのも一つの方法です。その上で市町村や保健所などのホームページなどにアクセスし求人情報を集めるとスムーズであると言えます。

6.求人を探すなら薬剤師転職サイトがオススメ

パソコンで求人を探す女性看護師

公務員薬剤師の転職求人ある薬剤師転職サイトとは実はかなり少なくなっております。公務員試験を行い、公務員資格を保有しなければならなかったり、たとえ資格を取得したとしても、公務員薬剤師として就職先が限りなく少ないためです。

そのため、なるべく求人数が多く、公務員薬剤師の求人が出てきやすい薬剤師転職サイトに複数登録しておく必要があります

また、公務員薬剤師の働き口は以下のような職場になります。

  • 公立病院・国立病院
  • 都道府県県庁
  • 保健所
  • 衛生研究所
  • 消費生活センター

上記のような職場が公務員看護師にとって一般的です。麻薬取取締役管や食品衛生監視員なども公務員薬剤師となります。安定性が高く、給与も多い、そして休日の多さが薬剤師にとって魅力的となっており、人気が高いです。公務員薬剤師の求人は本当に思ったより少ないです。求人を探すのに一番楽なのは、薬剤師転職サイトに登録して、担当者に公務員薬剤師の求人を探している旨を伝えましょう。

転職サイトの担当者は他の求人も提案してきますが、待つことを必ず伝え諦めないことが転職のポイントです。なるべく複数社の転職サイトを利用するように心がけましょう。

 

まとめ

公務員の薬剤師になることは、一般の薬剤師の仕事とは異なる面が多いということを今一度知っておく必要があると言えます。一般の薬剤師の仕事に比べ安定しているということもあり、人気の職種であると言えますが、求人数も少なく、転職ではなく就職の場としてとらえている薬剤師も多いのでチャレンジする際には準備と勉強が必要不可欠です。

努力が必須ですが、1度就職してしまうと安定した生活を手に入れることができるめ、努力して転職する価値がある職種だといえます。安定した生活を望む方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事