日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

30代前半女性の転職でのメリット・デメリット

30代前半女性の転職でのメリット・デメリット

30代前半は、転職ではまだまだ有利な年代です。人材紹介会社のアンケート調査によると、30代前半の転職者のうち、転職を不利に感じたと答えた人は31.9%。過半数の50.4%が不利だとは感じなかった答えています。

このページでは、30代前半女性の転職でのメリットとデメリット、転職先の求人の探し方も併せて紹介していきます。

1.30代前半の女性転職でのメリット

笑顔でガッツポーズする女性
30代女性が転職をする際のメリットは主に、次の3つです。

 

実績や経験を評価されやすい

約10年におよぶ実績がありますから、中途採用しても即戦力として活躍できる年代です。企業では中途採用者には、特別な社員教育をしなくてもすぐに現場で活躍し、短期間で成果を上げてくれる人材を求めています。そのような企業側のニーズにぴったりと合致するのが、30代前半の経験力なのです。

 

まだ若い

30代前半ではまだまだ20代と同等の体力や気力を備えている人が大半です。チャレンジ精神も盛んですし、キャリアアップ志向や成長したいという願いも強いため、30代前半の人材を登用することで、会社全体の活性化が期待できます。頭もまだまだ柔らかいですから、転職をして環境が変わっても、新しい環境になじもうとする順応力も期待できます。

 

収入アップする可能性が高い

30代前半の女性にとって大きな悩みとなるのが、自分の能力が正当に評価されにくいことです。30代ともなればベテランです。後輩の指導にも関わりますし、プロジェクトでも中核的な役割をこなす存在です。それにもかかわらず、30代前半の女性の給与が、あまり伸びていません。サービス残業などをこなしながら、会社のために一生懸命働いているにもかかわらず、20代の社員とほとんど年収が変わらないのでは、仕事へのモチベーションも下がってしまいます。

しかし、30代女性が持つ能力をきちんと評価して、相応の給与を支給する会社も多いのです。そのような会社へ転職すれば、年収アップが期待できます。

 

30代前半を募集している企業は増えている

近年、30代前半ならではのキャリアと若さに期待して、積極的に中途採用を募集している企業は増加傾向にあります。これまでは30代になると、求人が減る傾向があったのですが、もう30代になったからとあきらめる必要はありません。

30代前半ならではのメリットを生かした転職活動を行えば、さらなるキャリアアップや経験が広がる就職先が見つかります。30代前半の女性が転職を成功させるポイントは、これらのメリットをしっかりとアピールすることです。自分にはどのような経験があるのか、その結果身につけたスキルや得意分野は何なのかを具体的に伝えましょう。

 

2.30代前半の女性転職でのデメリット

耳をふさぐ女性

30代女性が転職をする際のデメリットは主に、次の3つです。

 

企業選びに迅速な判断を求められる

30代前半の女性は、まだまだ採用企業が多く、短期間で転職先が決まるケースが多いため、どの企業に転職するかを素早く判断しなければならないのがデメリットだといえます。

30代前半の転職では、転職先が決まるまでの期間は1~3か月と比較的短く、この期間に複数の企業の面接を受ける人が多いという特徴があります。一気に数社に応募して、そのうちの何社かから内定が得られるというケースが多いのです。どの会社の内定を受け、どの会社の内定を断るかを素早く判断しなければならないため、焦って間違った選択をしないように注意しましょう。複数に求人を申し込む前に第一志望、第二志望、第三志望と、どの会社に入りたいのかの順序を決めておくことをおすすめします。

 

未経験の他職種への転職は難しい

もう1つのデメリットとして、未経験の他職種に転職するのは難しいことが挙げられます。

30代前半の女性には、これまで培ってきた経験と実績が求められます。このため即戦力として実力を発揮できる人が採用されるのですが、未経験の職種ではせっかくの経験が生かされないことが多いため、20代が優先的に採用されます。このため、自分の経験が生かせる分野に転職することをおすすめします。

 

プレッシャーに負けるケースもある

一方、同じ職種に転職した際のデメリットもあります。即戦力として期待されていることへのプレッシャーに負けてしまうケースです。同じ業種であっても、会社ごとに営業方針や仕事の進め方は異なります。以前の会社と全く違う価値観で営業活動が行われていたり、仕事の手順や使うツール、パソコンソフトが違っていたりするなどで、戸惑うことも多いのです。

新しい環境で戸惑うことが多いですが、最初は失敗しても諦めずにどんどん知識を吸収して成長していきたいというチャレンジ精神、折れない心を持ちましょう。

 

今後の事を頭に入れた上で転職活動に臨もう

30代前半はまだ引く手あまたですが、企業側が結婚や出産による転職を警戒する年代でもあります。このこともしっかりと頭に入れて、転職活動をしましょう。特に、育児休暇制度などが利用できる企業では、将来に出産をしても長くこの会社で働きたいことをしっかりと伝えないと採用がむずかしくなります。

少子高齢化で女性の活躍が期待されていおり、今後はこれまで以上に女性が働きやすい環境が整えられていくと予想されているため、多くの企業が女性に長く働いてほしいと望んでいます。そのことも考えたうえで、面接で今後の働き方や会社への貢献についてどのように答えるかをシミュレーションしておくことをおすすめします。

 

3.30代前半の女性転職先、求人の探し方

勉強する外国人女性
転職先の求人を探す方法は数多くありますが、それぞれ短所と長所があります。30代前半女性の場合、20代後半に比べて、求人広告が少なくなります。自分の目的に合った媒体を活用して、効率的に求人情報を集めることが、転職活動を長引かせないための最大のポイントです。

 

ハローワークを利用する

転職をするときに多くの人が利用するのがハローワークです。失業手当を受け取るためにハローワークに申請する必要がありますから、ハローワークの求人情報から転職先の企業を探すのが一般的な方法とされています。ハローワークを利用するメリットは、行政機関がマッチングを行っているので安心して利用できることと、労働訓練などを利用して必要なスキルを身に付けられることです。

また、地方自治体がハローワークと連携して、女性の就職・転職支援事業に積極的に取り組むようになりました。定期的に30代女性の転職フェアを開催している自治体がありますから、ハローワークだけでなく自治体のホームページもチェックしましょう。

 

日本経済新聞の求人がおすすめ

では、新聞広告はどうでしょうか。新聞広告でおすすめなのは、日本経済新聞の求人広告です。大手企業や外資系企業から30代をターゲットにした求人広告が比較的多く見られますので、参考にしてはいかがでしょうか?

ただ、読者数が多いので、条件のいい募集には応募者が殺到します。競争率が高くなるので、採用されるためには、かなりのスキルや自己アピール能力が求められます。

 

インターネット求人サイトの転職エージェントを活用する

現在、最も利用者が多いのがインターネットの求人サイトです。インターネットの求人サイトの最大の魅力は、取扱件数が多いことです。より多くの情報を得るために、複数の求人サイトを活用することをおすすめします。

しかし、30代の転職では、転職エージェントも併用する方が効率的です。無料で登録でき、担当のキャリアコンサルタントが、これまでの実績や能力、希望する会社の条件などをじっくりとヒアリングし、能力や希望にあった非公開求人を紹介してくれます。そうすることで、転職後のミスマッチング防止につながります。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事