日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ薬剤師評判
3.33
このページを共有する

石巻薬剤師会が石巻赤十字病院内に夜間・休日対応に特化した薬局の設置を計画

石巻薬剤師会が石巻赤十字病院内に夜間・休日対応に特化した薬局の設置を計画

石巻薬剤師は宮城県石巻市内の石巻赤十字病院の敷地内に薬局を開設する計画を発表しました。東日本大震災の復興事業の一環として、被災地の救急医療に貢献し「夜間・休日ともに対応ができる薬局をつくる」ことが今回の目的です。 この石巻赤十字病院内の夜間・休日薬局開設の計画は2016年夏には臨時総会を開き検討が始まっていました。 薬局の夜間・休日対応については人員確保などの問題も含め簡単なことではありませんが、いかに薬剤師が地域医療に貢献できるのか示してゆきたいと石巻薬剤師会会長も石巻赤十字病院内の薬局設置計画に熱意を見せています。 2011年3月11日の東日本大震災から、2016年4月14日の熊本地震、そしてつい最近も鳥取で大きな地震が発生しました。震災時はどうしても医療資源は不足してしまいますが、石巻薬剤師会が計画している今回の復興事業「夜間・休日対応可能な薬局」は他の被災地域のモデルケースになることが期待できると言えるでしょう。

石巻医療の現在について

今現在まで石巻医療圏の患者対応は、1時救急に分類される治療後の帰宅可能患者は石巻市夜間救急センターが受け付けていました。一時入院や集中治療室への入院が必要と判断される患者は石巻赤十字病院が診ている状況です。  

石巻夜間救急センターも仮設診察室から移転が決まる

石巻夜間救急センターは現時点で旧石巻市役所近くの仮設建物で診察をしていますが、2016年12月には石巻赤十字病院内の敷地にきちんとした診察施設の移転が決まっています。  

石巻薬剤師会の現在について

石巻薬剤師会は1時救急を担当している石巻夜間救急センターが小児科を診察する時間帯に合わせ、石巻薬剤師会会員が交替制で調剤業務を行っています。調剤施設も石巻救急センターと同じ仮設建物ですが、石巻赤十字病院の敷地内への石巻救急センター移転に合わせ、センター隣に薬局を作る計画です。  

石巻薬剤師会の夜間・休日対応薬局のビジョン

宮城県石巻市内の石巻赤十字病院の敷地内に新設する薬局の薬剤師の業務としては、石巻救急センターと石巻赤十字病院が夜間・休日に発行した院外処方箋を受けて調剤などを行っていく計画がたてられています。

  • 開局日:月曜日〜土曜日(夜間)
  • 開局時間:18時〜翌朝8時
  • 休日開局時間:午前9時〜翌朝8時

上記が夜間・休日の開局時間の予定となっています。常駐するのは管理薬剤師が1人とその他に石巻薬剤師会の会員である薬剤師が当番制で調剤を担ってゆく方針です。

まとめ

被災地ではさまざまな復興事業が今現在も進められてきています。宮城県石巻の震災直後は医療資源が大幅に不足し、医師や薬剤師の人材もまた足りていない問題がありました。 今回の石巻薬剤師会の夜間・休日に特化した薬局が開設されるニュースは今後多くの被災地における医療復興事業の良いモデルケースになることでしょう。夜間や休日の対応というのは簡単なことではありませんが、被災地復興においての薬剤師の必要性が注目され、よい見直しもされるといえます。

薬剤師転職求人サイト比較35社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事