日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ保育士評判
3.73
このページを共有する

保育士の退職理由ランキング

保育士の退職理由ランキング
8
総合投票数

保育士として働いている場合、退職をしたいと思ったことはありませんか?このページでは保育士の退職理由をランキング形式で紹介します。

保育士が退職する理由は人によって様々なようです。

※皆様の投票によってランキングが変動します。是非投票を「ポチッ」とお願いします!!

  • 家庭との両立が難しい

    家庭との両立が難しい
    2
    投票数

    「このまま仕事を続けられる気がしない・・・」

    小さな子供を抱えていると、定時帰社できないお仕事はお迎えの時間に遅れたりして両立が難しいものです。

    また、早朝保育や夜間保育、休日保育などを命じられると、家庭と両立が難しいという理由で退職する人も少なくないようです。

  • 職場の人間関係

    職場の人間関係
    1
    投票数

    「こんな職場もうウンザリ!」

    少ないスタッフで切り盛りしている保育園では、他のスタッフとの人間関係によって働きやすさが決まってしまうと言っても過言ではありません。

    人間関係でトラブルになってしまうと、それが原因で退職したり転職する人は多いようです。

  • 給料が安すぎる

    給料が安すぎる
    1
    投票数

    「あれだけ働いてこの額、おかしい・・・」

    保育士のお給料は、体力的にも精神的にもタフでなければ勤められない仕事という割には低いことが多く、給料が安すぎるという理由で退職したり、保育士以外の仕事を選ぶ人は少なくありません。

    また、仕事を続ける保育士でも、給料に満足していない人はとても多いようです。

  • 4位:健康上の理由

    健康上の理由
    1
    投票数

    「腰痛が一向に治らない・・・」

    小さな子供を背負ったり、前かがみで作業をすることも多い保育士は、慢性的な腰痛を抱えていることが多いものです。

    症状がひどくなると仕事を続けることも困難になってしまうので、健康上の理由として退職して別の仕事を探すことになります。

  • 5位:仕事がハード

    仕事がハード
    1
    投票数

    「もう限界!!」

    小さな子供が好きと言うだけでは勤まらない保育士の仕事は、体力的にかなり大変です。

    体力に自信がない人にとっては、仕事がきつすぎるという理由で退職することも多いですし、腰痛などを抱えて退職する人も多いのが特徴です。

  • 6位:仕事が評価されない

    仕事が評価されない
    1
    投票数

    「誰も褒めてくれない・・・」

    どんなに努力をしていても、その仕事が評価されないと誰でも悲しくなるものです。

    保育士の場合には、先輩保育士や園長などが「お疲れさま」とか「頑張りましたね」なんて声をかけてくれると、それだけで疲れも吹き飛びますが、評価されないことが理由で退職する人は大勢います。

  • 7位:キャリアアップ

    キャリアアップ
    1
    投票数

    「やっとキャリアアップできる!」

    保育士のキャリアアップは、選択肢があまり多くない上に離職率も低いため、かなり狭き門となっています。

    根気よくキャリアアップのチャンスを探してようやくゲット出来た場合には、とてもポジティブな退職ができるのではないでしょうか。

  • 8位:モンスターペアレンツ

    モンスターペアレンツ
    0
    投票数

    「面倒だなあ・・・」

    小さな子供の保育を行う保育士は、子供達だけではなく彼らの保護者ともコミュニケーションを取らなければいけません。

    モンスターペアレンツの理不尽さに振り回されて疲れきってしまい、保育士として働くことをあきらめてしまう人は、実はとても多いようです。

  • 9位:やりがいを感じられない

    やりがいを感じられない
    0
    投票数

    「こんな筈では・・・」

    基本的には毎日同じ事を繰り返す保育士のお仕事は、資格取得前に抱いていたイメージとは大きく異なる「期待はずれ」な仕事だと感じる人はとても多いようです。

    やりがいを感じられずに退職を決意する人も少なくありません。

  • 10位:他に目的が見つかった

    他に目的が見つかった
    0
    投票数

    「まだまだ可能性はある!」

    保育士として働いていても、人生の中で他にやりたいことが見つかるということはあるものです。

    新しく頑張りたいことが見つかると、前向きな気持ちで退職できますし、また将来いつかは保育士として働きたいなと思えるかもしれません。

保育士転職求人サイト比較27社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事