日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

40代女性の転職でのメリット・デメリット

40代女性の転職でのメリット・デメリット

40代の転職事情は、非常に厳しいのが現実です。しかし、だからといって、尻込みする必要はありません。

40代は、職業人生の中で最も脂が乗っている働き盛りの年代です。長年の経験から、社内では後輩や部下を率いて重要なプロジェクトを任される、管理職として部下と上司のパイプ役として活躍するなど、職業スキルの高さに加え、マネージメント能力も養われていますから、即戦力として実績があげられる人材といえます。

1.40代の女性転職でのメリット

ポイントを説明する中年女性

40代だからこそのメリットは下記の内容があげられます。

 

リーダーとして迎え入れてくれる企業も少なくない

生き馬の目を抜くほどの厳しいビジネス戦線では、企業は新たな販路開拓や業績アップによる生き残りをかけて海外進出、新規プロジェクトの発足、新製品の開発などなど、さまざまな方法を模索しながら経営を行っています。

このような企業に必要なのは、結果が出せる人材です。20代では実績がありませんから、まだまだ結果が出せるとはいえません。30代でも後半になるとリーダーとして人を引っ張っていく力が蓄えられてきますが、経営的センスを持ちながら働けるのは何といっても40代です。このため、新規事業の立ち上げなどで40代をリーダーとして迎え入れようと考えている企業は少なくありません。

 

競争率が低い

また、転職市場では、20代~30代前半の転職者が圧倒的に多く、40代の転職希望者が少ないので、競争率が低いというメリットもあります。その分求人数が少ないので、募集企業を探すのは大変ですが、面接までこぎつけたら、採用される確率は非常に高くなります。

 

人脈を武器にできる

メリットはまだまだあります。これまでのキャリアでコツコツと培ってきた人脈が、大きくものをいうことがあるからです。企業が、あなたが持っている人脈に魅力を感じて採用することも大いに考えられます。このほかにも人脈を使って転職先を紹介してもらう、転職先の人事担当者にさり気なく人柄をアピールしてもらうことも可能です。人脈はかけがえのない武器ですから、面接時にも積極的にアピールしましょう。

 

2.40代の女性転職でのデメリット

怒っている女性
40代女性の転職では、デメリットも増えてきます。メリットとデメリットを天びんにかけて、今後の行動を慎重に決めましょう。

 

年収が低くなる

まず、40代女性の転職のデメリットで最も多いのが、年収が低くなることです。特に、これまでずっと同じ会社で働いていたという女性は、かなりの年収をもらっているはずですし、ボーナス評価も高いケースが多いので年収は高めです。しかし、せっかく順調に昇給してきても、ここで転職をすると、新人扱いになりますから、年収がガタンと下がるケースが多いのです。年収を維持したい、年収アップを希望するという人は、戦略的に転職活動を行う必要があります。

 

異業種の転職は非常に困難

また、40代からの異業種への転職は、非常に困難となります。まずムリと諦めてください。40代のセールスポイントは豊かな経験と実績です。即戦力として採用されますから、未経験の異業種への転職では、せっかくの武器が使えないので採用されにくいのです。40代の転職は自分の実績が生かせる、同じ業種間での転職がお約束です。

 

業務内容がハードになる

そして、転職をすることで業務内容がハードになることも多いので注意しましょう。40代での転職は、大きな戦力として期待されます。それなりの業績を上げないと、周りから白い目で見られることも多いのです。

 

高度なコミュニケーション能力が求められる

また、管理職として採用された場合は、部下のマネージメントも行わなければいけません。部下と上役との板挟みで苦しんだり、部下とのコミュニケーションがうま取れなくて悩んだりすることもあります。40代の転職では実力だけでなく、すぐれたコミュニケーション能力が不可欠な要素となります。転職することによって、年下の上司ができたり、年上の部下ができたりするなど、人間関係がギクシャクするリスクは高くなるからです。どのような状況でも、誰とでもコミュニケーションが取れる能力が求められますから、人付き合いが苦手という人の場合、管理職としての転勤はハードルが高いと感じる人も多いのです。

 

労働条件が悪くなるリスクがある

また、正規社員として雇用されないこともあります。40代は嘱託扱い、アルバイト扱いとしての採用を条件として雇用するという会社もあるからです。このように、40代女性の転職では、今までの労働条件より悪くなるリスクがあります。上手に自己アピールするだけでなく、年収などもしっかりと交渉するなど、計画的な転職活動が求められます。行き当たりばったりに行動すると失敗する可能性が高いので、慎重に行いましょう。

 

3.40代の女性転職先、求人の探し方

成功
40代の女性が転職をする場合、求人を探すのは20代、30代に比べて難しいと覚悟しましょう。40代の正社員を募集している企業がとても少ないからです。このため、よほど計画的に転職活動を行わないと、応募先がなかなか決まらないという事態にも陥りかねません。

求人情報はあらゆる媒体を利用して、徹底的に集めましょう。タウン情報誌町の求人情報雑誌新聞などの紙媒体、また、ハローワークの求人募集も見逃せません。

 

インターネットでの求人情報

そして、現代ではインターネットを活用した転職活動が主流です。一般的な求人検索サイトはもちろんのこと、地元の自治体が実施している人材活用施策などのチェックもお忘れなく。住んでいる都道府県、市、町、村、区などのホームページに、人材活用情報が掲載されています。なかには働く女性を応援するサイトを用意している自治体もあり、さまざまなセミナーや職場紹介なども行われていますので、これらの情報もくまなく確認しましょう。

現在の日本は一極集中型となっており、東京や大阪、名古屋などの大都市に人が集中する傾向があります。このため、地方の中小企業では都心から移住してきたUJIターン人材を活用するための施策に取り組んでいます。このような施策を活用すれば、40代でも就職しやすくなります。

 

転職エージェントへの登録がおすすめ

また、転職エージェントに登録して求人を探すのもおすすめです。公開情報だけでなく非公開の求人情報を数多く持っていますから、自分では探せなかった求人情報が手に入ります。少しでも多くの非公開求人情報を得るためには、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントによって得意分野が異なりますから、幅広い求人情報が得られます。

いずれにせよ、40代の転職ではあらゆる媒体を活用して積極的に求人情報を集め、ここはと思える企業があれば、どんどん応募書類を送ることが大切です。ただ、転職後に後悔しないためにも自分が望む条件に近いかどうかの確認は、しっかりと行いましよう。転職エージェントなら、希望を聞いたうえで、ぴったりの職場を紹介してくれるので転職後のミスマッチングが少なくなります。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事