日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.00
このページを共有する

女性社員の平均年収と転職の注意点

女性社員の平均年収と転職の注意点

女性は就職後、結婚や出産、育児などのライフイベントを迎えます。企業側はこれらのライフイベントを機会に、会社を辞めてしまうのではないかと不安を抱いています。

このため、女性が転職をするときは、その会社で長く働きたいという意欲を伝えることが大切です。

このページでは、女性社員の平均年収と転職の注意点をお伝えしています。まず平均年収を知ることで、どれぐらいの相場(年収)で転職できるのかを理解しておきましょう。

 

1.女性の平均年収とは

お金を持つ女性

DODAの調査(2016年)によると、女性の平均年収は以下の通りです。

年代平均年収
20代前半
(20歳~24歳)
271万円
20代後半
(25歳~29歳)
347万円
30代前半
(30歳~34歳)
384万円
30代後半
(35歳~39歳)
400万円
20歳~40歳女性平均
365万円

20歳~40歳女性の平均年収は365万円でした。年代別では20代前半が271万円、20代後半が347万円、30代前半が384万円、30代後半が400万円となっています。

あたりまえですが、女性も年齢が上がるにつれて平均年収はアップしていますが、男性ほどではありません。

また、30代後半になると大幅な年収アップはしない傾向にあります。

 

業種別の女性年収トップ3

ランキング業種年収
1位企画/管理系451万円
2位技術系(IT/通信)419万円
3位技術系(電気/電子/機械)409万円

業種別では、最も年収が高かったのは企画/管理系の451万円でした。次に技術系(IT/通信)の419万円、技術系(電気/電子/機械)の409万円と続いています。(看護師・薬剤師のような資格職は除外しています。)DODAの調査(2016年)

 

女性のボーナス調査

価格.comの調査によると、2016年冬働く女性が支給されたボーナスの平均額は42.9万円でした。

2015年冬のボーナス平均額は48.4万円だったので、前年と比べ5.5万円(-11.4%)減少しています。

 

2.女性転職の注意点

笑いかける女性

女性は就職後、結婚や出産、育児などのライフイベントを迎えます。企業側は、これらのライフイベントを機会に、会社を辞めてしまうのではないかと不安を抱いています。

このため、女性が転職をするときは、その会社で長く働きたいという意欲を伝えることが大切です。

 

キャリアプランに関しての質問の回答を持っておく

特に既婚女性の転職の場合は、せっかく採用をしても出産をするとすぐに辞めてしまうのではと企業側が考えるため、面接ではキャリアプランに関する質問をされることが多くなります。

面接の際は、御社でさまざまな経験を積みながら、会社に貢献していきたいと考えていますなど、長く働き続けたいという意志を伝えましょう。

 

産休や育児制度の質問は注意する

女性の場合、転職先の雇用条件で産休・育児休暇に関する規約は最も気になるところです。当然面接でもそのことを質問するケースが多くなるのですが、質問の仕方に注意をしてください。

産休や育児制度のことばかり質問すると、仕事内容はどうでもいいのか、産休制度を利用するために入社を希望したのではないかなどと疑われてしまいます

 

長く会社で貢献したいことPRしよう

出産後も長く働いて御社に貢献したいからこそ、将来のために確認しているのだという意志をしっかりと伝えましょう。

そのためには、質問の仕方を「将来子どもが生まれた後も働き続けたいと考えているのですが、子育てをしながら働いている方は何人くらいいらっしゃいますか?」など、働く意欲をアピールしながら質問をすることが大切です。

 

企業側になって考える

企業が産休や育児休暇制度を設けているのは、女性でも働きやすい環境を整えて、少しでも長く働いてもらいたいと考えているからです。

会社への貢献なしに、これらの制度だけを利用しようと考える人を採用する企業はありません。質問を考える際は企業側の気持ちにたち、失礼な質問をすることを避けましょう。

 

3.女性の転職注意点まとめ

日本では出産を機会に、会社を退職する女性が60%存在すると報告されています。

そして、育児に手がかからなくなってから再就職をする女性も多いのですが、できれば産休や育児休暇を利用して同じ会社で働き続けましょう。その方が年収面でもキャリア形成面でも有利です。

転職先を選ぶときは、長く働いていきたいと思える企業を選ぶことが何よりも大切です。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事