日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

働く女性が会社を辞めたいと思ったときの4つの注意点

働く女性が会社を辞めたいと思ったときの4つの注意点

毎日仕事をしていれば、誰もが何かしらの問題に直面します。仕事がうまくいかない悩みもあるでしょうし、上司とうまが合わないといった人間関係の悩み、残業が多く心身ともについていけないといった悩みもあるでしょう。

女性はさらに、出産・育児と仕事の両立という特有の悩みもあります。働く女性にとって、このような悩みの中で、ふとしたときに「会社を辞めたい」と思う瞬間が少なからずあるものです。

もしかしたら今、あなたもそのような状況にいるかもしれません。けれど、すぐに会社を辞めてしまうことは、自分にとって必ずしもプラスになるとは限らないのです。

それでは今から、働く女性が会社を辞めたいと思ったときの注意点をご紹介します。

1.転職が最善の策とは限らない

バツをもつ女性
いきなり厳しいことを言いますが、対人コミュニケーションが要因で「会社を辞めたい」と思う場合、転職が最善の解決策とは言い切れません。

対人関係の悩みは、少なからず、自分のコミュニケーションスキルにも問題があって起きるものです。

転職は、リスクをとって会社を変えることを意味しています。今の会社からより良い会社に行ける保証はなく、前職が恋しくなって出戻りするパターンも稀ではありません。

 

異動することで問題が解決する可能性もある

また仕事上の悩みであれば、転職をせずとも、異動することで問題が解決する場合があります。たとえば、店舗運営を主事業としている会社の場合、店舗と本部では仕事内容が大きく変わります。

もし店舗勤務を辞めたいのであれば、上司を通じて本部に異動願いを出すなど、転職前にできることは多々あります。

 

転職を決める前に今一度、冷静になって考えてみよう

会社にとっても、高い採用費用をかけた人材を、みすみす逃してしまうことは避けたいものです。状況によっては、転職は必ずしも最善の策ではありません。まずは自分の状況を冷静に分析して、可能性を探ってみましょう。

 

2.感情的になっていないか?

怒っている女性
女性によく見受けられるケースに、それまでの不満が爆発するように、感情的に会社を辞めてしまうといったものがあります。

自分の行動を振り返ってみて、今まで感情的に怒ることが多い方は要注意です。どのような理由があれ、会社を辞めることは大きなリスクを伴います。

大事なことは、会社を辞めることで、自分にとってどのような損と得があるかを見極めることです。

転職は、何度もやり直しがきくことではありません。辞めたいと思った一時的な感情を認めつつ、必ず冷静な状況判断をしてから意志決定をしましょう。

 

3.相談は社内の他部署の人に

笑顔で話しかける女性
女性だけに限りませんが、「会社を辞めたい」と思ったとき、何らかの行動に起こす前に、社内の他部署にいる人に相談することをおすすめします。

 

アドバイスを求めるのなら社内の人に

相談相手が社外の人でない理由は、会社の内情にある程度くわしくないと、あなたの話を理解しきることができないからです。ただ話を聞いて欲しいのなら、誰でも良いですが、何らからのアドバイスを求めるのであれば、社内の人が良いでしょう。

 

退職意思を第三者に知られないためには

しかし、社内の同じ部署の人では重大な問題があります。それは、あなたの退職意志が第三者に伝わる危険性があるためです。人事はかなりセンシティブな問題なので、たとえ信用している人でも、立場上どうしても上司に報告しないとならないケースもあります。

他部署であれば、0ではありませんが危険性は低くなります。どうしても退職意志を第三者に知られたくない方は、社外の信頼できる人やエージェントに相談することをおすすめします。

 

4.エージェントは感覚が合う女性を選ぶ

笑いかける女性
「会社を辞めたい」と思っても、いきなり転職に踏み出さず、まずは情報収集する方は賢いです。求人サイトや転職情報メディアに目を通したり、転職に成功した人とランチを共にしたりするのも良いでしょう。

さらに行動力がある方は、転職を決める前からエージェントに相談します。「転職をする可能性がある」段階でも、エージェントは親身に相談にのってくれるでしょう。そこで転職市場の情報収集をしたり、自身のキャリアプランを相談したりすると、新たな発見があります。

 

女性エージェントを選ぶことをおすすめします

また女性がキャリアプランを描く場合、出産・育児をそれぞれどのように考えるかが、大きなポイントとなります。この点、男性には想像できない不安や問題があるため、エージェントの能力以前に、男性ではなく女性エージェントを選ぶ必要があります。

理想を言えば、感覚が合う女性エージェントを見つけると良いでしょう。転職活動は長引く可能性もあります。仕事の話をしても、プライベートの話をしても感覚が合う人であれば、パートナーとして一緒に難局を乗り越えられるはずです。

 

「転職をしない」も立派な選択肢の1つ

階段を上る女性
「会社を辞めたい」と思っているのは、決してあなた一人ではないはずです。大事なことなので何度も繰り返しますが、一時的な感情で突然辞めてしまっては、あなたの未来に傷がつきます。

今回ご紹介した注意点を念頭において、まずは視野を広げて幅広い選択肢を持ちましょう。「転職をしない」というのも、立派な選択肢の1つです。それでも一歩を踏み出したいあなたは、まずは近くにいる人や、エージェントに相談してみましょう。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事