日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

規制緩和により敷地内薬局の開局が可能に!医療機関と薬局の独立性は今後

規制緩和により敷地内薬局の開局が可能に!医療機関と薬局の独立性は今後

厚生労働省は今まで医療機関と同じ建物や敷地に薬局を併設することを禁止していましたが、2016年10月1日よりこの規制が緩和されました。いわゆる、敷地内薬局(門内薬局)の開局が認められたということです。これに伴い、大学病院や公立病院を中心に敷地内薬局を設置する動きが活発化しています。

今まで規制がかけられていたのは、医療機関と薬局の独立性を保つためです。薬局を開設する際、処方箋を持った医療機関を受診した患者が薬局に行くためには、1度公道を通ることが望ましいとされていました。

そのため厚生労働省は、医療機関と薬局の間にフェンスや塀などの仕切りを付けるように指導していたのです。

そんな中、2014年10月にこのような行政相談が総務省に提出されました。「フェンスや塀を作るということは車椅子を使用する患者・身体が不自由な患者・高齢者などにとって不便なのではないか。」その意見を受け、総務省は厚生労働省に改善を要請し、翌年2015年の規制改革会議で規制の見直しを求めました。そのような背景があり、今回の規制緩和に至ったわけです。

今回規制が緩和され、敷地内薬局を開局することが認められましたが、以下のようなことは今までと同様認められません。

  • 医療機関と薬局が同敷地内にあるが、薬局の存在が公道等から見つけずらい
  • 医療機関が休みの時、公道等から薬局に行くことができない
  • 薬局と同敷地内の医療機関を受診した人の来局しか想定できない

要するに、あくまでも医療機関と薬局は別物であり、一体化した経営をしてはならないということです。

医療機関と薬局の独立性の大切さとは?

今まで規制がかけられていたのは医療機関と薬局の独立性の観点からとお伝えしましたが、なぜ独立させる必要があるのかを具体的に説明したいと思います。

 

薬治療の安全性確保のため

医師が出した処方箋をその医療機関と全く一体化していない薬局の薬剤師がチェックすることで、薬の処方が間違っていないかの二重チェックをすることができます。二重チェックをすることにより、薬治療の安全性が確保できるためです。

 

同一経営は処方箋チェック機能が弱まる可能性があるため

もし医療機関と薬局が同じ経営となってしまえば、薬剤師は医師の処方に対し疑問を投げかけずらくなってしまいます。処方箋のチェック機能が弱まり間違った処方をしてしまうと取り返しのつかない事態になる可能性があるためです。

まとめ

今回の規制緩和により、今まで壁やフェンスに不便を感じていた患者にとっては利便性が高まったでしょう。ですが本文にもあったように、医薬分業があやふやになり経済的思惑が先行してしまうと、私たち利用者が正しい薬の処方を受けれなくなる可能性があります。

また、この緩和で壁やフェンスが取っ払われることにより、処方をする医師への遠慮や配慮が生まれ意見を言いづらくなるなど薬剤師の働き方が変わってくる恐れがあります。薬局で働いている薬剤師は、もし医療機関と薬局が今より近い存在になったとしても医薬分業の大切さを忘れずに正しい処方をしていただきたいです。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事