日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

40代女性の転職で知っておきたい3つのポイント

40代女性の転職で知っておきたい3つのポイント

40代は、会社にとって中核的な年代です。改めて一から社員教育をするのではなく、これまでの実績をいかして臨機応変に生かせるかが重要です。採用企業が自分に何を望み、何に期待しているのかをしっかりと把握して転職活動を行いましょう。

1.40代での女性の転職注意点

チェックする女性
40代の転職は正直に言って、非常に厳しい状況です。まず、40代の正社員の募集がとても少ないのです。企業側はフレッシュな人材を求めています。採用条件に年齢が書かれていなくても、一般的な中途採用では正社員の採用は30代前半までとしている企業が多いのです。

 

複数の求人情報を活用し、情報を集めよう

このため、少しでも多くの求人情報を集めて、40代でも採用する企業を探すことが、転職成功のカギとなります。ハローワーク、求人情報誌、インターネット求人はもちろんのこと、複数の転職エージェントに登録し、40代の人材を募集している企業を紹介してもらいましょう。

 

訴求力の高い職務経歴書を作成しよう

そして、ここなら働けると思える企業に書類を送って、積極的に応募しましょう。応募の第一関門となるのが、書類選考です。40代では書類選考の段階で落とされる確率が高くなります。履歴書と職務経歴書などの書類は、十分に魅力的なものを作成しなければ人事担当者の目に留まらないので、採用は難しいと考えましょう。

反面、職務経歴書などから、その会社が求めている能力とぴったりだと判断された場合、40代でも面接への道が開けます。採用企業側は応募者が40代である場合、書類の書き方、文章力、自己アピール力など総合的な能力を判断し、面接を行うかどうかを決めています。書類からスキルの高さがうかがえるような、訴求力の高い職務経歴書が作れるよう努力してください。そのためには、これまでのキャリアを振り返り、自分の得意な点、苦手な点などを棚卸しして客観的に能力を把握することが大切です。

どのように書類を作ればいいのかわからない人は、職務経歴書の書き方を詳しく解説した書籍が販売されています。本を読んで勉強しましょう。また、各種求人サイトでも書類の書き方を紹介していますから、そちらも参考にされてはいかがでしょうか。

そして、転職エージェントに登録し、担当のコンサルタントに、実際に作成した職務経歴書を添削してもらえば万全です。転職エージェントは転職を仲介するのが仕事ですが、転職を成功させるためのさまざまなノウハウを持っており、応募者に適切なアドバイスを行っています。職務経歴書や履歴書の効果的な書き方、面接で注意することなどを教えてくれるので、どんどん活用しましょう。

 

2.40代の女性転職は企業にどう見られるか

男性面接官

40代で中途採用に応募してくる女性について、企業はどのような印象を持っているのでしょうか。40代での転職は、これまでにどのような働き方をしてきたのかが大きなポイントとなります。

 

即戦力として活躍してくれるかどうか

人事担当者は、ただ漫然と周りに言われるがままに働いてきた人なのか、積極的にスキルアップを目指し、問題解決や現状打破を行ってきた人なのかを見定めようとします。というのも40代の採用は、そのまま即戦力としてビジネスの最前線に送り込むのが前提だからです。つまり、これまでとは全く異なる環境でも、これまで通りか、あるいはそれ以上のポテンシャルを発揮できる人が求められているのです。ですから企業側は、この人を採用したら即戦力として活躍してくれるかどうかを判断しようとします。このため、自ら目標を掲げ、達成に向けてのプランを立てて実行に移せる人、目標達成を阻害する状況が現れたら、どのように対処するのかを判断して課題解決が行える人が高く評価されます。

 

コミュニケーション能力は高いか

また、そこまで突出した技術力やスキルを求めないという企業の場合では、コミュニケーション能力の高さを非常に重視しています。入社後、わからないことがあれば気軽に社内の人に聞くことができる能力、新しい職場の人間関係にスッと入っていける能力、取引先と適切な話し合いや打ち合わせができる能力、お得先のニーズを的確にくみ取る能力など、40代の仕事にはコミュニケーションスキルが欠かせません。人事担当者は、人の話をしっかりと聞き、自分の意見をきちんと伝えられる人かどうかを見ています。

 

柔軟性はあるか

また、柔軟な性格の人かどうかも、大きなチェックポイントとなります。40代の中途採用でネックとなるのが、前の会社のやり方を引きずっているケースです。会社にはさまざまな社風があり、業務の進め方も会社独自のものがあります。新たな会社に就職したのに、いつまでも前の会社の社風に染まったままで、今の会社になじまない、何かにつけて前の会社と比較するといった人は、実力を発揮できずに不満ばかりを募らせる可能性が高いので、会社側でも警戒します。もちろん、これまでの実績や経験を生かした働き方が求められるのですが、それと同時に、新たな職場での再スタートであることをしっかりと自覚し、これまで知らなかった方法を学びたいという向上心や、早く職場になじもうという積極性が求められます。

 

3.40代女性で転職する正しいタイミング

時計を持つ女性

転職では、ボーナスをもらってから今の会社辞めようと考える人が大半です。このことからもわかるように、転職のタイミングとは、現在勤めといる会社を退職するタイミングでもあるといえます。もらえるボーナスはしっかりと受け取ってから辞めようというのは当然の権利です。

 

繁忙期や年度替わり、決算期は避けよう

しかし、同僚や会社に迷惑のかける辞め方は禁物です。あくまでも、円満退社を目指すのが第一条件となります。繁忙期に突然辞めてしまうのは、周りの人に大きな負担がかかるのでお勧めできません。年度替わり、決算期などは退職を避けたほうが無難です。

 

辞意は最低でも一か月前に伝えよう

退職を決めたときに、会社側にいつ辞める意志を伝えるかも大切です。法律では2週間前に辞意を伝えればいいとされていますが、実際の職場で2週間前に辞意を伝えるのはあまりにも短すぎます。最低でも1か月前、できれば3か月前に直属の上司に伝えるようにしましょう。また、会社規定で退職についての取り決めが行われているが一般的ですから、辞表の提出時期など、会社の規定を確認してそれに従ってください。

 

転職を決めたらすぐに行動を開始しよう

例えば冬のボーナスをもらってから辞めたいなら、年明けの1月か2月に退職することを視野に入れた転職活動が必要です。これとは別に、繁忙期をなるべく避けたい場合も、年度代わりや決算期以外の月に辞められるように計画を立てましょう。とはいっても、年度替わりなどにかかわらず、365日常に仕事に追われているという会社も多いものです。このような場合は、自分でタイミングを考えて辞めるしかありません。辞めると決めた3か月前に伝え、後任への引き継ぎがしやすいように、引き継ぎ内容を具体的に記載したノートを作成するなど、効率的に作業を進めていきましょう。

転職活動のタイミングについては、退職してから職探しをしようと考える人も多いのですが、転職を決めたら、すぐに行動を開始することをおすすめします。働きながらでもできることは、たくさんあります。まず、求人情報を集めましょう。そして、業界の動向や希望する企業の状況などをしっかりとリサーチしてください。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事