日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

年代別でみる女性の転職のポイント

年代別でみる女性の転職のポイント

転職活動では事前の情報収集と、活動のための計画作成が成功のカギを握ります。転職活動のためのプラン作成の内容は、年代ごとに異なります。年代ごとの転職の強みと弱みをしっかりと把握して、戦略的なプランを立てて転職活動を進めていきましょう。

1.女性の転職限界の年齢は何歳

困っている女性

女性の転職に適した年齢と転職限界の年齢は一体何歳になるのでしょうか。

 

女性の転職年齢は27歳がピーク

なぜ27歳がピークなのかというと、第二新卒と呼ばれる20代前半から半ばまでの年代は、まだ社会経験が少なく中途採用で最も求められる即戦力につながりにくいのですが、27歳くらいになると仕事の流れが理解できており社会的な常識も身についていること。そして、まだ若いので環境が変わっても順応力があること、結婚・出産の平均年齢まで数年あるので雇用してもすぐに退職する人が少ないと判断されるなど、多くのメリットがあるからです。

 

35歳限界説は過去のものになりつつある

一方、35歳を超えると、結婚や出産を急ぐ女性が増えてきます。企業側からみると、雇用しても出産などですぐに辞めるのではないかという不安がつきまとうのです。しかし、このような35歳限界説は、過去のものになりつつあります。少子高齢化が進み、政府が女性の雇用を積極的に行うようさまざまな施策に取り組んでいるからです。このため今後は、35歳以降の女性の求人も増えると予想されます。

 

自分の強みを有効にアピールできるよう工夫しよう

35歳以降でも就職しやすくなったとはいうものの、即戦力として期待できないと判断された場合は、転職活動は依然として厳しいといえます。35歳以降の人材に最も求められるのは、仕事に対するプロフェッショナルな知識、得意分野ですぐに戦力になること、臨機応変な現場対応力などです。

能力的に20代後半から30代前半女性と変わらないと判断された場合は、企業は将来性も考えて若手を採用します。転職活動で若手に負けないためには、自分の強みをしっかりとアピールすることと、この会社に長く勤めたいという情熱をぶつけることがポイントです。

人は、一般的に年齢が上がるほど、環境が変化するのを恐れるようになります。つまり、以前の会社の社風に慣れているために、新しい会社の社風になじみにくいことが多いのです。このような場合はいくら仕事ができても、周りの人たちと協力して働きにくくなります。郷に入れば郷に従うという強い意志を持っていることや、コミュニケーション力が高いこともアピールしましょう。そのためには職務経歴書や履歴書に書く内容や、面接時の受け答えもしっかりと準備して、より有効にアピールできるよう工夫することが大切です。

また、現在の自分が求人市場でどのくらいの価値があるのかを把握することも必要です。自分の能力を客観的に知るためには、転職のプロに判断してもらうのが確実です。転職エージェントに登録して、自分の能力が生かせる職場を紹介してもらいましょう。

 

2.年代別でみる女性転職のポイント

チェック

20代、30代、40代と年代別に女性の転職について知っておきたいポイントを紹介していきます。

 

20代:事前の情報収集が重要

まず、20代の転職について。20代の転職理由で最も多いのが、ほかにやりたい仕事があるからというものです。つまり、今の業務では満足できず、多職種への転職を計画している人が多いのです。確かに20代なら、多職種への転職でも門戸は十分に開かれています。ただ、その職種のことを事前に調べておかないと、壁にぶつかることもあります。

最も多い失敗例が、多職種への転職の際に必要な資格を取得していないケースです。職種によっては、応募条件として資格の取得者や実務経験者と規定している企業も多いので、資格取得を含めた事前の情報収集が大切です。

 

30代:キャリアプランをしっかりと練っておこう

30代はスムーズな退職と、転職活動の両立ができるようにプランを練ることがポイントです。30代ともなれば、中堅選手として重要な業務を任されるようになります。上司からもいま君に退職されると困ると慰留されることも多くなりますし、後任者がなかなか決まらず辞めるに辞められないという事態に追い込まれることもあります。慰留されようが、後任が決まらなかろうが、辞めると決めたら辞めるという強い意志が必要です。そのうえで、円満に退職できるように遺漏なく手続きを進め、それと同時に転職活動にも取りかからなければいけません。なかなかハードなスケジュールになります。

これからの人生で自分はどのような働き方をしたいのかをしっかりと考えてから、退職までの社内活動のスケジュール、転職先探しから書類送付、面接、採用までの手順をプランニングしてください。

 

40代:自分の能力を客観的に判断することが大切

40代の転職は、まず、自分がこれまで培ってきた能力を客観的に判断することが大切です。自分でこの分野が得意だと思っていても、他の人から見れば人並みだと評価されることもあります。自分の評価と、募集企業側の評価が一致してこその採用となります。両者の評価ギャップで転職に失敗しないようにしましょう。

また、40代では転職後の年収が低くなるケースも多いので、条件面での交渉が難航することもあります。自分のキャリアを振り返ると同時にライフプランを考えて、どのくらいの年収であれば折り合えるのかなど、具体的な数字を算出しましょう。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事