日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

女性が初めての転職で不安に思う事と対処法!面接成功のポイントもご紹介

女性が初めての転職で不安に思う事と対処法!面接成功のポイントもご紹介

初めて転職をする時は誰しも不安に思う事は沢山あると思います。女性の転職となると結婚や出産のこともあり、転職に対する女性ならではの悩みはつきものになってくると思います。そのため今回は、女性が初めて転職面接を行う際に悩む事とその対処法をお話ししていきます。これから転職をお考えの方は是非参考にしてみて下さい。

1.初めての転職で不安に思う事と対処法

メガネをかけた若い女性

女性で転職をお考えの方は沢山いらっしゃると思いますが、転職に対する不安はやはりつきものですよね。そのため、初めての転職で不安に思う事とその対処法についてお話していきます。

 

女性が未経験から営業職を希望すると不利になるか

採用においては、応募者の能力や人物面で選考が行われるため性別を理由に不採用になることはありません。そして、営業職においては女性ならではの気遣いやコミュニケーション能力に関心を持つ企業も多いため有利に働く場合もあります。面接の際には、営業という仕事の厳しさも理解した上で働く覚悟があることを面接で伝えると意欲の高さをアピールでき好印象です。

 

結婚・出産をしても働きやすい業界・職種はどこか

人によって働きやすいと感じる仕事や環境はそれぞれです。働きやすさの基準は、雇用形態や勤務時間、社風など様々あると思います。そのため、自分にとって結婚・出産をしても働きやすい条件は何か探してみて下さい。そして、それを踏まえたうえで希望にあう仕事や企業を探すことをおすすめします。

 

求人数が多い時期はいつか

求人数が多くなる時期は、具体的には2月、6月、9月に新しい求人が追加される傾向があります。しかし、極端にこの月が多くなるという訳ではないため注意してください。そして、一般的には求人数が増えると応募者も増えるという傾向があります。そのため、求人件数が多いから転職しやすいという訳ではないようです。そのため、自分の希望の就職先の求人情報を見逃さないように定期的に求人をチェックしておく事をおすすめします。

 

現職を続けるべきか転職すべきか

転職をする際に本当に転職すべきなのか悩むことは必ずあると思います。実際、自分の思い描いいている転職先を見つけることは難しいです。そのため、自身が会社に求める条件を紙に書きだしてそれに優先順位をつけて整理してみると良いです。

現職においても、何か気になる点を見つけてしまうと、現状の不満ばかりに目がいってしまいます。しかし、優先順位の最も高いものに納得がいっているのであれば現職を続けることもおすすめします。自分が会社に求める最大の条件は何なのかを明確にしましょう。

 

3年間は現職で働きなさいと言われるのはなぜか

一般的には、業務全体(業務を覚え、自分で業務を行い、後輩に教えるという流れ)を経験し理解するためには3年はかかると言われています。そしてこの事は、どの企業においても大体当てはまることであると思います。

1年目くらいだとまだまだ企業の悪い面ばかり見えてしまい良い点に気付く余裕がないと思います。2年目に入り、後輩などの面倒を見ていく中で企業全体について理解し3年目にやっと自発的に仕事ができるようになります。

また、3年勤めてから転職活動をすると応募先の企業からもある程度の経験やスキルを身につけており、短期間では辞めない人物であると判断されます。そのため、3年間は現職で働きなさいと言われるのです。

 

未経験職種に応募する際のポイントは何か

転職面接では、未経験者を歓迎している求人であっても過去の職歴に注目が集まってしまいます。それは、採用側があなたを採用することで自社にどんなメリットがあるのか見極めたいと考えているからです。

自身の職歴と希望の仕事の双方において関連の強い経験やスキル・強みを洗い出し面接でうまくアピールできるようにしましょう。具体的にアピールすると、目的や目標を持って職種転換を希望していることも伝わります。

 

プライベートな時間が欲しいという理由で転職しても良いか

今よりももっとプライベートな時間を確保したいという気持ちで転職をしてる人もいます。ただ面接する際に転職の理由として「プライベートな時間が欲しい」とだけ伝えてしまうと採用側はうちの会社でなくてもいいのかと勘違いしてしいまいます。

プライベートな時間を確保したいというのは、転職を考えるきっかっけにあたります。そのきっかけの先にある今後どんな仕事をして、どのように貢献・成長をしていきたいかという点を転職理由のメインにすること良いでしょう。

 

転職面接の際の見出し並みはどんなものが良いか

女性の場合は、レディーススーツを着れば間違いはありません。女性のスーツと言えば、以前はスカートでしたが最近ではパンツスーツもよくみかけるようになりました。どちらも良いのですが、どちらかというとスカートの方が好印象をもたれる事が多いです。

スーツの色は、濃い目の色(黒・紺・濃いグレー)を選ぶと良いです。中に着るブラウスは、カットソーかブラウスが無難で、白でなく黒でも大丈夫です。

 

転職面接の際の髪形

髪形はなるべくシンプルにまとめ、清潔感が感じられるような髪型を心がけましょう。ショートヘアーの女性の場合は、髪を耳にかけるだけでもまとまります。ある程度まで伸びている場合は一つにまとめると良いでしょう。

逆にロングヘアーの方は、髪が長い場合はすっきりとお団子などにまとめると良いです。その際に髪を束ねるゴムは、黒や紺などの暗い色にすると良いです。きっちりとお辞儀した際に髪が垂れてこない髪形にしましょう。

 

転職面接の際の靴

転職面接の際は、必ず黒のパンプスにしましょう。もちろんただ黒いだけでなく、シンプルで柄のないものを選びましょう。ここで重要なのがヒールの高さです。ヒールの高さは、女性らしさを見せるためには5センチくらいがちょうど良いとされています。

そのため、転職面接の際にも5センチを基準に選ぶと探しやすいです。普段ヒールのある靴が履きなれないい方は、面接の企業に入る直前に履き替えるという手もあります。

2.女性の転職面接を成功させるためのポイント

面談する女性

面接では色々な角度から質問がされます。面接官が何を確認したくて質問をしてるのかを考えその意図にあった回答ができるかによってコミュニケーション力が図られたりもします。女性が転職面接をする際の注意点を紹介していきたいと思います。

 

長く働きたいという気持ちをアピールしよう

女性を採用する企業が心配をするのは、採用しても入社後すぐに出産や結婚によって辞めてしまうことです。せっかく採用したのに何も覚えないまま辞められてしまっては企業側も困ってしまいます。そのような懸念を払拭するためにも経験を積んで会社に貢献したいという気持ちをアピールしましょう。

企業側は、育休・産休を取ってほしくないと思っている訳ではなく、仕事を覚え、貢献してくれている人にこそ制度を利用して欲しいと考えているはずです。

 

長く働いてくれるか確認するための質問例

長く働いてほしいと思っても直接的な質問はなかなかできません。そのため、言葉を変えて長く働けるのか確認されることが多いです。

  • 5年後10年後はどおうなっていたいですか
  • 生活とのバランスをどのようにとっていきたいですか
  • ご家族は働くことに賛成していますか

などといった質問をされることが多いです。そのため、長期的にキャリアを積み、その会社でキャリアアップを目指していることをしっかり伝えましょう。

 

制度内容に関する質問には注意しましょう

女性が気になる育児制度などのことばかり質問していると、それだけが目当てで入社を希望してるのではと思われてしまいます。

将来、必要になるかもしれない制度なので誰でもきになるとは思いますが、面接で聞く際は「子供がうまれてからも長く働きたいと思っているのですが、御社にそういう方はいらっしゃいますか」などと質問してみましょう。

また、面接ではなく内定が出たあとに人事に質問したり、女性社員に話が聞きたいと申し出でてみることも一つの手です。

 

採用側が条件に縛りがあるか確認するための質問例

採用側が、勤務条件を確認するための質問をみていきましょう。

  • 残業はできますか
  • 転勤はできますか
  • 通勤時間はどのくらいですか
  • 休みたい曜日や希望の勤務時間帯はありますか

子育て中の女性の場合、より具体的に働くことができる曜日や時間を確認されます。そのため、子供の預け先や子供が急病の時の対応方法はどうするのかという質問にしっかり答えられるかどうかも重要になります。

 

どんな質問に対しても大きな嘘はつかないようにしよう

どんな質問がきても、本当に無理なことをできますと答えたり、なんとかなるだろうと考えあいまいな回答をしてしいまうと後でトラブルになってしまったり、せっかく転職したのにも関わらず、退職に繋がってしまう可能性があります。できること、譲れることはしっかりと面接でアピールし、できないことはできないと謙虚に伝えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。転職面接ではしっかり準備した上で面接本番では、面接官と楽しくコミュニケーションをとって臨機応変に受け答えしましょう。女性の転職ということもあり、不安なことやわからないことは沢山でてくると思います。

しかし、実際に女性でも転職を経験し、自分に合った会社で生き生きを仕事をされている方は沢山います。そのため、目の前のことを不安に思わず、前向きな気持ちを忘れずに転職活動に励んで頂きたいです。

自分にあった転職先と出会えますよう心から願っております。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事