日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

女性キャリア組が昇進するために知っておきたい2つのポイント

女性キャリア組が昇進するために知っておきたい2つのポイント

このページでは、女性キャリア組が昇進するために知っておきたい2つのポイントを説明していきます。

昇進を目指している女性は下記のポイントをしっかりと押さえ、納得のいく仕事に就きましょう。

1.昇進ができない女性キャリア組の特徴

悩む女性
キャリア組の女性のなかでも順調に昇進していく人と、思うように昇進できない人に分かれてしまいます。スタート地点では同じ立場だったのに、なぜこのような差がでるのでしょうか。それは、昇進ができない女性キャリア組に、共通の考え方のクセがあるからです。

 

八方美人で適切な指示が出来ない

もっとも典型的な考え方のクセは、誰からも嫌われたくないという八方美人的な思考です。キャリア組の場合、大きなプロジェクトを任されることもありますから、大勢の部下や後輩、同僚、そして上司などとスムーズな連絡をとりつつ、目標達成へ向けて業務を進めていく必要があります。目標達成の足を引っ張っている人がいる場合は、適切なコーチングを行って業務の妨げにならないように軌道修正をすることが大切です。

しかし、注意をすると嫌われるのではないか、ヒステリックな上司だと思われるのではないかなど、相手の気持ちを考えすぎて、適切な指導ができない人がいます。確かに、円滑なコミュニケーションのためには、和気あいあいとした人間関係も必要です。しかし、いつもいい顔をしているYESマンが誰からも好かれるかといえば、実際はそうではありません。信念のない人と受け取られて、信頼できないと感じる人が多いからです。

業績達成のためには、言うべきことは厳しく伝える。そして、褒めるべきことはしっかりと褒める。また、励ましやねぎらいが必要なときは、忘れずに声をかけるといった、きめ細かな対応が必要です。昇進している女性は、このような配慮が自然にできている人が多いのです。

 

視野が狭い

また、昇進できない女性の場合、視野が狭くなりがちというネックもあります。管理職として昇進するためには、ミクロな視点だけでなくマクロな視点が必要です。世界経済から日本経済、業界全体での自社の位置づけ、会社内での自部門の役割、今、自分に求められていることは何かに至るまで、広い視野でマネージメントを行う能力が求められます。昇進が遅い女性の場合、一つの専門分野に限れば非常に能力は高いのですが、マクロ的な視野に欠けるという点が指摘されています。

ただ、キャリア組で昇進が遅い人が、必ずしも能力不足というわけでもありません。先進国でありながら、日本企業では女性の活躍が非常に遅れています。これは構造的な問題で、男性中心の職場構造が長年続いてきたため、女性も働きやすい職場環境の整備がなかなか整わないのです。女性の視野が狭いというのも、その女性自身の資質の問題ではなく、会社の人事制度では、男性のように幅広い部門への異動が少ないため、視点を広げる機会が与えられてこなかった結果であるといえるのです。

 

理不尽な職場で働いている

また、たとえキャリア組であっても、女性というだけで昇進が阻まれるケースはざらにあります。同じキャリアならまず男性から昇進させたいというのが、会社側のホンネという企業も多いのです。

このような理不尽な職場で働いているキャリア組女性は、転職を検討するのも一つの方法です。まずは情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。他社の女性に対する待遇と、自社の待遇を比較してみましょう。

 

2.女性キャリア組が転職で昇進する求人の探し方

階段を上る女性
キャリア組として働く女性の多くが、もっとよい条件の会社で働きたいと望んでいます。女性の活躍が叫ばれていますが、まだまだ女性にとって不利な条件が多いのが現状です。

しかし、時代は確実に変わってきています。少子高齢化により、今最も期待されている労働力が女性です。今後は女性の昇進の道も活躍の場も、開かれていくと期待されています。このような状況は、キャリア組の有利な転職も後押ししてくれる追い風にもなります。

転職によって昇進などのキャリアアップを目指している人は、このチャンスを逃さずに、しっかりと自分のものにしましょう。

 

転職エージェントへの登録がおすすめ

そのためには、転職エージェントに登録することをおすすめします。

キャリア組の採用募集は一般職の採用とは異なり、オープンにされないケースが多いからです。女性のキャリア組はまだ人数が少ないのが現状ですから、企業側ではより優秀な人材を確保するために、転職活動を通じた募集活動を行うのが一般的です。転職エージェントの担当者が、会社が望む条件に近い人材を紹介してくれるからです。

そもそも公開の採用情報が少ないのですから、ひとりで転職活動をしていても、条件の良い転職先をみつけるのは難しいのです。自分でコツコツと転職情報を探すことも大切ですが、転職エージェントに登録して、自分の希望の条件を伝え、高待遇の転職先を紹介してもらうほうがはるかに効率的です。

そして、昇進を狙うなら、転職エージェントへのアピールも本気で行う必要があります。採用企業側は転職エージェントにお金を支払って、その対価として優秀な人材を確保しようとしています。ですから、転職エージェントは企業を落胆させないためにも、しっかりとした人材を紹介しなければいけません。このため、担当のコンサルタントがこの人なら紹介しても大丈夫だと判断した人でないと、いい会社を紹介してもらえないのです。

転職エージェントに登録し、しっかりと自分のキャリアをアピールして良い条件の会社を紹介してもらいましょう。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事