日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

30代前半女性の転職で知っておきたい3つのポイント

30代前半女性の転職で知っておきたい3つのポイント

30代前半の転職は、最後のチャンスともいえる時期です。30代後半になっても転職は可能ですが、これまでのような好条件での転職は難しくなります。しっかりと準備を行って、自分の能力が生かせる会社に転職しましょう。

このページでは、30代前半女性が転職を行う際に知っておきたい3つのポイントを紹介します。

1.30代前半での女性の転職注意点

注意点を叫ぶ
30代前半での転職は、自分の能力が生かせる職場を探すことが重要です。希望する会社に採用されるためには、自分の能力や実績を客観的に判断することが大切です。自分ではキャリアに自信をもっていても、社会的にみれば十人並みということもあります。社会全体のレベルで見れば自分の能力はどのくらいなのかを、冷静に見極めましょう。そうすることで、自分ができる仕事と、自分が望む仕事の間にあるギャップが明確になります。このギャップが大きければ大きいほど、企業側は採用してくれません。自分の能力と適性を、しっかりと把握することも、転職を成功させるうえでの重要な注意点なります。

 

今後のライフプランが実現できる職場を探そう

また、これからどのように生きるのか、どのように働いていくのかを考えておくことも大切です。そして、ライフプランが実現できる職場を探しましょう。どのような生き方をするのかを明確にし、自分の能力を棚卸しして、自分に何ができるのかも確認したら、その結果かから、これだけは譲れないという条件が明確になるはずです。

たとえば、現在5歳のお子さんがいる34歳の女性が転職を考えているとします。子どもが成人するまでに15年あります。それまでに、夫婦でマイホームのローンを返却し、子どもを大学に進学させ、子どもが独立した後の夫婦の暮らしや老後に蓄えについてどうするのかなど、マネープランを考えた計画を立てていることでしょう。生涯に必要な大体の金額が分かれば、夫と二人で働いて、それだけの財産を蓄えられるからです。

しかし、子育てと仕事との両立ができるのか、自分がシニア世代になった頃には親の介護をどうするかという問題もでてきます。これらのことを考えた場合、毎月安定した収入が得られる会社で、さらに子育てをしながらでも働きやすい環境にあり、親の介護などが必要となった場合も休みやすい環境づくりに取り組んでいる職場など、希望の条件が出てくるはずです。ただ、すべての条件をかなえてくれる会社はありませんから、自分の希望条件に近い会社から選ぶ必要があります。そのときの選択基準になるのが、これだけは譲れないというボーダーラインです。

先々のことまでしっかりと考えて職場を探さないと、転職してからミスマッチングで後悔することがあります。転職は大きなイベントですから、じっくりと考えてから行動を起こしましょう。

 

2.30代前半の女性転職は企業にどう見られるか

男性面接官

30代前半の女性は転職の際、企業にどのような印象を持たれるのでしょうか。

 

ライフイベントが起こった場合どうするのか

30代前半の女性について、人事担当者はさまざまな印象を抱いていますが、最も一般的なのが未婚女性に対するもので、今後結婚・妊娠などのライフイベントがあった場合に、働き続ける意志があるのかどうか心配だというものです。

女性のための環境整備をしている会社の場合は、せっかく採用しても、その後のライフイベントによっては会社を辞めてしまう女性を採用するのはムダなことになります。このため、女性の育児支援制度がある職場への転職では、出産後も長く働き続けたいという意志をしっかりと示す必要があります。

逆に、現在では少なくなってきたものの、妊娠をした女性を歓迎しない職場も依然として存在しています。転職先がいずれのタイプの企業なのかをしっかりと見極めて、女性が働きやすい環境が整っている求人を探すことが大切です。そのためには育児休業制度の有無の確認と同時に、何割くらいの女性社員がそれらの制度を利用しているのかの実績を知ることがポイントとなります。

 

歳相応の実力があるのか

このほかにも企業側は、歳相応の実力があるかどうかを見ています。30代になっても、20代と同じような仕事しかできない人は、採用されにくくなります。このような場合は、殆どの企業が20代を優先して採用するからです。30代の女性ならではの強みをしっかりと採用企業側に伝えることが大切です。

3.30代前半女性で転職する正しいタイミング

時計

30代前半の女性の転職では、次の2つの面から転職のタイミングを計ることがポイントとなります。1つは自分にとって、転職に有利な時期を考えること。そしてもう1つは、人生のライフイベントを頭に入れて転職をすることです。

  • 自分にとって、転職に有利な時期を考えること
  • 人生のライフイベントを頭に入れて転職すること

 

転職成功しやすい時期

転職のタイミングについては一般的に、中途採用の求人は年度替わりとボーナス支払い後の1~3月と、7~9月に多くなります。この期間は、退職する社員が多くなるので、優良企業からの中途採用も増えるため、転職に成功しやすくなります。優良企業からの求人募集がでたら、すぐに対応できるように準備をしておきましょう。一方で、転職する人も増えますから応募倍率が高くなるというデメリットもあります。応募企業に採用されるための、作戦をしっかりと立てておきましょう。

 

転職しにくい時期

逆に、転職に不向きなのが、4月や6月、12月です。4月の年度替わり・12月の年末はどの企業も忙しくなるため、採用活動に手が回りません。同様の理由で、6月は株主総会が固まる時期なので、この時期も求人が減る傾向にあります。このような時期は具体的な就職活動をひかえて、これからのキャリアプランを立て、転職先の情報を集めるなどの準備期間に当てることをおすすめします。

同様の理由で、現在勤めている会社の繁忙期に退職することもお勧めできません。4月や12月、また決算期などの忙しい時期に退職するとまわりの人たちに迷惑がかかります。なるべくその時期を外して退職できるように準備を進めましょう。いつごろ退職するかを決めたら求人活動にどれくらいの時期を費やすかもしっかりと計算して、スケジュールを立てることが大切です。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事