日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
看護のお仕事評判
3.17
このページを共有する

治験コーディネーター(CRC)が辞めたいと思った時

治験コーディネーター(CRC)が辞めたいと思った時
2
総合投票数

治験コーディネーター(CRC)のお仕事をしていて、「辞めようかな」と思ったことはありませんか?

このページでは、治験コーディネーター(CRC)が仕事で辞めたいと思った時の理由をランキング形式で紹介していきます。

あなたはいくつ共感できますか?

※皆様の投票によってランキングが変動します。是非投票を「ポチッ」とお願いします!!

  • 待遇が良くない

    待遇が良くない
    1
    投票数

    「こんな待遇で働き続けるのはなあ・・・」

    治験コーディネーターの仕事は、看護師や薬剤師のキャリアアップ職にもなっていて、特定の資格がなくても働くことができます。

    そのため、待遇が良いお仕事もあればイマイチなものまで幅広くあり、待遇が良くない場合には辞めたいと思ってしまうことも多いようです。

    雇用形態によっては労働条件が良くない場合が多いという意見もありました。

    今よりも高収入の仕事を見つけた時などは特に転職を考えてしまうようです。

  • 人間関係が難しい

    人間関係が難しい
    1
    投票数

    「職場の空気最悪!もう帰りたい!!」

    治験コーディネーターは治験業務全般をサポートする必要があるため、医師や看護師などといった周りの人間に対し非常に気を使わなければなりません。

    狭い世界である治験業界での人間関係はそのまま働きやさすさに直結しますから、機嫌を伺いすぎてストレスを溜め込み、仕事を辞めたいと思う方も少なくないようです。

    人間関係のこじれはいじめや仲間はずれなどの原因になったり、仕事がやりづらくなるきっかけになってしまうため、バランスよく付き合っていくのが難しいという意見が多数ありました。

  • 勤務地が遠い

    勤務地が遠い
    0
    投票数

    「移動にあんまり時間をかけたくはない・・・」

    治験施設は全国各地にあるわけではないため、住んでいる場所によっては治験施設まで距離がある場合もあります。

    勤務地が遠い所に通勤しなければいけない場合、肉体的にハードと感じ辞めたいなと思うことがあるようです。

    治験コーディネーターのお仕事は、時として肉体的にハードな仕事だそうです。

  • 4位:思っていた仕事と違う

    思っていた仕事と違う
    0
    投票数

    「想像してたのと全然違う・・・!」

    キャリアアップ的な仕事としてとらえられている治験コーディネーターのお仕事は、患者さんのバイタルチェックやデータ集計などがメインとなるため、医療行為に直接携わるわけではありません。

    思っていた仕事と違うと、少しがっかりするのかもしれません。憧れていた治験コーディネーターとして働いてみると、実際の仕事は想像とずいぶん違うと感じる人は少なくありません。

    「こんなはずじゃなかった」と言う気持ちになってしまうと、やりがいを感じられずに転職を希望することもあります。

  • 5位:利益追求に疲れた

    利益追求に疲れた
    0
    投票数

    「利益のことばっかりでもう嫌・・・」

    製薬会社の新薬開発には莫大な費用が欠けられているため、治験においても利益追求の姿勢は見られるものです。

    そうした環境で働くことに対して疲れてしまうという治験コーディネーターはとても多く、退職や転職のキッカケにもなるようです。

  • 6位:仕事が評価されない時

    仕事が評価されない時
    0
    投票数

    「頑張っているのに・・・!」

    一生懸命に全力で努力して仕事しているにも関わらず、上司からキツク叱責された時などは治験コーディネーターの仕事は自分に向いていないのかな、と自己嫌悪に陥るそうです。

    自信をもって提出した報告書の内容が良くないと言われた日には誰でも別の仕事に転職したくなってしまうものです。

    上司から一言でも「お疲れさま」「ご苦労様」とねぎらいの言葉があると、それだけでやる気やモチベーションがアップするのですが。

  • 7位:事務作業が面倒

    事務作業が面倒
    0
    投票数

    「苦手な事務作業が憂鬱・・・」

    治験コーディネーターの職務は、現場で医療に携わる作業よりも治験で集計したデータをまとめて資料を作成したり、報告するなどの事務作業が多くなります。

    報告書を作成するために残業が続くことも多く、多くの治験コーディネーターにとっては頭痛の種になっています。

    また、治験コーディネーターは調整業務もしなくてはならず、こうした作業が面倒だと感じて辞めたくなってしまうそうです。

    治験コーディネーターの仕事内容は、性格によって向き不向きがあるのかもしれません。

  • 8位:製薬会社の方針に合わない

    製薬会社の方針に合わない
    0
    投票数

    「本当はこんなやり方には反対・・・」

    製薬会社が主体で行う治験においては、企業の方針にのっとって作業が勧められます。

    ポリシーが強い治験コーディネーターは企業の方針に疑問を感じることが多々あり、辞めたいと感じるそうです。

    企業ごとに方針は異なりますが、考え方が合わないとなかなか職場に馴染めなかったり、賛同できないことが多いようです。

  • 9位:やりたい仕事が見つかった時

    やりたい仕事が見つかった時
    0
    投票数

    「好きな仕事をして生きていきたい!」

    治験コーディネーターの仕事は幅広い分野の仕事があるものです。

    治験コーディネーターになったものの自分の希望する分野へ配属されなかった場合、やりたい仕事が見つかったり専門分野での仕事が見つかった場合には転職したいと思う人は多いようです。

  • 10位:スキルアップできない

    スキルアップできない
    0
    投票数

    「これじゃあCRCになった意味がない」

    治験コーディネーターになり新たな知識や経験を積みたいと思っていた場合、ルーティンワークばかりの職場に当たるとスキルアップできる機会がない事にもどかしさを感じてしまいます。

    学ぶ意欲が高い治験コーディネーターは特に転職を考えるキッカケになってしまうようです。

まとめ

治験コーディネーター(CRC)が辞めたいと感じる瞬間は、スキルアップできない場合や思っていた仕事内容ではないなど、理想と現実の待遇の差に絶望を感じた時といった意見が多かったです。

治験コーディネーターに合う性格と合わない性格が両極端に分かれるでしょう。

看護師求人サイトおすすめ62社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る