日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リブズキャリア評判
3.20
このページを共有する

シングルマザーが仕事と家庭(育児)を両立できるオススメの職場と働き方

シングルマザーが仕事と家庭(育児)を両立できるオススメの職場と働き方

最近ではシングルマザーは珍しいものではなく、世の中のひとつの家庭の形として定着しています。昔と違い女性も働きやすくなり職業も選べるようになってきましたが、まだまだシングルマザーにとっては仕事と育児を両立するためには厳しい世の中です。この記事では仕事と育児を両立するにはどのような職場が良いのか、勤務形態別に紹介していきます。

 

1.シングルマザーの悩みとは

椅子に座って悩む女性

シングルマザーはひとりで家事掃除から仕事や育児をこなし、子どもに対しては父親の役割も担わないといけません。仕事も何か資格を持っていれば転職時に役立つでしょうが、資格を持っていたとしても大変なのは変わりがないのが辛いところだと思います。最初にシングルマザーの仕事と育児についての悩みをみていきましょう。

 

シングルマザーの仕事の悩み

シングルマザーが仕事で抱える悩みには収入が少ないことが意見として多くありますが、実はもっと深刻な悩みがあります。

  • 子どもが病気の時は仕事を休まないといけない
  • 仕事を休みすぎると働きずらく感じる
  • 仕事が決まりにくく簡単に転職ができない

上記のような意見を見ると、今の仕事が合わないなと感じても我慢して働き続けるシングルマザーがいかにたくさんいるのかがわかります。

 

シングルマザーの育児の悩み

育児に対する悩みは子どもが小さくても大きくても、しっかりしていても尽きないものです。具体的にはみなさん子どもの精神面や教育面の心配が大きいようです。他には以下のような意見もありました。

  • 育児がストレスに感じてもはけ口がない
  • 子どもの成長や喜びを分かち合う人がいない

はけ口が無いのは自分の時間が無いから。イライラの矛先を子どもに向けてしまって反省はすれどへこんでなんていられないのです。そして、積み重ねる日々の中でみる子どもの成長を分かち合える人がいないとわかっていても落ち込んでしまいます。

 

2.仕事と育児の両立ができる職場を探すためには

赤ちゃんを抱く女性

現在仕事や育児に追われて辛いと感じているシングルマザーは働き方をきちんと考えれば今の悩みのいくつかは解消ができるでしょう。仕事と育児を両立したいのであれば子どもの預け先の確保は必要です。

  • 小さい子どもの場合は地域ごとの認可保育園
  • 小学3年生までなら地域の学童クラブ
  • 両親や身内に協力してもらえるか

市役所に相談することで子どもの預かり先を紹介してくれることもあります。認可保育園は母親の収入や地域の規定により保育料減額や免除の場合もあります。

 

どれくらいの収入が必要なのか再確認する

シングルマザーの中には働かないといけない気持ちが前に立ちすぎて、実は色んな援助を受けることを知らずに生活をしている人がいます。みんなが安心して暮らせる制度のひとつには生活保護もあります。援助を受けずに仕事をしている状態なら一度本当に必要な収入はどのくらいか確認しましょう。

 

譲れない働き方の条件を書き出す

生活環境を良くするためには仕事の充実度が関わっています。仕事と育児と重点を置きたいポイントはシングルマザーによって異なる内容ですが、条件がわがままだと思っても書き出すのはタダです。たくさん書き出した場合は消去法で譲れるものの順番に消して行けば譲れない条件が見えてきます。

 

将来に繋がるような職場を探す

求人によっては資格が取れたり、一度経験しておくと万が一転職が必要になった時に有利になるような職業があります。収入が高くてもただ働いていて何も身につかないならずっと大変なままになります。

 

3.シングルマザーが正社員として働く場合

プレゼンする社会人女性

収入を重視して可能であれば正社員で働きたいと考えるシングルマザーはたくさんいます。福利厚生が充実していたり賞与があったり、感じる魅力はさまざまです。正社員として働く場合は以下の点に注意しておきましょう。

  • 残業はどれくらいか
  • 休日日数は何日なのか
  • 転勤や移動はあるのか
  • 会社に託児所がある場合の利用の有無

せっかく正社員で働けて生活の負担になれば本末転倒です。良い職場に出会えれば定年まで働ける保障もついてきますので、職場探しに妥協をしすぎないようにしましょう。

 

正社員ではたらくおすすめの職場

特別な資格が必要なく正社員として働きたいと考えるのであれば事務系の職種が人気です。ただし事務職は人気があり求人の倍率も高いところが多いです。

  • 医療事務
  • 事務職

医療事務は資格がなくても勤務はできますが、医療関係の資格を有している方が優遇されやすいため民間資格である、医療事務技能審査試験を取得していると良いでしょう。その他にもPCスキルが高いなどの自分にとっての強みになるスキルがあると良いでしょう。

 

正社員で働くメリット

正社員として働けるのは福利厚生やボーナスがあるなどのメリットがたくさんあります。中でも大きいのは給与の安定ではないでしょうか。GWなどの連休があっても給料が変わらないというのは気分的にも安心できますし、休みを子どもと一緒に過ごせることは嬉しいことです。

 

正社員で働くデメリット

正社員で働くデメリットというのは、職場によっては残業があり子どもを保育施設に預けている場合はお迎えの時間に間に合わないなどの問題が生じます。シングルマザーが正社員になって感じるデメリットはその会社がシングルマザーに対して理解を持っているかいないかで大きく違ってきます

 

4.シングルマザーが派遣社員として働く場合

時計

最近では派遣社員として働く人が正社員と同じくらいの割合になってきています。派遣社員という働き方は自由な時間、自分に合わせた働き方ができるため人気があるのです。収入と育児同じくらいのバランスを取りたいシングルマザーにはおすすめの働き方です。

  • 有給はでるのか
  • 社会保険完備されているか
  • 休日の確保の仕方

派遣社員で働くのであれば上記3つはチェックしておきましょう。最近では派遣会社の方が福利厚生が充実していることも多く、働きやす環境が整っていると言えます。例えば交通費支給なども注目してみることも大事です。

 

派遣社員で働くおすすめの職場

派遣社員の求人は今ではアルバイトよりも多いです。その職種もさまざまありますが、育児とも両立をしなければならないシングルマザーにおすすめできる職場は次のものです。

  • 一般事務
  • 企画・営業系
  • 販売サービス系

ほとんど資格は必要でもなく、派遣会社をきちんと選べば質の高い職場を紹介してもらえます。質が高いというのは、仕事をしているうえで何かしらのスキルが身につくような仕事のことです。

 

派遣社員で働くメリット

自分の働く日にちや時間の都合が付きやすい派遣社員としての働き方ですが、一番のメリットはパート・アルバイトよりも高時給だという点です。仕事によっては知識や技術などのスキルが身につきますので、学べるスキルを目的として仕事を探すのも良いでしょう。

 

派遣社員で働くデメリット

派遣社員はボーナスがでません。交通費も就業場所によっては支給されますが絶対的ではないことはデメリットでしょう。基本的に契約期間が終わると早い段階で次の勤務先を紹介してもらえるのですが、家庭の事情などで就業途中で派遣契約を解除した場合はその派遣会社からのお仕事紹介がされないこともあります。

 

5.シングルマザーがパート・アルバイトとして働く場合

前向きな女性

シングルマザーでパートとアルバイトは少ないながらも育児に専念しやすく人によって最も働きやすいスタイルだと言えます。パート・アルバイトとして勤務するのであればこちらをチェックしましょう。

  • 社員登用有り
  • 昇給有り

通常長く働いても昇給しない職場はあります。アルバイトであれば自分の好きな仕事や興味のある仕事を選ぶこともあるでしょう。その時に将来性がある職場で働けるのは大切なことです。

 

パート・アルバイトで働くおすすめの職場

パート・アルバイトであればなるべく育児に負担がかからないような職種や勤務地が大事です。職場としておすすめできるのはこのような場所があります。

  • 学童スタッフ
  • 販売スタッフ

実は無資格でも学童スタッフは可能です。職場には子どもについての専門知識を持ったスタッフも多いため、育児についての悩みや相談もしやすく自分のやる気次第で資格も取得できます。将来性のあるアルバイト先になります。

 

パート・アルバイトで働くメリット

パート・アルバイトの一番のメリットは時間の融通が利くことです。子どもの生活に合わせて働くことが可能になり、育児への精神的な不安も軽減されます。求人数も多く、自分の興味があるものが見つけやすいのも利点です。

 

パート・アルバイトで働くデメリット

デメリットといえばボーナスや社会保険に加入できない場合もあることです。時給も低いことから、体調を崩してしまった時にはそれだけお給料も少なくなります。収入を重視させたいシングルマザーにはあまりおすすめできません。

 

6.シングルマザーが掛け持ちをして働く場合

忙しい女性

複数仕事を掛け持ちしているのは大変そうですが、派遣社員やパート・アルバイトの強みである自由な働き方ができる点を利用すれば可能なことです。ですが掛け持ちはかなり精神的・体力的にも負担がおおきくなるため、職場探しは慎重に行うことを忘れないようにしてください。

 

掛け持ちで働くおすすめの働き方

掛け持ちの場合はおすすめの職場ではなく、働き方についてお話をします。パートをメインにアルバイトを副業するよりは下記の働き方の方が収入の安定に繋がります。

  • 派遣を2つ掛け持つ
  • 派遣社員をメインにしパ-ト・アルバイトを副業にする

メインは週3日ほどにして、副業を週1~2日ほどの仕事にするのも良いです。メリットとメリットをうまく組み合わせることができれば無理もなく働けます。

 

掛け持ちで働くメリット

例えば土日もお昼など働ける時間は稼ぎたいシングルマザーもいます。空いた時間を有効的に利用して稼げるのは掛け持ちをする一番のメリットと言えます。どちらか職が無くなった場合も急に収入がなくなることもありません。

 

掛け持ちで働くデメリット

掛け持ちノデメリットはシングルマザー自身への負担が大きくなることです。上手に掛け持ちをしないと子どもとの時間もとれなくなり仕事と育児の両立ができなくなってしまいます。勤務する前にきちんと職場の上司に働き方についての相談をし、なるべく理解してもらえるようにしましょう。

 

7.シングルマザーは資格を持つと強い

スキル

医療事務は無資格でも働けるのは事実ですが医療資格を持っていると強みになるのは確かです。医療事務の資格も種類はたくさんあり簡単なものから難しいものまであります。簡単だから採用されにくいことはありませんので、自分が興味のある仕事にも活かせる資格取得に挑戦してみてください。その他にもおすすめの資格を紹介します。

 

幅広く使える資格「MOS」

Microsoft Office Specialistを省略したMOSですが、PCのワード、エクセル、パワーポイント~などのマイクロソフトオフィスを使いこなせるようになる資格です。勉強の期間は1~2ヶ月ほどで受験料についてはマイクロソフトオフィスのバージョンで異なりますが、だいたい10,000~13,000円ほどです。

 

ビジネスマナーが身につく「秘書検定」

職場の上司がスムーズに仕事をできるようにサポートする秘書業務の資格です。1~3級にわかれていて受験料は1万円以下。電話対応や来客対応、スケジュール調整など高いレベルのビジネスマナーが身につきますので取得していると事務系の職業でかなり重宝されます。

 

シングルマザーにおすすめな資格

MOSや秘書検定を持っていると事務系職の選択肢が広がるため体力も必要なシングルマザーにはかなり強みになるでしょう。この二つの資格の他に人気が高く、プラスのスキルとして使える資格を紹介します。

  • 日商簿記3級
  • 介護系の資格
  • 子どもに関する資格
  • TOEIC

比較的に資格取得の難易度も高くなく、育児の合間にでも勉強が可能なのは上記のような資格です。仕事と育児を両立するのであれば、勉強しやすいもので自分の負担にもなりにくいものがおすすめです。

 

8.シングルマザーが職場を探す方法

アイパットを使う女性

正社員、派遣社員、パートアルバイトでも出来れば長く働ける良い職場に出会いたいと思います。シングルマザーにとっては職を変えることさえ難しいのですから。一番良いのは担当者が自分の代わりに求人を探してくれる転職サイトを使うことです。利用目的別におすすめの転職サイトを紹介します。

 

長く1つの会社に勤めたいなら「女の転職@type」

正社員として働きたいと考えているなら女の転職@type(アットタイプ)がおすすめです。女性歓迎の職場を紹介してほしいシングルマザーには希望の条件に近い求人を探せるでしょう。女性歓迎であればシングルマザーにも理解のある職場もおおいです。担当者と相談しながら良い職場をさがしましょう。

 

事務や販売・サービス系に強い転職サイト

一般事務や医療事務、販売サービス系に強いのはこの2つです。

  • とらばーゆ
  • マイナビ転職女性のおしごと

どちらも大手の転職サイトのため試しにでも良いので登録してみることをおすすめします。特にとらばーゆは子育てママさんもたくさん利用しているので、良い職場が見つかりやすいです。

 

転職サイトは複数登録することが良い

今あるほとんどの転職サイトは無料で利用ができます。そしてサイトごとに紹介する求人の特徴が少しずつ異なっています。条件にあう職場を見つけるには3つくらいは転職サイトに登録しておくと良い結果に繋がります。それぞれの担当者とのやり取りが大変ではと心配されるようでしたら、きちんと相談すれば問題ないので是非お試しください。

 

まとめ

長期的な目で仕事も続けたいのであれば正社員は魅力がたくさんです。しかし、小さな子どもがいる場合なかなか踏み切れないシングルマザーが多くチャンスを逃していることがあります。転職サイトを利用して担当者に仕事をするうえで自分の譲れない希望をしっかり伝えましょう。シングルマザーであることの相談も忘れずにすれば、よりよい求人を紹介してもらいやすくなります。仕事と育児の両立は永遠の悩みかもしれませんが、ひとりではありません。素敵な働く場所が見つかるように、こちらの記事が参考になると幸いです。

女性専門の転職求人サイト20社比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事