日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

20代前半女性の転職でのメリット・デメリット

20代前半女性の転職でのメリット・デメリット

20代前半は転職に有利な年代というメリットもありますが、それでも転職のデメリットはあります。今はまだ若いですが、これから長く働き続けるためにも、デメリットもしっかりとチェックして賢い転職活動を行いましょう。

このページでは、20代前半女性の転職でのメリットとデメリット、転職先の求人の探し方も併せて紹介していきます。

1.20代前半女性の転職でのメリット

笑っている女性
20代前半の女性転職でのメリットは、主に次の3つです。

 

採用されやすい

20代前半は第二新卒とも呼ばれており、新卒の次に採用されやすい年代です。第二新卒の女性の最大の魅力は、若さです。フレッシュな情熱、環境の変化に適応しやすい順応力、バイタリティー、これからの成長が期待できる将来性など、企業にとってメリットが大きいため、積極的に採用されるというメリットがあります。

ですから、これからの自分のキャリアや人生設計を考えたときに、今の会社で長く働いても成長が見込めない、将来性が期待できないなどのデメリットがある場合は、早いうちに転職した方が有利な転職が実現する可能性が高いといえます。

 

多職種への転職が可能

まだまだこれからの成長が期待できる年代ですから、まったく経験のない多職種の求人に応募をしても採用されやすいのです。学生時代は社会経験がほとんどありませんから、社会や仕事について、漠然としたイメージをしか持っていない人が大半です。このため、漫然と就職先を決めてしまったけれど、実際に働いてみて、本当に自分がやりたいことに気づいたという人が多いのが、20人前半の特徴です。

ほかにやりたいことがあるなら、思い切って多職種へ転職してみてはいかがでしようか。20代後半以降、特に30代になると他職種への転職は難しくなる傾向にあります。

 

条件の良い会社に転職できる可能性が高い

より良い条件の会社で働くなら、20代前半での転職がチャンスです。20代前半女性の転職は、新卒時の就職に不満を解消し、希望する職種やよりよい条件や会社に転職できる最大のチャンスです。

今の会社より待遇が良い会社があれば、積極的に応募してみましょう。新卒から数年は、給料が低いので、会社間での年収差は少ないのですが、これから10年、20年と勤務していくうちに、年収の差は会社の業績によって大きく開いていきます。

 

2.20代前半の女性転職でのデメリット

頭を抱える女性
20代前半の女性転職でのデメリットは、主に次の3つです。

 

すぐ辞めるのではないかと懸念される

学生時代の就職活動では、いろいろな苦労があったのではないでしょうか。就職先が決まったときはとても嬉しいと同時にホッとした思いを抱いたことでしょう。

それなのに喜びもつかの間、就職先に不満を感じて辞めてしまった人が、20代前半の第二新卒と呼ばれる女性たちです。このような人は、つらいことがあるとすぐに辞める人というレッテルが貼られやすいので、転職時の面接では、採用されたらずっと長く働きたい。嫌なことがあるからすぐに辞めるという性格ではないことを、しっかりとアピールする必要があります。

 

実績がないので自己PRに困る

自己PRをすることがないのも、20代前半の女性が転職する際に、最も悩む点です。しかし、就職してまだ間がないのですから、実績がないのは当たり前です。

前の会社で働いていたときに、どのような点にこだわっていたのかなど、仕事に対する理念を語るなど工夫をしましょう。また、前の会社で問題にぶつかったときに、どのように問題を解決しようと努力したのかということを伝えるのも有効です。企業側は、実績のない20代前半の女性が、どのように工夫をして自己PRをするのか、そのプレゼンテーション能力を評価します。

 

転職を繰り返してしまう恐れがある

そして、転職後のミスマッチングが、20代前半の女性の転職デメリットで最も深刻で、かつありがちなケースです。前の会社での不満を解消するために、とりあえず転職をしたという人の場合は、特にこのミスマッチングに悩むことが多く、転職をしてもまた会社を辞めてしまう人も少なくありません。

特に20代前半の転職理由で多いのが、もっとやりたい仕事があったからというものと、残業時間が多いことです。女性でもキャリアアップしたい、そしてアフター5も充実させたいという女性は多いのですが、そのほかの条件もしっかりとチェックしましょう。一つの条件が解消されても、ほかの条件が最悪だったということもあります。今後の結婚や出産も含めたライフプランも考えたうえで、転職先を決めることが大切です。

 

3.20代前半の女性転職先、求人の探し方

携帯を持って笑う女性
20代前半の女性が転職する際に、求人情報を探す方法はたくさあります。

 

新聞や無料のタウン情報誌などの紙媒体

一昔前は、新聞や雑誌などの紙媒体から求人を探す方法が一般的でした。現在でも、駅やスーパーマーケットの入り口など、人通りの多い場所に置かれている無料のタウン情報誌に、地域の求人がたくさん掲載されています。自宅近くなどの転職先を探している人は、このような情報にも目を通してみましょう。

 

ハローワーク

転職先の紹介で多くの人が利用するのが、行政機関が運営するハローワークです。ハローワークには地元からの求人募集広告が大量に集まりますし、女性の転職を応援するための職業訓練や説明会などを行っているところあります。このような催しも積極的に活用しましょう。

 

人脈を活用する

これまでの人脈を活用する方法も考えましょう。知り合いからの紹介は、非常に強力な武器となります。まったくのツテなしで採用試験を受けるよりも、何倍も採用されやすくなるからです。お友達や先輩、親戚やご家族のツテなどがあれば、積極的に利用することをおすすめします。

 

企業のHPに掲載されている求人情報

働きたい企業のホームページを訪問し、そこに掲載されている採用情報から応募することです。採用情報のページにある専用のフォームに必要事項を記入して、直接エントリーできる企業が増えています。

 

人材紹介会社が運営している転職サイト

現在最も利用者が多いのは、人材紹介会社が運営してる転職サイトです。エリア別、希望職種別など、さまざまな条件で求人会社を探せるので、大人気です。特に、女性に特化した転職サイトでは、女性限定の求人情報が満載ですから、探しやすくなっています。

また、転職サイトに会員登録をすると、会社説明会やスキルアップ講座などのイベントにも参加できます。求人情報を探すだけでなく、会社説明会や転職フェアを利用すると、転職後のミスマッチングが防げるのでおすすめです。

 

転職エージェントの利用

転職エージェントを利用する女性も増えています。会員登録をすると担当のキャリアコンサルタントがついて、希望に合う条件の求人や転職に有利なアドバイスを行ってくれるのが大きな特徴です。

20代前半の女性は転職経験も少なく、どのような手順で転職活動をすればいいのか迷うことも少なくありません。そのようなときに、プロのアドバイスが受けられる転職エージェントが有益です。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事