日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

子育て中の女性が転職する際に知っておくべきポイント

子育て中の女性が転職する際に知っておくべきポイント

不景気の現代社会において、希望する会社へ転職を無事果たすことは、決して簡単なことではなくなってきつつあります。

一般的な女性ですらそのような厳しい状況にあるのですから、子育て中の女性であれば尚更のこと厳しい転職活動になることは覚悟しておく必要があります。

このページでは、そんな子育て中の女性が転職をする際に知っておくべきポイントを紹介していきます。それぞれのポイントをしっかりと踏まえた上で転職活動に臨みましょう。

1. 子育て中の女性の転職先の探し方

家族

子育て中の女性の転職先は、限られてくるという意見が世の中には沢山溢れています。それは一体どうしてなのでしょうか。

子育てといっても色々な段階があるものですが、特に小学生以下の小さな子供を育てている女性の転職活動が難しいと言われています。小さな子供というのはとにかく色々なことに関して手がかかるものです。その中でも子供が病気になった場合、親としては子供を病院に連れていったり看病したり、とにかく精神をすり減らすことになってしまうのです。

専業主婦であればそれ位の苦労は大した苦労ではないと考えてもおかしくはありませんが、ワーキングマザーにとってはそうも言っていられません。何故ならワーキングマザーの場合、会社を容易に休むことが出来ないからなのです。

 

子供の為に欠勤や遅刻早退をすることで起こるデメリット

子供の為に会社を休んだり遅刻早退等をするということは色々なデメリットがあるわけです。

まず時給制で働いている人の場合、当然のことながら休んでいる間のお給料はもらえないことになってしまいます。冬にインフルエンザ等にかかって一週間近くも会社を休まなければいけないことにでもなれば、泣くに泣けない状況になってしまうことでしょう。

それからお給料が少なくなることだけでなく、会社の皆に迷惑をかけてしまうのではないかとの気持ちになってしまいます。酷い会社の場合ですと、あまりにも子供の病気等が原因の欠勤等が多い為、その女性を解雇にしてしまったという所もある位なのです。

 

沢山のスタッフが働いている会社がおすすめ

それではそのような小さな子供を育てている女性達が比較的転職しやすい会社はどこなのでしょうか。一言で言えば、大量採用しているような常時何十人とか何百人などといった沢山の人が会社で働いている仕事を探せば良いのです。

例えばコールセンターというのは通常は多くのスタッフを抱えています。なので一人位仕事を休んでしまうようなことがあったとしても、その休んだ人の分まで働いてくれる人が十分いるのです。なので比較的会社を欠勤したり遅刻早退するということに対して、罪悪感を持つ必要がなくなるというものなのです。もちろんそれに甘えすぎてもいけませんが、いざという時は他にいくらでも自分の仕事を担当してくれる人達がいるというのは心強いものです。

子育て中の女性が良い転職を果たすのは至難の業とも言われていますが、根気よく探していくことで、必ず理想とする転職を果たすことが出来るのです。

 

2. 子育て中の女性が面接で確認すべきこと

ハローワークで相談する求職者

そもそもどうして子育て中の女性はそうでない女性と比べて転職活動が難しくなると言われているのでしょうか。それはやはり子供の影響、特に乳幼児等の小さな子供の影響があるからに他なりません。

小さな子供というのは大人と違ってちょっとしたことで風邪や病気等になりやすく、よって病院にしょっちゅう行く必要があります。大人と違って一人で病院に行って診察を受けたり、一人で自宅で療養することなど当然のことながら出来ません。

だからこそ自分の子供が風邪や病気等になってしまった場合、どうしても他に子供の面倒を見ることが出来る祖父母等の他の大人がいない場合、自分自身で会社を休んで面倒を見るしか選択肢はないのです。

 

誠実な態度で面接に臨む事が重要

そのため会社としては、子育て中の女性を採用したはいいが、入社後に子供の風邪や病気を原因としてしょっちゅう会社を欠勤したり遅刻早退するのではないかと心配になるのです。

このような会社側の事情を十分に理解しておいた上で、面接に臨む覚悟が必要です。例え向こうから積極的に子供の有無について聞かれなかったとしても、子供がいるという事実は正直に打ち明けておいた方が良いでしょう。

 

残業の有無を確認しておく必要がある

それから小さな子供がいる人は、なかなか残業が出来ないというケースが多いものです。何故ならそもそもワーキングマザー等は小さな子供を保育所等に預けて働いていることが多いからです。保育所が子供を預かることの出来る時間は決まっていますので、どうしても保育所が閉まる時間までには子供を迎えに行く必要があるからです。

なので面接の場においては必ず残業の有無を確認しておく必要があります。もちろんそのような質問をするのが躊躇されるという人は、最初から求人票等を吟味した上で、残業なしと書いてある企業を選ぶのも賢い方法の一つです。

小さな子供を持つ人の転職活動というのはとにかく大変なものですが、なかなか働かないという選択をすることは出来ないという事情のある人も多いものです。なので賢く転職活動をしていくことが、何よりも大切になります。

無事に内定をゲットして、子供と楽しく生活したいものです。

 

3. 将来のことを考え転職しよう

ヴィジョンと書かれた道

一生専業主婦で暮らせるのであればいいですが、現実は厳しいものです。

夫の給料が上がらなかったり、どんどんカットされてきているようであれば、夫の稼ぎに頼っている場合ではありません。妻も一緒になって家計に協力したり、貯金が出来るほど頑張って働くくらいの気持ちがなければ、これからの時代を乗り越えていく事は出来ないでしょう。

30代の後半になってから子どもを出産したのであれば、子供が大学を卒業するころには、60歳近くになっています。その頃になってなんとか子供を卒業させれば、それから子供にお金がかかることもないでしょう。

そこからは自分で稼いでくれるようになりますので、親はあまり心配をする必要はありません。しかし子供が社会人になれば、今度は自分の人生の事を考えなくてはならないでしょう。今までは子供のために給料をほとんど使っていたという事であれば、貯金もほとんどない状態のはずです。そんな状態のまま老後を迎えるというのはとても危険があります。

そして、子供が社会人になってすぐの頃には、親も元気で働いているはずです。しかし健康などはいつ壊してしまう事になるかはわかりません。稼ぎ頭の夫に倒れられてしまえば、一家の生活は苦しくなりますので、自分もしっかりと稼げる仕事に就いておく方が安心できます。

 

早いうちから将来の事を考えて転職をする

まだ小さな子供の子育て中だったとしても、出来るだけ早いうちから将来の事を考えて、女性は早く転職を考えなくてはなりません。看護師として働くのであればパートであったとしても、通常のパートよりも一気にたくさん稼ぐことが出来ますので、女性の転職として、選びたい職業と言えます。

 

転職をしなくてもすむような職場を探すことが大切

女性が転職をすることによって、家計が楽になってくれば、貯金額を増やしていくことが出来るようになります。貯金額がたくさんあれば、子供が将来遠くの大学に進学したとしても、余裕を持って仕送りをすることも出来るでしょう。しかし貯金がなければ、子供が行きたい大学に通わせてあげることが出来なくなる可能性があります。それでは本人も親も一生後悔をすることになってもいけません。

やはり子供が行きたい学校に行かせてあげたいですので、早く転職をするようにして、将来の為にもどんどん貯金をしていくようにした方がいいでしょう。長く働くことによって昇進をすることもあれば、昇給をすることもありますので、その後転職をしなくてもすむような職場を探して長く働くようにした方がいいでしょう。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事