日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

女性が働きやすい会社へ転職するため8つのポイント

女性が働きやすい会社へ転職するため8つのポイント

近年、働く女性が増え「女性が働きやすい職場」を作る会社も増えてきました。しかし、一般的にいう女性が働きやすいい職場というのは、どのような職場のことを言うのでしょうか。

また、女性が転職する際に、どのように女性が働きやすい職場を見つければ良いのでしょうか。ここでは、女性が働きやすい会社へ転職するための8つのポイントについて紹介しています。

 1.女性が働きやすい職場とは管理職に女性がいる

ポイントを説明する中年女性

女性が働きやすい職場の特徴の1つとして、会社の管理職に女性がいるということが挙げられます。通常、会社の制度や仕組みについて、最終判断を行うのは管理職の方の場合が多くなっています。

そのため、管理職が男性しかいない職場の場合は、どうしても男性視点での働きやすい会社になってしまいます。管理職に女性が1人でもいれば、女性の視点から働きやすい会社をその分取り組んでくれている可能性が高くなっています。

業務間での男女間の差別がない

管理職に女性がいるということは、業務において、男女間の差別をしていないという場合が多いです。そのため、男女に関係なく、能力を評価してもらえる可能性があります。

 2.女性が働きやすい職場とは福利厚生がしっかりしていてその利用者率も高い

さわやかな笑顔の女性

これは女性だけでなく男性にも言えることですが、福利厚生がしっかりしていて、その利用率が高い会社は働きやすい会社と言えます。近年、福利厚生に関しては、会社としては十分な量の制度を整えている場合や、独自のユニークな制度を設ける会社が増えてきました。

女性が働きやすい職場は福利厚生の利用率が高い

大切なのは、福利厚生を社員がしっかり利用しているかどうかです。福利厚生が充実していても、その利用率が低ければ求人的には魅力的になりますが、働きやすい会社とは言えませんよね。そのため、働きやすい職場を探す際には福利厚生とその利用率も確認しておきましょう。

 3.女性が働きやすい職場とは業務以外の気配りを求められない

プレゼンする女性

女性ならではな「気遣いができる」という特徴が時にデメリットとなることがあります。特に日本の会社では、社内の掃除や、電話対応、来客対応などは、自分の本来の業務でなくても、女性社員が行うという風習があります。

もちろん、このような気配りという業務も必要なのですが、女性が働きやすい職場では、業務に集中してもらえる環境を整えるため、このような業務以外の「気配り」は求められなくなっています。

4.女性が働きやすい職場とは社員の女性用お手洗いが清潔

オーケーサインを出す女性

女性が働きやすい職場の特徴として、社員の女性用トイレが清潔であることが挙げられます。男性でも言えることですが、特に女性の場合、衛生面に関して敏感な方が多くなっています。そのため、会社のお手洗いが清潔かどうかは、女性の働きやすい環境を作り出しているか、管理されているかを見極めるとても大切なポイントとなります。

 5.女性が働きやすい職場とは女性社員の割合が高い

オフィス

やはり、女性と男性では考え方や体の仕組みも違うため、男性も女性もお互いに理解できないことがあります。そのため、男性が多い会社であると、女性ならではな悩み(月経や貧血)など、男性には相談できない場合も多く、精神的にストレスになってしいます。しかし、女性が多く働く職場であれば、比較的共感してもらいやすく、相談できる人もいるため、ストレスも軽減し、働きやすくなっています。

 6.女性が働きやすい職場とは復職している社員割合が高い

家族

女性は結婚をすると、出産や育児等、家庭に専念するため、会社を退社する場合が多くなっています。しかし、近年夫婦で共働きの家庭が増え結婚をしてからも働き続けたい、または、一旦退社したがまた復職したいと考える女性が増えています。

ですが、一般的には、女性が一度辞めた会社に復職するというのは難しくなっており、特にお子さんがいる女性やブランクがある女性は特別な資格などがない限り、同じ会社での復職は厳しいのが現実です。そのため、復職している社員の割合が高い職場は、会社の理解があり、女性が働きやすい職場と言えます。

 7.女性が働きやすい職場とは男女間で業務に関する差別がない

社会人の男女

日本の会社の場合、今でも多くの会社が男性が優位である場合多くなっています。これは、日本の昔からの文化が影響しているので、日本としてはこれからの課題でもあり、近年解決しようと政府も動いていますが、現状はなかなか厳しいものです。

性は結婚をすると、男性と違い、育児や出産などで休職や退社が考えられるので、重要な役職や責任の重い仕事をなかなか任せてもらえなくなっています。もちろん、会社にそういったリスクがあることは、分かります。しかし、本当に女性の働きやすい職場であれば、そういった差別なく業務を任せてもらえるはずです。

 8.女性が働きやすい職場とは育児休暇制度が整っている

赤ちゃんを抱く女性

女性が働きやすい職場の特徴として、育児制度が整っていることが挙げられます。女性にとって、出産や育児はとても大切なものです。その時間を尊重、サポートしてくれる育児休暇制度がある会社は、女性に理解があり、女性が働きやすい会社と言えます。

女性が働きやすい会社は育休の利用率が高い

また、近年では、男性の育休も推奨されています。そのため、上記の福利厚生に関しても記載しましたが、こう言った制度に関しては、男女関係なくどれだけの社員が利用しているのか、利用率を確認することも重要となっています。

まとめ

近年、働く女性が増えている中で、女性が働きやすい職場というのが注目されています。しかし、女性が働きやすい職場とはどんな職場なのか、他の職場と何が異なるのか、の見分け方をはっきり理解している人はなかなかいません。そのため、転職する際には、今回ご紹介した特徴を参考にしてみてください。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事