日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
ファッショーネ評判
3.02
このページを共有する

アパレル勤務社員が仕事で辞めたいと思った時ランキング

アパレル勤務社員が仕事で辞めたいと思った時ランキング
15
総合投票数

アパレルで働く社員はどのお店も予想以上に仕事ハードで激務になりがちです。そんなアパレル勤務社員が仕事で辞めたいと思った時をランキング形式でご紹介しています。

共感したら是非投票をお願いします。

※皆様の投票によってランキングが変動します。是非投票を「ポチッ」とお願いします!!

  • 接客に疲れたとき

    接客に疲れた
    2
    投票数

    「もう笑顔・・・疲れました・・・」

    アパレル勤務社員のお仕事は接客業務がメインとなるので、人付き合いが苦手な人にとっては精神的に疲れてしまうお仕事かもしれません。

    話術で商品を販売するテクニックを身につけられなかったり、お客様に話しかけることに抵抗を感じたりする人にとっては、辞めたくなる理由となってしまいます。

  • 給料が安すぎる

    給料が安すぎるとき
    2
    投票数

    「手取り15万以下は当たり前!そこから洋服代も給与天引き・・・」

    オシャレな服に身を包んでかっこよく見えるアパレル勤務社員ですが、実際にはお給料がとても安く、一日中座って仕事ができる事務職と比べると、仕事がハードなのに給料が安いことで悩んでいる人はとても多いようです。

  • 仕事がハードなとき

    仕事がハードなとき
    2
    投票数

    「ストレス・人間関係・仕事がハードで倒れそう・・・」

    ファッションアイテムをおしゃれに販売しているように見えるアパレル勤務社員のお仕事は、実際には一日中立ちっぱなしで体力的にハードな仕事と言うだけでなく、店舗全体のノルマがあったりして、精神的にもストレスを抱えやすいお仕事です。

  • 4位:ノルマが達成できないとき

    ノルマが達成できないとき
    2
    投票数

    「何とか売れたが・・・まだ足りない・・・」

    アパレルブランドによっては、スタッフ個人ごとにノルマが課せられている場合があり、ノルマが達成できない場合には店長からかなりの叱責を受けなければいけないこともあるようです。

    それが転職や退職の理由となってしまうこともあるのかもしれません。

  • 5位:人間関係が辛いとき

    人間関係が辛いとき
    1
    投票数

    「いじめ、嫌がらせ、妬み・・・なんでもそろうアパレルショップです!」

    アパレル勤務社員といっても一つのショップで働くスタッフの数はそれほど多くはなく、人間関係でトラブルを抱えてしまうと働きにくい職場になってしまいます。

    どの仕事でも、人間関係のトラブルが原因で辞めたいと思う人はたくさんいます。

  • 6位:出費が多すぎるとき

    出費が多すぎるとき
    1
    投票数

    「おしゃれは我慢とよく言ったものだ・・・」

    アパレル勤務社員は、販売ブランドのアイテムを身につけなければいけないことが多く、自己負担で商品を購入することも多いようです。

    流行に合わせてファッションアイテムを購入するので出費がかさみ、辞めたいと思う人もたくさんいるようです。

  • 7位:残業が多いとき

    残業が多いとき
    1
    投票数

    「もう、今日も遊びの予約キャンセル・・・」

    商品の棚卸や入れ替えなどは営業中にはできないので、閉店してからの作業となります。

    そのため残業をしなければいけないことも多いですし、場合によってはサービス残業になってしまうこともあり、辞めたいと思う理由やキッカケとなります。

  • 8位:扱うブランドに魅力を感じなくなったとき

    扱うブランドに魅力を感じなくなった
    1
    投票数

    「この商品、全然かわいくないですけど…」

    「この商品の何が良いのだろう」「商品に魅力を感じない」このような気持ちはアパレル店員であれば大抵の人が経験済なのではないでしょうか。

    お客様に商品を提供する立場だからこそ、いち早く商品の魅力を見つけ出すことが大事になりますが人のファッション思考が変化すると今まで魅力的なブランドも興味が無くなることがあるのです。

  • 9位:売り上げを他スタッフに取られたとき

    売り上げを他スタッフに取られたとき
    1
    投票数

    「嘘でしょ?ちょっと待って、その売り上げは私のですけど…」

    「お客様の売り上げは一番初めに接客した店員のもの」とする売上ルールを設ける職場にあるあるの不満が「売り上げの横取り」問題です。

    即決して購入するお客様ではなく、色んなショップを比較して購入を検討するお客様の場合、自分の休憩中に他スタッフが売り上げを自分のものとしてしまうことがあります。正直良い気持ちにはならないです。

  • 10位:シフトの融通がきかないとき

    シフトの融通がきかないとき
    1
    投票数

    「熱があるけど、代わりの人が見つからない」

    アパレル店員はみんなが変則のシフトのため、休日は予定を入れる人が多いです。

    なので、今日はどうしても出勤が難しい時にも変わりが見つかりにくく、一度決まったシフトの変更はかなり厳しい職場ばかりです。

  • 11位:友人・彼氏と休みが合わないとき

    友人・彼氏と休みが合わないとき
    1
    投票数

    「土日休み、いいなぁ」

    アパレル店員はシフト制の基本的に職場なので他業種の友人との予定が組みにくいです。「土日に遠出する」なんてもってのほか。周りのスタッフからも冷ややかなまなざしをもらってしまいます。

  • 12位:健康上の理由のとき

    健康上の理由のとき
    0
    投票数

    「病気が治らない、慢性的に体調が悪い」

    一日中立ちっぱなしの仕事をしているため、慢性的な腰痛を抱えてしまうアパレル勤務社員は少なくありません。

    ひどくなると業務を続行できなくなってしまい、退職や転職のきっかけになってしまいます。

  • 13位:立ち仕事に疲れたとき

    立ち仕事に疲れたとき
    0
    投票数

    「特に女の子の日がツライ!」

    出勤してから帰宅までほぼ立ちっぱなしだと足のむくみはもちろんのこと、ヒールで圧迫されて足にタコができることもあります。

    そして月に1度の女の子の日は特にツライ方もいるでしょう。中には本当に立っていられないかと思うくらいの激痛に耐えながら接客をしているという声も耳にします。

  • 14位:店長の移動で店のコンセプトが激変したとき

    店長の移動で店のコンセプトが激変したとき
    0
    投票数

    「勘弁してよ。方向性が全然違ってついていけない」

    アパレルは企業によっては人事異動が短い期間で繰り返されるところもあります。

    特に店長が変わるとショップのコンセプトやルールも大きく変更になることがしばしば。ノルマも変動したり、最悪の場合はかなりのストレスを感じる職場になることがあります。

  • 15位:ファッションセンスに自信がないとき

    ファッションセンスに自信がないとき
    0
    投票数

    「私ははたしておしゃれなのか・・・?」

    アパレルを買いに店に足を運ぶお客様は、そのショップのテイストや雰囲気に対して好感を持っているだけでなく、場合によってはかなりのファッションセンスを持っていることも多いものです。

    販売員のセンスがイマイチだと、それが精神的なストレスになってしまいます。

  • 16位:転職できないとき

    転職できないとき
    0
    投票数

    「たぶん私はOLなんて無理だろう・・・・時間がない・・・」

    休みが不規則で営業時間が長く、面接などに行く時間が作りにくいアパレル勤務社員は、転職したいと思ってもなかなか実行に移せないことが多いようです。

  • 17位:リピート顧客が取れないとき

    リピート顧客が取れないとき
    0
    投票数

    「どうして?…私の接客の何がダメなの…」

    リピーターを取ることに長けている人と、リピーターが取れない人の違いは「お客様の真のニーズを引き出せているか」「お客様の心に自分の存在をどう残しているのか」です。

    誰だって自分の接客スタイルに気が付くことができれば習得はできますが、一筋縄ではいかないのが接客の醍醐味。リピーターを取れないことに焦ってしまうと「自分は接客に向いてないのでは」と仕事が苦痛になります。

  • 18位:毎日きれいでいることが負担なとき

    毎日きれいでいることが負担なとき
    0
    投票数

    「化粧もコーディネートを考えることももうイヤ!」

    出勤時間の2時間前から起きて、化粧に今日のコーディネートを考えたり。

    どんなにおしゃれが好きでも正直苦痛に感じる瞬間はあります。アパレルは女性スタッフ中心のショップが多いので、気を抜きたくても抜けないというプレッシャーも時には負担になるのです。

  • 19位:クレーム対応が苦痛なとき

    クレーム対応が苦痛なとき
    0
    投票数

    「クレーマーはまるでモンスター」

    アパレル業界で起こるクレームにも色んな種類があります。

    商品を提供するときに「新品なのに傷がついていた」などの事前の検品で防げるもの、お店側には非のない悪質な内容のクレームと分けることができますが、どちらにしてもショップ店員の対応の仕方で大事になるのか決まります。冷静に判断をすることが大事なのですが、クレーム内容によってはかなりのストレスを感じます。

  • 20位:成長を実感できないとき

    スキルが身についているのか不安なとき
    0
    投票数

    「わたし、どんなスキルがついているの?」

    昇給しにくいアパレルショップで働いていると特に不安に感じるのが「自分のスキル」の問題。「接客スキルは誰でも身に着けることができるのではないか」「自分には自慢できるスキルなんてないのでは」と悩む人が大勢います。

アパレル業界転職求人サイトおすすめ比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事