日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

アラサー女性の転職メリット・デメリット

アラサー女性の転職メリット・デメリット

アラサー世代の転職では、仕事の専門的な部分に関する経験がある程度あることや、売上を上げたプロジェクトに携わっていたといった具体的な経験やスキルが求められるのが、20代前半の転職との違いであるといえます。求められるのは、将来開花すべきであろうスキルではなく、即戦力となる人材なのです。

そのため、応募要件を全て満たしていなくても、志望企業に自分が即戦力になり得ることを伝えれば採用にこぎ着けられる可能性も出てきます。

しかし、メリットがあれば勿論デメリットもあります。このページではアラサー女性の転職のメリットとデメリットを紹介します。それぞれのポイントを踏まえた上で転職活動に臨みましょう。

1. アラサー女性の転職のメリット

階段を上る女性
アラサーで転職する際にはどのようなメリットが得られるのでしょうか?

 

20代前半、40代双方のメリットを享受できる

まず、アラサーで転職する際のメリットを考えると、経験も十分に積めているため即戦力になりやすい、そして将来のリーダー候補として扱われるということが言えます。また、20代前半の転職はその将来性に投資してくれる企業があるでしょう。

一方、40代になると仕事に対する経験や役職や家庭のことから転職の自由度が低くなってしまいます。30代、アラサーの転職では、20代前半、40代双方のメリット享受することができます。これが、アラサー転職のメリットです。

 

社内にいい影響を与えることが出来る

では、アラサー女性と考えたときのメリットですが、やはり経験が強みになってくるでしょう。その他の部分では、例えば、結婚して家庭に入って出産し子育てをして復職するにはそういった経験を活かすことができます。同じように子育てしている女性への気づかいができるという意味です。こういった存在がいると、会社ではより頼られる存在になるのではと言えます。

また、30代女性などは40代女性と共有できる話題でも有り、広い意味で多年齢の人々を結ぶ役割になっていくと言えます。子育てを知った管理職ともなれば、部下に自分が経験したことなどへの気づかいができます。このような部分がアラサー女性の転職のメリットと言えるでしょう。

仕事ができ、職の経験だけでなく、家庭の経験を持つアラサー女性の存在によって、会社自体もそういう女性へ配慮していることを対外的にアピールすることができますし、若い女性の方にも、結婚や子育てのことに対する相談役としての立場にもなり、社内的にも良い影響を与えることになるでしょう。

 

2. アラサー女性の転職のデメリット

指を指される女性
アラサー女性の転職のデメリットですが、やはりライフステージの変化である結婚、出産、育児と言ったイベントがあると認識されていることです。

 

家庭に入っていてもいなくても採用されにくい

一度家庭に入った女性の場合、これまでのブランクが生じてしまっていることが何よりもデメリットになるでしょう。スキルを持っていたとしても長いブランクにより、スキルを本当に今でも活用できるのかといった問題が生じてしまいます。家庭に入っていなくても、将来的には家庭に入ってしまうのではないと思われるため、男性に比べると転職に不利な部分が発生してくるでしょう。

また、自分が今持っているスキルをきちんと認識して、前もって経験を積んだりや新しいスキルを身に付けたりというのも大事だと言えるでしょう。この点で言えば、男性よりも早めに将来設計をしておく必要があると言えます。

 

基準を満たす転職先が見つかりにくい

また、子供が保育園に通えるようになっても、送り迎えの時間があるので、そういった部分で職場が配慮してくれるのかといった部分を含めて転職を行う必要があるでしょう。

8割の女性が未婚既婚にかかわらず、働き続けたいという風に思っています。しかし、いずれ結婚して、子供が欲しいと考えているアラサー女性は、転職に際し、重要な基準を持っています。それは、産休育休の取得が容易かということ、女性の管理職登用率そして残業のボリュームですが、基準全てを満たすような会社はそれほど多くないというのが現状です。

家庭があっても、妥協して残業のある会社をとるかなど、様々な選択肢があります。その中から、何とか自分で許せるラインというのをみつけて、転職が成功するようにしましょう。

 

3. アラサー女性の転職注意点

椅子に座って悩む女性

アラサー女性の転職では、今までの実績を具体的に数字で出したりして、アピールを行いましょう。そして、そのスキルや経験が転職先でも活かせるものであることを伝えるのです。その上で、「前職でできなかった事が今志望している会社ではできる」といった前向きの転職理由を説明できるようにしておきましょう。

 

リーダー候補だということを意識しよう

また、日本では1993年から2005年頃までいわゆる就職氷河期世代で企業が新卒採用を抑えていた結果、今企業では、40代、30代後半がいない、足りないといった事態が起こっています。そのため、アラサー世代はアラフォー世代にかわる、リーダー候補として考えらていることを意識しましょう。

20代前半の転職のように、「自分に合っていない職種だった」などといった理由では転職することができないと言えるでしょう。

 

自分のスキルにあった仕事を選ぼう

また、20代前半と比べて、アラサー世代は貴重な戦力であると言えます。そろそろ仕事を覚えてきて会社も責任のある仕事を任せ始める頃です。しかしながら、現状では上の世代が多く残っているため昇進できずに、報酬の割に責任の重い仕事を押しつけられる世代でもあります。だからこそ、自分のスキルにあった仕事を選ぶために転職という選択肢を見つけ出すのが良いのではないのでしょうか。

 

家庭に入るつもりはないのなら「ない」と言い切ろう

アラサー世代では、働き方によって転職時に注意する点が出てきます。独身女性の場合は、転職時に結婚や出産のことについて聞かれることが多いでしょう。

結婚してすぐに止めてしまうのではないか、出産に伴ってすくに育休に入ってしまうのではないか等、ブランクが生まれることを企業側は憂慮しているのです。家庭に入るつもりではないのなら、そこはきっぱりと、ない、といいきることが大事でしょう。

 

ブランク期間中はスキル向上に努めよう

また、入社後すぐにやめる、もしくは、出産するつもりであるのならば、転職活動を中断してみるのも一つの手だと思います。その際に気を付けたいのが自分のスキルを磨いておくことです。仕事から離れるとどうしてもブランクの期間が続きます。ですので、PCのスキルを落とさないように、パソコンスクールに通ったりするなどして、スキル維持に努めるべきでしょう。

また、現在は家庭に入ることを考えていないアラサー世代でも、将来的には家庭にいったん入るという可能性もあります。ですので、予定がなかったとしても、日々の仕事の中でブランクが起きてもすぐに転職して、即戦力になれるように、意識してスキル向上を目指しておくと今後のためにも良いと言えるでしょう。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事