日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
デューダ評判
3.24
このページを共有する

企画職で取得したい資格ランキング

企画職で取得したい資格ランキング
6
総合投票数

新しい商品やサービスを生み出す企画職は、企業の中でも花形のように見えますが、簡単にできる仕事ではありません。

特に資格が必要な仕事ではないものの、スキルアップの一環として資格取得をめざすのもよいでしょう。

※皆様の投票によってランキングが変動します。是非投票を「ポチッ」とお願いします!!

  • 販路コーディネーター

    販路コーディネーター
    2
    投票数

    せっかく作った商品ですが、売れなくては意味がありません。

    販路コーディネータは、商品の企画からその戦略に合わせた販路の選択、販促活動まで幅広いスキルを問う資格です。独立して仕事をする人もいます。

  • 商品プランナー

    商品プランナー
    1
    投票数

    商品プランナーは、商品開発の方向性に基づいて、マーケティングなどを行って商品の企画からその改札、事業化などを行う資格です。

    企画やマーケティングのエンジニアに人気があります。

  • プレゼンテーション力検定

    プレゼンテーション力検定
    1
    投票数

    企画の仕事において、プレゼンテーションのスキルは非常に重要になります。

    プレゼンテーション力検定は、国際プレゼンテーション協会による民間資格ですが、プレゼンテーションに関する数少ない資格として受験する人は少なくありません。

  • 4位:商品開発コーディネーター

    商品開発コーディネーター
    1
    投票数

    商品開発コーディネーターは、商品プランナーや商品開発士の上位資格になるものです。

    よりプロデューサーとして実際的な知識やスキルが求められるほか、新商品について多角的な見方ができることも必要になります。

  • 5位:知的財産技能検定

    知的財産技能検定
    1
    投票数

    知的財産権は、近年企業においても非常に重要とされる分野です。新商品を作り出す企画職は、知的財産権についてのスペシャリストを必要とする反面、知的財産権にまつわるトラブルから企業を守ります。

  • 6位:マーケティング・ビジネス実務検定

    マーケティング・ビジネス実務検定
    0
    投票数

    マーケティングの重要性に関する認識が高まるにつれて、マーケティングに関する知識やスキルを問うマーケティング・ビジネス実務検定の人気も高まっています。難易度は3段階に分かれており、年3回検定試験が実施されています。

  • 7位:TOEIC700点以上

    TOEIC
    0
    投票数

    今や、商品企画は海外とのやり取りをすることも多い時代です。試作品の製造を海外の工場に依頼したり、修正点を伝えたりするほか、海外での販路開拓を行う場合もあります。TOEICは合否ではなく点数が返却されるため、何度も受験して徐々に自分のレベルアップを感じることができます。

  • 8位:商品開発士

    商品開発士
    0
    投票数

    商品開発士は、新しい商品の開発を行うほか、マーケティングの視点からそれを評価したり、販促について考えたりと、商品開発についてより広範囲な資格です。企画開発業務を行うなら取っておいて損はないでしょう。

  • 9位:ビジネスキャリア検定

    ビジネスキャリア検定
    0
    投票数

    ビジネスキャリア検定は、ビジネスマンとしての基本的なスキルを認定するものです。

    いろいろな区分にわかれており企画職の場合はマーケティングの分野の検定を受ける人が多いでしょう。

  • 10位:CAD利用技術者

    CAD利用技術者
    0
    投票数

    デザインを伴う商品開発の場合はCADが使えると非常に便利です。

    必要としない企業もありますが、持っておいて損はないでしょう。3D・2D・基礎にわかれており、試験には実技も伴います。

転職サイトの比較 | 全400社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事