日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

ブランクのある女性が転職成功するための3つのポイント

ブランクのある女性が転職成功するための3つのポイント

転職活動をするに当たっては誰しもが多少はブランクの壁に苦しむことになるものですが、傾向としては男性よりも女性の方が強いものです。何故なら基本的に男性の場合は結婚や育児等の為に会社を辞めるという考えは一般的ではない上、出産することも出来ないからです。

このページではブランクのある女性が転職活動に成功するためのポイントを3つ紹介していきます。それぞれのポイントをしっかりと押さえて、よりよい転職活動に臨みましょう。

1. 会社の選び方

悩む若い女性

ブランクのある女性が転職をした時には、教育係がいるようなところを探さなくてはなります。その選び方としては、研修期間や不安を感じなくてすむような環境が整っているところを探さなくてはなりません。

 

転職サイトを利用して自分に合った職場を探す

転職をするのであれば、転職サイトを利用することも出来ます。担当者には自分がどのような会社を望んでいるか、どのように教育をしていってもらいたいかなどを伝えておくことです。担当者に希望を伝えておくようにすれば、自分の希望にぴったりの所を見つけてくれるようになります。

転職をする時には、給料の良し悪しだけではなく、働きやすさも重視して探すようにしなくてはなりません。働きやすさを重視していなければ、給料がいいだけで過酷な環境で働かなくてはならなかったり、自分がのぞんでいなかったような仕事をしなくてはならない場合もあります。

いかに働きやすい場所を探せるかどうかによって、仕事を変えて良かったと思えるようになるはずです。

 

2. 履歴書の書き方

履歴書を書く女性

転職活動において最も大切なことは、履歴書や職務経歴書等といった応募書類をいかに上手に埋めるかということです。この段階で既に採用されるか否かが決まっていると言っても過言ではありません。

具体的に企業側は応募者が提出したそれらの書類のうち、どの部分を重要視して見ているのでしょうか。

 

長期間のブランクは転職活動において不利

新卒等を除く場合、多くは職歴を最も重要視してチェックしている企業が多いのです。何故なら職歴を見ることによって、その応募者が過去にどのような会社のどのような業務に従事していたかを知ることが出来、そのことによって希望する人材なのかを見極めることが出来るからです。なのであまりにも無職の間が長い人、いわゆる空白期間が長い人というのは、転職活動において不利になることが多々あるのです。

時として経験者が経験したことのある職業に応募する場合であったとしても、その経験職種に従事していない期間、いわゆるブランク期間が多いと時としてマイナスのイメージを企業に与えてしまうことがあります。

昔取った杵柄ということわざがありますが、いくら豊富な経験があったとしても、それが過去の栄光に過ぎなければ企業側も採用してしまうことを躊躇してしまいがちになるものだからです。

それではそのようなブランク期間がある人が転職活動の際に履歴書や職務経歴書を作成する場合、どのようなことに特に注意して作成していけば、少しでも企業側にマイナスイメージを持たれてしまうことを防ぐことが出来るのでしょうか。

 

失業期間中の努力をアピールする

まず何といっても少しでもその空白の期間内に自分自身が頑張っていたことを思い出し、それを記入していくことです。例えば失業している期間中に国家資格や各種検定試験等の取得の為に勉強していたという人の場合、そのことを積極的に追記して企業側にアピールしていくべきです。

つまり例え失業期間中であったとしても遊んでたり怠けていたわけではないということを自分で証明していけば、企業側に逆にプラスのイメージを持たれることこそあれど、マイナスのイメージを持たれてしまうリスクをかなり減らすことが出来るでしょう。転職活動というのは自分自身をとにかく少しでも良く見せることが大切なのです。

 

3. 面接で好印象を与える方法

面談する女性

一般的に日本の企業というのはブランク期間、つまり何らかの理由で働くことが出来ていなかった空白期間がある転職希望者のことを良くは思いません。しかし面接の時に少しでも好印象を与える方法は、探せばいくらでもあるのです。

それでは具体的にどのようにすれば、面接にて好印象を相手に与えることが出来るのでしょうか。

 

空白期間をマイナスではなくプラスに捉える

まず何よりも大切なこととして、絶対に人事担当者等にマイナスで悲観的なイメージを持たせないことです。つまりは空白期間があるという事実を決してマイナスな事実とはとらえないことなのです。もちろん少しの空白期間もなく働けるのであれば、それに越したことはありません。しかし人間なのですから、長い人生の中には色々なことがあるでしょう。

妊娠出産育児も、そのような人生上の欠かすことの出来ないイベントなのです。なのでそれらのイベントを通じて自分が一体何を学んだのか、一体どのような人生観の変化があったのか等を、淡々を語っていけば良いのです。

例えば子育てをするようになって、より人に優しくすることが出来るようになった等と説明すれば、人事担当者をうならせることが出来るでしょう。空白期間があるということイコール絶対的なマイナス要素ではないのです。

 

転職先で役に立ちそうな本を読んでおく

それから出来れば面接に臨む前に、転職先で役立ちそうな本の一冊でも読んでおくと良いでしょう。そしてその本を読んだことによって学んだことを、人事担当者等に話せば良いのです。空白期間中も決して毎日を無駄にしていたわけではないのだということを、諄々と説明していけば良いのです。

そしてもちろん、しっかりと相手の目を見て会話をするという、コミュニケーションの基本は忘れずに臨むようにしましょう。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事