日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

30代後半女性の転職で知っておきたい3つのポイント

30代後半女性の転職で知っておきたい3つのポイント

30代後半では、これまでの経験から得られた能力をいかして、即戦力として働ける点が最大の武器になります。それに加えて、30代後半でも、新しい環境にすぐになじめるコミュニケーション力があることをアピールする、新しい仕事を学んでさらに成長していきたいという意欲を示すなどの、プラスアルファも伝えるようにすれば、会社に有益な人材であると評価されて、採用される可能性が高くなります。

1.30代後半での女性の転職注意点

叫ぶ女性
30代後半からの転職は、成功が難しくなってきます。年代が高くなるので、どうしても20代や30代前半から優先的に採用される傾向があるからです。

 

他職種への転職は早目にすることがおすすめ

特に、経験のない他職種への転職はハードルが相当高いので、他職種への転職を考えている人は20代、遅くても30代前半のまでに転職することをおすすめします。求人広告には年齢制限を設けることが禁じられているので、明確に34歳までなどと年齢を条件にしている企業はありませんが、30代後半になると、書類選考で年齢を見て落とされるケースも多くなるので注意が必要です。

10年以上のキャリアがあるので、その点は高く評価されます。しかし、平均的な能力やキャリアしかない場合は、採用を躊躇する会社が多いのです。同じような能力しかなければ、少しでも若い人材を採用したいと考えるからです。若手のほうが給料が安くて済みますし、バイタリティや柔軟性があるので会社にもなじみやすいらです。

 

新しい職場になじみにくいと思われる

30代後半が敬遠されるのは、第一に、新しい職場になじみにくいことが挙げられます。転職後はこれまでと全く違う社風、組織体系、仕事の進め方に慣れなければいけません。また、会社の人たちともすぐに溶け込んでスムーズなコミュニケーションができなければ、仕事が進めにくくなります。さらに、人間関係でも、年下の社員が上司や先輩になることが多いので、ギクシャクすることもあります。このような理由で、なるべくなら柔軟性のある若手を採用したいというのが、企業の本音なのです。また、30代後半になると、これまでの仕事の進め方に慣れているため、新しい仕事に慣れるまでに時間がかかるケースが多いのです。

しかし、この点に注意してうまく自己アピールができれば、30代後半でも採用する会社は多いので、諦めずに、転職活動に取り組みましょう。

 

生活の変化による退職の心配がないことをアピールしよう

また、30代後半になるとライフスタイルを確立している人が多くなりますから、企業側が採用しやすいという側面があることも頭に入れておきましょう。30代後半では子育てに一段落ついた人が多いため、結婚や出産による退職の心配が少なくなるというメリットがあります。これらのことも頭にいれた自己アピールを行うと効果的です。

 

2.30代後半の女性転職は企業にどう見られるか

パソコンに向かう中年男性
企業が中途採用を募集する際に、30代後半の女性に対してステレオタイプな先入観にとらわれず採用しようと考えているはずですが、それなりの傾向はあります。

 

何度も転職を繰り返している人は注意が必要

まず、何回も転職を繰り返している人の場合、ほとんどの人事担当者がこの人を採用してもすぐに辞めるのではないかと思っていることを頭に入れておきましょう。また、一つの会社に長くいられない何らかの事情があるのではないかというのも、大きな懸念材料となります。たとえば本人がトラブルメーカーで、会社での人間関係がうまくいかない、社会常識がない、仕事ができないなど、転職を繰り返す理由に何かマイナスとなる事情があるのではないかと気にする人事担当者も少なくありません。このため、何度も転職を繰り返している人は、相手を納得させるだけの正当でポジティブな転職理由を用意しておく必要があります。

転職回数が多くても経理畑一筋、営業職でずっと頑張ってきたなど、一つの職種に絞られているのであれば、その人の得意分野がわかるので、採用につながりやすくなります。また、たとえ働き方に整合性がなくても、転職を重ねたのはなぜかという納得のいくストーリーを展開できれば、転職がマイナス要素としてではなくプラス要素として伝わることも期待できます。

 

ライフイベントに左右されるのではないかと懸念される

次に、未婚や子どもがいない既婚者の場合、結婚や出産ですぐに辞めてしまうのではないか、あるいは育児中の人は残業を嫌がるのではないかと見られてしまうことがあります。育児中の場合は、ある程度残業を免除されるのは当たり前だと考える職場は、まだ少ないのが現状です。女性にとってはまだまだ働く環境が整えられていない企業が大半ですので、結婚や出産というライフイベントがあっても、それに左右されずに長く働きたいという意志をしっかりと伝えましょう。男女雇用機会均等法が施行されてしばらく立ちますが、人事担当者は育児休暇などを利用するだけ利用して、その後さっさと辞めてしまうのではないかという心配があるのもホンネなのです。

 

30代後半らしい振る舞いや受け答えが求められる

また、30代後半での採用では即戦力が求められます。面接では30代後半の社会人にふさわしい振る舞いや受け答えをしなければ、いい年をして社会常識がないと判断されて不採用になりかねません。基本中の基本ですが身だしなみ、正しい敬語に注意をして面接に臨みましよう。また、受け答えも、最初に結論を伝え、次にその理由をわかりやすく述べる、自分だけ一方的にしゃべりすぎないなど、コミュニケーション力が十分にあることをアピールすることも大切です。

 

3.30代後半女性で転職する正しいタイミング

卓上カレンダー

転職のタイミングについての注意点は下記の通りとなります。

 

求人が増える時期の転職はあまりメリットがない

一年を通じて求人が増える時期があります。3月から4月、9月から10月がこの時期ですが、これは3月いっぱいで退職する人が多いことや、決算後の新規事業の立ち上げなどで中途採用の募集が増えるからです。このため、転職をするならこの時期が有利といえるのですが、30代後半女性の転職の場合は、このようなタイミングを狙っても、メリットはあまり大きいとはいえません。というのも、30代後半の転職では、即戦力が求められるからです。

また、3月から4月、9月から10月は中途採用の募集も増えますが、その分、応募者も増えますから競争率が高くなるというデメリットもあります。

 

具体的な転職スケジュールを立てることが大切

転職のタイミングは、退職のタイミングに大きく左右されますし、転職活動にどのくらいの時間をかけるかによっても大きく変わってきます。多くの会社が、退職時の決まりごとを定められています。退職の意志を告げ、後任に仕事の引き継ぎをする期間が必要ですし、年度替わりの繁忙期などに退職するのは、周りの迷惑にもなります。

まずは、今の会社で働きながら転職に関する情報を集め、具体的な転職スケジュールを立てることが大切です。これによって、今から何か月後に転職できるというおおよその目安がつきますから、それに合わせて活動しましょう。

 

転職サイトの活用がおすすめ

また、有利な条件での採用募集は、自分だけで収集するよりも、転職サイトを活用するほうが効率的です。特に30代後半の転職では好条件での募集が少なくなりますから、転職エージェントに登録してプロのコンサルタントに求人先を紹介してもらうことをおすすめします。これまでの実績や強みを伝えることで、実力を発揮できる会社を紹介してくれますから、結果的にベストタイミングで転職できることになります。

女性の転職サイトおすすめ比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事